看護師向けサービス

看護師向け通販「アンファミエ」の評判は?池袋や銀座など実店舗も有り

看護師向けの物販事業で知られる「アンファミエ」を利用した看護師へのインタビューをまとめています。「アンファミエを利用して良かった点・悪かった点」などをヒアリングしています。アンファミエの評判や口コミを知るのにお役立て下さい。

1.フリーランス看護師として活躍中。29歳女性看護師Aさん

Read more

仙台市青葉区(宮城県)の看護師採用情報
地域別採用情報

宮城県仙台市青葉区の看護師求人情報(東北大学病院・東北公済病院・東北労災病院・クリニックなど)

1.宮城県仙台市青葉区の看護師採用事情は?

宮城県仙台市青葉区は東北で一番栄えている地区の一つです。活気のある仙台市の中でも栄えた青葉区は、多数の学校、アーケード、飲食店が並ぶ街です。発展した街中は、発展に伴い緑が失われることはなく、街の基幹である大きな通りには大きな木々が立ち並び、杜の都仙台の名に違わない、緑と共存した穏やかな生活が遅れます。年間を通してイベントも多く、七夕祭りや光のページェントをはじめ、ユニークなイベントが楽しめます。

そんな宮城県仙台市青葉区の人口は、市の統計によればこの15年ほど増加が続いており、令和元年7月1日の推計人口は311,041人です(参照:「仙台市推計人口」)。しかし2020年以降はゆるやかに減少する見込みです。高齢化も加速し、65歳以上の割合は2015年と比較すると2040年には1.5倍にまで増加するとの予測です(参照:「JAMP将来推計人口」)。人口減少の予測はあるものの、青葉区の医療機関の需要は全国平均よりも高く、いわゆる大病院といわれる病床数400床以上の病院も複数あることから、今後も看護師の需要は高いものと思われます。

 

Read more

新宿区(東京都)の看護師採用情報
地域別採用情報

東京都新宿区の看護師求人情報(大久保病院・東京医科大学病院・東京女子医科大学病院・クリニックなど)

1.東京都新宿区の看護師採用事情は?

東京都新宿区は、新宿駅とその周辺の高層ビル群や歌舞伎町などの大きな繁華街が全国的に有名です。実際に新宿駅から西に行くと高層ビルが多くあり、歌舞伎町の周りはとても大きな繁華街となっています。しかし、新宿区の北西の地域などは静かな住宅街が比較的多くあります。そうした住宅街は新宿駅から2駅ぐらい離れた場所にあります。

東京都新宿区の人口は平成9年頃から増加を続けており、令和元年7月1日現在の人口は348,141人、うち日本人は305,336人、外国人が42,805人です。(住民基本台帳ベース)(参照:「住民基本台帳による東京都の世帯と人口」「新宿区の人口」)平成24年7月から外国人の人口も含まれるようになったため、下記グラフでは平成25年に一気に4万人ほど増えていますが、日本人の数だけ見ても年々微増しており、平成31年1月には30万人を超えました。JMAP人口推計によると今後も2030年頃まで人口増加が続き、以降はゆるやかに減少する見通しです。65歳以上の老年人口の割合はわずかに増えますが、生産人口(15歳~64歳)も増えるのが特徴的で、今後医療の需要が高まることが予測されています。それに伴って看護師のニーズも今後さらに高まると考えられます。

 

Read more

転職エージェント

「ナースコンシェルジュ」の利用者からの評判・口コミをまとめてみた

実際に株式会社プレジールが運営する「ナースコンシェルジュ」を利用した看護師へのインタビューをまとめています。「ナースコンシェルジュを利用したきっかけ」「ナースコンシェルジュのサービスで良かった点・悪かった点」などをヒアリングしています。ナースコンシェルジュで転職する前に評判や口コミを知るのにお役立て下さい。

1.一旦看護師以外の仕事をするも看護師に復職。27歳女性看護師Aさん

Read more

枚方市(大阪府)の看護師採用情報
地域別採用情報

大阪府枚方市の看護師求人情報(関西医科大学附属病院・市立ひらかた病院・クリニック・介護施設など)

1.大阪府枚方市の看護師採用事情は?

枚方市は、大阪府でありながら京都府に隣接する都市であり、大阪市内や京都市内へ約1時間で赴くことができる非常に交通の便が良い都市です。また、特例市から中核市になったことで市政の判断で出来ることが増えた非常に開かれた場所です。

そんな大阪府枚方市の人口は近年減少が続いています。下記グラフでは平成24年に一度人口が増加していますが、これは同年から外国人人口を集計に含めたことが原因で、実際は平成22年から減少傾向にあります(参照:「枚方市の人口の推移・動態・外国人人口」)。市の発表では令和元年6月末現在の人口は401,481人ですが、JMAPの将来人口推計によれば今後も人口減少は続き、2020年には40万人を切り、2045年には31.4万人ほどになる見込みです。高齢化も深刻で、2015年の国勢調査では65歳以上の割合は全体の27%ほどでしたが、2045年には42%にまで達すると予測されています。将来的には人口減少に伴う医療機関の減少も心配されますが、現在枚方市には大学病院を含めた25の病院があり、その中には慢性期医療に特化した施設もあります。高齢化に備えて医療や介護面で看護師の需要はあると考えてよさそうです。

 

Read more

Close