転職祝い金とは

1.転職エージェントの転職祝い金の仕組みは?

ここ数年、看護師の転職をサポートする転職エージェントが数多く開設されていますが、その中でも特に目を引くのが、そのサービスを利用して転職が決まった場合、一定額のお祝い金が支払われるというシステムを取り入れているサイトです。このお金は「転職祝い金」「転職支援金」「キャリアアップ支援金」など、サイトによって呼び方は色々ですが、どれも一定額の支給が約束されています。ここでは転職エージェントの転職祝い金の仕組みをご紹介します。

看護師転職相談O子

転職相談O子
看護師転職エージェントの比較のページを見ていたら看護プロとかは転職祝い金が出るという説明がありましたが、これの仕組みってどうなってるんでしょうか?ほとんど全てのサイトにおいて、看護師は無料で転職支援サービスを受けることができるのに「転職祝い金」までもらえるなんて、ブラックな病院にでも送り込まれるのかと・・・。話がおいしすぎるんじゃないかな?騙されているんじゃないかな?と、少々疑いたくなりますよね。
キャリ姉
いきなり転職祝い金あげるといわれても確かに不安になりますよね(笑)このカラクリについて説明しますね。看護師転職エージェントは、求人の紹介、履歴書の書き方の指導、面接の調整など、実に多くのきめ細かなサービスを「看護師に向けて」は無料で提供していますが、その一方で、看護師を募集している医療機関からは看護師を紹介することで報酬を得ています。一応おおよそ年収の20-30%程度が紹介料とされていますので、例えば年収500万の看護師を紹介したら、100-150万円程度は転職エージェントが請求していることになり、転職祝い金は、その一部を看護師にも還元し、看護師の転職をさらにサポートしようというシステムなのです。

利益の一部を看護師に還元することで看護師が喜び、転職エージェントの評判がよくなれば、さらにたくさんの看護師が登録し、看護師の集客にかかる広告費用も削減できます。また看護師が多く登録することで医療機関からの信頼も深まり、よい求人が集まるようになるという様に、転職サイトの祝い金システムは、実は全ての立場の人にとってプラスになるように出来ているのです。強いて言うと転職エージェント側の利益が減ってしまうのですが、実は多くの転職エージェントが看護師の集客に費用を割いていますので、看護師集客費用と思えば転職エージェントにとっても全てがマイナスというわけではないのです。ですから転職祝い金は、決して怪しいお金ではありませんし、それをもらったから転職先で無理難題を要求されるというものでもありません。また奨学金のように、その病院に束縛されるものでもないので安心して転職祝い金を受け取って大丈夫です。

転職祝い金の仕組み

転職相談O子
実際に、転職に際しては、面接のための交通費や、引越し費用など、思いのほか出費がかさみますのでありがたいですね。またお金だけでなく、体力や気持ちの消耗も意外に大きいので、そんな時に転職祝い金がもらえると、「よしっ、これからがんばるぞっ!」と、非常に前向きな気持ちになるというのも事実ですよね。

 

2.転職祝い金は「いくら」「いつ」もらえるの?

キャリ姉
追加で「いくら」「いつ」もらえるかという点について解説しておきます。「いくら」もらえるかという点は、金額の表記を各サイトでみると「最大35万円」「常勤で3万円」など、サイトによって表示方法の差があります。「最大○○万円」なのか「一律○○万円」なのかと言う点はしっかりチェックが必要です。サイトによっては、転職先での給与に応じて転職祝い金の額が違う場合がありますので、最大○○円という場合は、必ずその金額をもらえるとは限らないのです。

これは、一人一人の看護師の年収によって、病院からサイトに支払われる成功報酬が違っているためで、自分の年収だと転職祝い金はいくらになるのかを、事前にきちんと把握しておかなければ後々トラブルになりかねませんから注意が必要です。例えば、転職祝い金が出る転職エージェントで有名な看護プロだと夜勤ありの常勤で3万円、日勤専従の常勤で2万円、非常勤で1万円、ナースjjだと年収によってテーブル制になっていて最大で35万円が支給されます。

 

看護プロ転職祝い金

<※参照:看護プロの転職祝い金

ナースJJ転職祝い金

<※参照:ナースJJの転職祝い金

転職相談O子
最大35万円はすごい・・・でも私の年収だと35万には全然届かないな・・・あと非常勤とか年収が低いは看護プロの方が逆によかったりするんですね。
キャリ姉
サイトによって支給条件は違うので自分に有利なサイトの方がメリットはありますね。あと「いつ」もらえるかという点についてですが、転職祝い金は、入職が確認されてから一定期間して支払われるのが一般的です。支払い日は、入職の翌月に全額、三ヵ月後に全額、毎月一定額を一年間支払いなど、サイトによって規定がありますので、トラブルにならないようによく確認をしておきましょう。転職祝い金が、入職後しばらくたってから支払われるのは、もちろん看護師の早期離職を防ぎたいという思いもありますが、看護師にとっても、新しい職場での慣れない日々の中で、楽しみや励みになるという面もあります。
転職相談O子
採用する側からしても例えば半年でも「辞めない動機」になるなら、転職エージェントに多くの金額を支払ったとしても安いものなのかもしれないですよね。採用に100万とかかかるわけですもんね。
キャリ姉
転職エージェントの戦略の1つとしては私もいいと思いますよ!

転職祝い金の転職エージェントごとの違い

 

3.転職祝い金付きの転職エージェントを使った方が有利なケースは?

転職相談O子
ここまでの話だと「転職するなら転職祝い金付の転職エージェントがいい」と思ってしまいますね。同じ病院に転職するのにもらえるものの有無があるわけなので。
キャリ姉
転職相談O子さん、今すごいいいこと言いましたね!「同じ病院に転職する」というのが1つのキーワードになりますよ!転職祝い金のある転職エージェントは、看護師転職エージェントを選ぶ時の、ひとつの判断基準にすることができると思いますが、なぜ、転職祝い金付きの転職エージェントとそうでないものがあるかを考えてみましょう。例えば看護プロやナースjjは転職祝い金付き、リクナビのナースフルやマイナビのマイナビ看護師は転職祝い金はついてませんよね。

これは絶対ではなく1つの傾向としてなんですが、ブランド名が浸透している大手の転職エージェント(リクナビやマイナビなど)では転職祝い金制度がない傾向が強く、どちらかというと後発だったり規模の小さな転職エージェントが転職祝い金をつけていることが多い傾向にあります。これは看護プロやナースjjは後発ゆえに独自性を出す戦略であったり広告費を抑えて看護師を集客する戦略だったり様々な考えのもとでそうなっているんだと思います。

つまり転職祝い金制度がない転職エージェントの方が、結果的にですが大手の転職エージェントということになりがちで、掲載病院数が多かったりするケースが多いんです。なので「同じ病院に転職する」といっても病院やクリニックの掲載数を見ると、転職祝い金付きの看護プロやナースjjよりも転職祝い金制度がないリクナビやマイナビの方に優位性があるんです。もちろん個々の病院を見れば看護プロやナースjjにしかない独自案件というのもありますが、あくまで総論です。

転職相談O子
なるほど。じゃあなるべく幅広い選択肢の中から転職先を選びたいのであれば大手の転職エージェントを使って、もし具体的にこの病院に行きたいとかが決まっていれば病院指定で交渉などを転職祝い金付きの転職エージェントでやってもらって・・・みたいな感じがいいんですかね?
キャリ姉
そこまで言ってしまうと極論ですね(笑)転職祝い金付きの転職エージェントのメリットは転職祝い金だけではないと思いますし、私の知る看護師さんは某転職祝い金付きの転職エージェントのキャリアアドバイザーとすごく相性が良くて転職成功したという話もしていましたので、もちろん相性が良ければそれでもいいと思います。まあですが、特に転職がはじめての看護師さんなどは、まずは大手のとこで幅広く情報収集して、場合によっては転職祝い金付の転職エージェントを使い分けると理想的かもしれないですね。

大手エージェントと転職祝い金付きエージェント

 

4.転職祝い金付きの転職エージェントを比較

転職相談O子
転職祝い金付きの転職エージェントでいうと既に出てきた看護プロやナースjjになりますかね?
キャリ姉
そうですね。そもそもそんなに数がないですが、以下メジャーどころを比較してみます。

 

転職祝い金が出る看護師転職エージェント

サイト名看護プロナースJJ
運営会社株式会社ローザス株式会社カスタマ
会社設立2009,2~2004,5~
祝い金の金額夜勤ありの常勤で3万円、日勤専従の常勤で2万円、非常勤で1万円600万円以上:35万円、500万円以上:20万円、400万円以上:10万円、300万円以上:5万円
祝い金の支給日転職してと6ヶ月後に支給転職して3ヶ月後と6ヶ月後に2回に分けて支給
祝い金の支給条件アンケートへの参加。年収300万以上での転職。アンケートへの参加。

看護プロ・トップページ

ナースJJトップページ

キャリ姉
これ少し話ずれるんですが、看護師転職エージェントとは別でハローワークで仕事を探している看護師さんもいるでしょうが、その場合は「再就職手当」という祝い金のようなシステムがあります。これは失業期間を短くして早く社会復帰してもらったほうが国としてもメリットが大きいので早期復職を促進するための報奨金制度なので、もちろんもらえるものはもらった方がいいのですが、私の経験的にはハローワークの求人はとにかく条件が悪い求人が多い印象が拭えません。私としてはやはり看護師転職エージェント経由で条件のいいところを目指して転職して、あわよくば転職祝い金をもらえたらというスタンスがベストなのかと思います。

ナースJJと看護プロの比較

 

5.転職祝い金付きの転職エージェントの利用体験談

ナースJJ利用(女性看護師 ※取材時28歳)

ナースJJで転職祝い金もらいました!耳鼻科クリニックから総合病院内科外来へ転職した時です。一括でもらえたわけじゃないけど、5万円×2=10万円。正直得した気分ですよね。私はバツ1で子供もいるから子供のために貯金したけど、使い道は何でも良いわけですしメリット大です。でも、もらえないよりはもらえる方が良いけど、転職祝い金だけを見て選ぶのはお勧めできないとは思います。私は家の近くの知っている病院だったのでそんなに転職エージェントとの相談が多くなかったですが、色々と条件交渉など多い場合は、転職祝い金に目がくらんで判断を見誤る可能性もあると思うので、あくまでもおまけみたいな考え方の方がいいですね。

 

看護プロ利用(女性看護師 ※取材時31歳)

私は看護プロ経由で保育園に非常勤で転職しましたけど、非常勤でも1万円の転職祝い金がもらえました。転職する雇用形態によって金額も違うみたいで、総合病院や大学病院の病棟勤務とかへの正社員転職も検討していましたが、その場合は確か2-3万円とかだったように記憶しています。ハローワークの再就職手当のようなものかと思い頂きました。全部のサイトで転職祝い金があるわけじゃないから、転職祝い金をもらいたいなら対応してるとこを探さないといけません。でも転職祝い金ファーストになるとなんのための転職かわからなくなるのでそこは注意が必要ですね。

 

ナースJJ利用(女性看護師 ※取材時35歳)

看護師の転職エージェントには、転職祝い金がもらえるとか書いてあるものがありますよね。でもこれ探すの結構大変で多分3つくらいしかないんじゃないかなと思います。私が使ったのはナースJJということころで、「最大で35万円」というのが気になり使いましたが、実際は確か5万円だったと思います。これは私の年収がそんな高くないから35万じゃなくて5万ですみたいな切ない説得を受けた記憶があります。まあでも本当にもらったんで感謝はしています。あと看護師の学費補助みたいに「最低でも3年はこの病院で働く」みたいなものではなく、転職してすぐやめたくなったら転職祝い金を放棄すればいいだけなので気は楽だと思います。あと趣味とか自分の好きな事に使ってよくて何か規則みたいなものがあるわけではないのでその点はいいですよね。

 

転職祝い金付きの転職エージェントの利用体験談

転職祝い金はあくまでオマケ!転職の軸をしっかり持とう!

コチラの記事でも紹介しましたが、看護師の転職活動で一番大事になってくるのは「ゆずれない条件をしっかり厳選すること」です。「金額的に年収いくら以上」でもいいし「残業がほとんどない」でもいいし、各々が仕事に求めるものを自分でしっかり理解して転職活動を進めないと、魅力的な採用情報を見るとすぐ目移りしてしまって、結果的に働いてみて長続きしないということにもなりかねません。

「転職祝い金」は、そういう意味では転職のゆずれない条件にはなりえない項目です。もし「転職祝い金が出るから転職する」という人がいればそれは自分の軸がなさすぎですし、きっと転職先でも定着しにくいでしょう。ですので、あくまで「転職祝い金=おまけ」くらいの感覚で捉えていればいいでしょう。

また、看護プロナースjjのように転職祝い金が出る転職エージェントと併せて使って欲しいのが大手のナースフルマイナビ看護師などのサービスです。大手は「求人数が多い」「対応エリアが広い・拠点数が多い」「キャリアアドバイザーが多いので相性の合う人を探せる」などメリットが多いです。転職祝い金が出るエージェントと併用してぜひご利用下さい。