看護師転職の成功と失敗

1.転職成功のカギは「ゆずれない条件の厳選」「確認不足をなくす」!

近頃はネットやスマホが普及した分、転職活動や情報収集が昔に比べると随分楽になったと感じる人が多いでしょう。でもいざ転職に向けて動いてみると「情報が多すぎて迷う」「見れば見るほど、どこが自分に合うのかが分からなくなる」とため息を漏らす人も多いです。ついついアレもコレもと条件を盛り込み過ぎて、結局優先順位がわからなくなる看護師も多いです。そのためにまず大切なのは、まず一番譲れない条件を自分の中で決めて、それを基準に職場を絞り込むようにするということです。これが大前提になってきます。

看護師転職相談O子

転職相談O子
今日はよろしくお願いします。今私は26歳で看護師転職エージェントを使用して転職活動中です。大きい病院で経験が積めるならどこでもいいという感じで動いています。一応、通勤時間や給与面なども考慮しながら転職活動していますが、あまりにあれもこれも詰め込むとやっぱり転職に失敗する可能性が上がりますかね?
キャリ姉
おっしゃる通りあまりにあれもこれも詰め込むとやはり自分の芯がぶれてしまうのでまずは1つ最優先のものを決めるのは大事です。どの職場でもメリット、デメリットはありますので自分の芯を決めておくと最後に判断に迷った時に腑に落ちる選択ができます。
転職相談O子
「ゆずれない条件」の厳選は大事ですね。他にポイントってありますか?
キャリ姉
あとは自分のリサーチ不足であとで後悔しないように面接時の自分の確認不足をなくす(例えば残業や研修や交通費の話など、提示されていない条件があったという事故などをなくす)ということとか、いろんなケースを想定して話を聞いておく(最初は扶養範囲内で働いていてあとで正社員になろうと思ったらなれるのか)などですかね。要は「思ってたのと違う!!」という可能性をつぶしていくことですね。
転職相談O子
なるほど。じゃあまずはやはり自分の条件を見つめなおして優先事項を決めることが第一歩、そして想定外をなくすのがその後の作業という感じですね。

看護師転職成功のポイント

 

2.転職成功者のモデルケース①給料アップで転職成功

転職相談O子
実際にキャリ姉さんが担当した看護師さんで「看護師転職の成功例」と言うとどんな事例がありましたか?
キャリ姉
もちろん色々な看護師さんがいるので成功例も十人十色ですが、給料アップで転職の成功を感じる人はやっぱり多いですね。お金が全てじゃないけれど、やっぱりお給料は重要です。辛い夜勤や残業があっても、体力的にしんどくても、毎月のお給料に満足出来たら頑張れてしまうから不思議です。プライベートを充実させたり、進学のための費用を貯めたりするにも、お給料が安かったら何もできませんので。

日本の看護師の平均でいうと、年収は480万円くらいが相場(※こちらも参考)ですが、このお給料に達していない人は多いです。「看護師はお金を持っている」というイメージは勝手な先入観に過ぎず、看護師の給料はかなり個人差があるんです。確かに資格に守られている分、ある日突然クビになるということはないでしょうが、あれだけ過酷な勤務をこなしているにもかかわらず、もし低い給料しか貰えていないのであれば納得できませんよね。

年収をアップさせたいという理由で転職することは間違いではありません。自分の頑張りやこれまでのスキルをしっかりと評価してくれて、お給料に反映させてくれる職場を見つけたいと思うのは当然です。この記事を読んで「でも、そんなにもお給料がいい病院なんてどこにあるの?」「自分で職探ししてるけど、どこもそんなに今のお給料とは変わらないけど・・・」と感じている人もいるかもしれません。そういう看護師のみなさんは、やはり看護師転職エージェントに登録しましょう。看護師転職エージェントを通してしかゲットできない好条件の求人枠が多数揃っていますよ。私の過去のクライアントさんだと治験関係で年収800万とか、派遣形式ですが時給で4500円とか、かなりの高収入になった人もいますね。

年収アップで看護師転職成功

 

3.転職成功者のモデルケース②キャリアアップ・キャリアチェンジで転職成功

転職相談O子
お金の話はやはり大事ですよね。年収は480万円くらいが相場という話を聞いて私は看護師の中でも低いほうだと再認識しましたね・・・。
キャリ姉
転職相談O子さんはまだ26歳でキャリアも浅いですし、480万円はあくまで全看護師の平均(平均年齢的にも40歳くらい)ですので焦る必要はないですよ。他にも転職成功の事例というのはありますし。例えば転職相談O子さんみたいに大きい病院へ行きたいなどキャリアアップ・キャリアチェンジを目指す転職者も多いです。「就職してみて初めて、教育システムの不備に気がついた」「認定看護師を目指したいが十分な症例が揃っていない」等でお悩みの方も多いです。キャリアアップ・キャリアチェンジしたい気持ちがあっても、周りで親身になって相談してくれる人がいなかったり環境が整っていなければ時間が過ぎていくだけですので、キャリアアップ・キャリアチェンジできる環境に変えようというのも立派な転職のモチベーションの1つです。
転職相談O子
過去にどんな看護師さんのキャリアアップ・キャリアチェンジの転職事例がありましたか?
キャリ姉
私が担当した看護師さんで、総合病院の外科に4年勤めていて、異動希望のタイミングで前から希望していたICUに希望をしたのですが、救急に飛ばされてしまったという現状に悩みを抱える看護師さんがいました。もちろん異動はすべてが望み通りになるわけではないので仕方がない部分もあり、もう少し試練だと思って頑張ろうという気持になっていたようですが、後日ICUにその時の異動で自分よりもキャリアの浅い看護師が配属されたという話を聞いたそうで、全く納得できずに転職を考えたそうです。

私としては4年目であれば転職しても十分にキャリアをアピールできる時期ですし、転職に踏み切っても良いのではとアドバイスしました。ICU勤務は経験者優先の傾向があるので、人事に不満を持ちながらその病院に居続けると何かしらのわだかまりがまた発生するかなとも思いました(※じゃあなんでそこにもっと若手の看護師が配属されたんだという話ですが・・・)。いやな環境から逃げるような転職は経歴に傷をつけるので私はあまりお勧めしませんが、この看護師さんの現状では転職をしたほうがステップアップできる事例に該当すると思いました。

その後はICUに挑戦できるような総合病院をご紹介して無事に望みのキャリアに近づいていけるような転職をされました。もちろん元々お世話になった職場には転職すると決めた以上はこれ以上事を荒立てない方がいいというアドバイスをして、余計な事を言ってもめるよりは円満に退職した方が良いという流れで進めていきました。

転職相談O子
人事への不満からの転職はすごく理解できます。やはり皆さん悩まれているんですね。他にもキャリアアップ・キャリアチェンジの転職の事例ありますか?
キャリ姉
もちろんたくさんいますよ(笑)もう1名ご紹介しておくと、35歳の看護師さんでそれまで転職することなく頑張ってこられたんですが、小さな病院の内科勤務なので、どうしても仕事がワンパターンになりがちということでキャリアを再考されていました。 今の仕事に飽きてきたというのもあったようですが、将来のことを考えてキャリアアップ・キャリアチェンジするなら今がチャンスとも思っていたようです。年齢とともにやはり転職も不利にはなってきますので。それに加えて同年代の看護師と比べて年収が低いということに悩まれていました。都内勤務でだいたい年収で300万弱の年収で平均より100万円近く低いので、転職を考えていたようです。
転職相談O子
キャリアチェンジをするにも若いに越したことはないですよね・・・。
キャリ姉
そうですね。世間一般的に言われている35歳転職限界説という言葉は看護師には該当しないと思いますが、まあ若い方が方向転換には有利ですね。40代以降でも転職する人多いですが、「これまでのキャリアを生かして」という流れが多くはなります。やみくもに年齢だけ重ねても不利になるというのは言えますね。求人票に年齢不問と書いてあっても、言いにくいですが何歳でもいいというわけではありませんし・・・。実際は暗黙の年齢制限のようなものを感じるケースもあります。その点、若ければ書類・面接でふるい落とされることは減ってきますね。

キャリアアップ・キャリアチェンジで看護師転職成功

 

4.転職成功者のモデルケース③プライベート充実で転職成功

転職相談O子
他にも転職成功の体験談教えて下さい。
キャリ姉
女性看護師の中には忙しさのあまり女性ホルモンのバランスを崩したり、体力勝負の仕事ゆえに腰痛なども含めて慢性的な持病・疲労感を訴える看護師さんは実はかなり多いです。3交替制から2交替制に切り替える病院が増え、少しは看護師という仕事の体力面もマシになるかと思いましたが、夜勤をするという時点でそれほど差を感じない人が多いようです。看護師としてのスキルが上昇すればするほど、女子力が反比例して下がっていくと思うと辛いですよね。そういった看護師さんでプライベートの充実を目指して転職活動をする人もいます。

看護師が資格を活かして働ける場所は、夜勤必須の病院だけではありません。もともと夜勤自体がないクリニックや一般企業などに転職すれば、自然と女性ホルモンンのバランスも整いますし、生活リズムも一般的なものに近づきます。またプライベートが充実できる職場に転職することで、看護以外の分野で自分磨き出来る時間を持つことが出来ます。オフの時間を活用して、習い事や勉強をすることで人生の充実度が増すという人も多いです。自分の都合を優先できる職場を探したいという方にとっても、転職は1つの方法です。

転職相談O子
看護師で二交代だと土日休みのビジネスマンの彼氏と生活が合わないという話はよく聞くし・・・。
キャリ姉
私の知る看護師さんで「婚活のために転職した!」という人もいました。その方は、アラサーの看護師さんで、看護学校時代は規則が厳しく、新人の頃は仕事を覚えることとや先輩たちとの人間関係に必死で、仕事に慣れてきたと思えばリーダー業務にプリセプターに委員会。。そうしているうちに、気がつけばもう三十路になってしまい焦っていたそうです。その時点で4年間彼氏なしで同期は結婚退職や転職でほとんど残っておらずという状況。お金はある程度貯まったけれど、使う予定もなし。子供のためでもなく「私は誰のために何のために働いているだろう?」と自問自答が始まったそうです。それで「二交代の病院から外来の日勤のみの職場に転職して出会いを増やすこと、自分磨きに時間を作ること」に決めたそうです。自分の考え方や行動を変えなきゃ今まで通りの人生だと感じて行動に出たのはとても勇気がいることですよね。これまで結婚できなかったというのは何か理由があるわけですので。

余談ですが、その方は、婚活にあたりまず自分が一般的に言って客観的に見てどういう女なのか知ることから始めたそうです。自分は看護師でアラサーで貯金はあって・・・客観的に男の視点から見て自分はどういう性格・外見レベル・人間性の女なのか、そこを良く考えていま自分にできることを始めたそうですよ。それを踏まえて料理教室だったり服や髪の雰囲気を変えたり夜は出会いの場に出かけたりと頑張ったそうですね。もちろん結婚がすべてではないし35歳以上で初産の人だってたくさんいるし、でもこの人の価値観だということで私は尊重して職場を紹介しました。

転職相談O子
確かに仕事だけうまくいってもプライベートすかすかだと人生の充実度は低いですもんね!

プライベート充実で看護師転職成功

 

5.転職成功者のモデルケース④人間関係の悩みから解放されて転職成功

キャリ姉
あとこれも「あるある」なんですが、「人間関係の悩み」で転職する人は多いです。看護師なら誰でも、人間関係の悩みにぶつかった経験があると思います。女性が多いので特有の雰囲気があるのは事実ですし、それに加えてストレスがたまりやすい過酷な勤務をしているので、ついついスタッフ同士での軋轢が生まれやすくなるのでしょう。下記で看護師の離職理由ランキングの掲載がありますが、上位は女性ゆえに出産・育児・結婚が来るんですが、4位には「人間関係」が来ていて、12.8%もの人が離職した理由の一員に「人間関係」を挙げているのです。
転職相談O子
女性社会である看護師の人間関係・・・。私も痛いほどよくわかります。
キャリ姉
人間関係で真剣に悩んでいる人はきっと、「たかが人間関係」なんて言えないと思います。毎月シフト表が発表される度に、メンバーや夜勤のペアを確認して一喜一憂する日々は本当に辛いですよね。でも看護師を続ける以上、ずっと人を避け続けるわけにはいきません。そういった場合に「転職」が1つの選択肢に挙がってきます。人間関係が比較的良好な職場と伝統的に劣悪な職場は現実に存在しますし、少し勇気を出して転職するだけで、イライラや不安がおさまるかもしれません。スタッフの顔色ばかり見て働く日々から解放されるチャンスがあるかもしれないのです。求人票を眺めるだけでは、その職場の素の雰囲気はわからないと思いますがいざ看護師転職エージェントと動き始めれば病院見学もありますし、入職を決める前からその職場の風土に自分が馴染めるのかがある程度は判断できてきます。そういう意味で人間関係の解消による転職成功もよくあるケースですね。

人間関係の問題解消で看護師転職成功

 

6.看護師で転職失敗の事例は?実際の看護師さんの実話を紹介

転職相談O子
ここまで転職成功談の話、ありがとうございます。もちろん他にも成功のケースはあるんでしょうが、キャリアアップの話など自分の事例にあてはまる話もありましたし、とても参考になりました。あ、でも、もちろん転職して失敗する事例も存在しますよね?あまり聞きたくないんですが少し聞かせて頂けますか・・・。
キャリ姉
残念ながら「転職して失敗した!」と感じる人がいるのも事実です。その場合は既存のエージェントではなくて新しいエージェントで再度転職活動をする人が多いように感じます。もちろん私たちのような存在はそんな失敗・ミスマッチをなくすために動くのが日々の業務ではあるのですが・・・。看護師の転職失敗のケースは様々ですがいくつか紹介してみます。今回は4人の転職経験者に、自身の失敗談を赤裸々にインタビューで語ってもらいましたのでご紹介します。

 

オープンしたてのクリニックへ転職して失敗(女性看護師 ※取材時28歳)

新卒から大学病院の病棟勤務でしたが、結婚と同時に勤めていた大学病院は退職しました。その後に家事と両立できる職場を探している時、ちょうど家の近くに新しい医療モールが出来て、その中の内科クリニックに再就職しました。建物はきれいだし、スタッフもみんな同時に採用されたので仲間意識も強く、「ここなら絶対に続く!」と思っていました。

でも働いているうちに、徐々にオープンしたてというのが逆に働きにくさを生み出していると気がつきました。患者さんの数がまだ安定しないという理由で、各勤務帯の看護師数は1人。立て続けに処置が入るとすごくバタバタするし、そうかと思ったら1時間くらい誰も来なかったりとオープンしたてゆえの難しさがありました。スタッフが少ないから、体調不良があった時にでも休めないのも不安でした。それが理由で、他の看護師のスタッフは妊娠してすぐに辞めました。マニュアルも病院のように整備されていないので、院長に自分たちで作成するように言われて少し不安な気持ちでいました。

こんな感じだったので、新しい就職希望者が入ってきても、仕事を覚える前に辞めていくというのが何人か続きました。だんだん自分もやる気がなくなってきて、半年で退職しました。オープンしたてってイメージがいいけれど、実際は働きにくいところが多いような気がします

 

オープンしたてのクリニックへ転職して看護師転職失敗

 

片道1時間かかる治験企業に転職して失敗(女性看護師 ※取材時29歳)

総合病院の内科病棟で3年働いた後、寿退職しました。それ以来、家事・育児に専念していましたが、子供が2人とも大きくなってきたので、28歳の時に社会復帰を決意。私が就職したのは電車で片道1時間かかる治験関連の企業でした。治験企業の求人は(看護師といえども)一般企業の転職ルールとしてよく言われる「30歳~35歳が転職の上限」というのが一般的とネットで言うので、鵜呑みにしてしまい結構焦ってましたね。

でも昔から「企業で仕事がしたい」と思っていたので、通勤時間や未経験の業務内容への不安よりも、気合いが勝っていたんだと思います。そんな気合いが続いたのも、はじめの1ヶ月だけでしたけど。やはり子育てしながら片道1時間はきつ過ぎました。主人や実母からはずっと「主婦なんだから、遠かったら続かない」と言われていたので、言うことを聞いておけばよかったと反省しました。結局3ヶ月の試用期間でギブアップ。今は求職中ですが、家から自転車通勤出来る範囲で絞り込もうと思っています。

 

通勤時間が長くて看護師転職失敗

 

転職の時期を早まって失敗(女性看護師※取材時27歳)

市民病院の小児科・血液内科病棟で勤務していましたが、仕事内容がハードなだけではなく、時間外勤務や休日の勉強会などが多かったり、人間関係も複雑だったりとしんどい思いをしていました。このままじゃ家庭にも悪影響ばかりになると思って、民間病院に転職。でも、転職した翌月に妊娠が発覚してしまいました。家族計画中ではありましたが、なかなか妊娠出来なかったので、まだしばらくは夫婦2人と思っていたのに・・・という感じでした。もう少し前の職場で堪えていたら、産休・育休が取れたのにと後悔しました。今の職場では勤続年数1年以上からしか産休・育休を取れないので、お腹が大きくなったら辞めることになると思います。これじゃ何のために転職したのかわかりません。赤ちゃんが出来たことはうれしいことに変わりはありませんが、もう少し転職の時期について考えるべきでした。

 

転職時期のミスで看護師転職失敗

 

病院見学など事前のリサーチ不足で失敗(女性看護師※取材時38歳)

38歳という年齢で、これまで病棟正社員として仕事をしていたのはたったの2年しかありませんでした。看護師としては正直キャリアは薄い方でした。でも家庭が一段落したのでまた看護師として頑張りたいと思って、家の近くの市民病院の病棟パートとして再就職しました。これは看護師の転職エージェントとか使わずに単純に通いやすさだけ考えて自分で見つけてきたパートです。

それでいざ入ってみると、配属された病棟の看護師の年齢層が若過ぎるのと、私が年の割に看護師として未熟ということで、人間関係的にも、仕事的にも上手くいかなかったです。病院のホームページには「アットホームな職場でブランクがある人も大歓迎」と書いてありましたが、私には全然そうは思えませんでした。就職する前にホームページの内容を鵜呑みせずに、もっとリサーチすればよかったですし、もう少し病院見学をすべきだったと思います。知っている病院であっても看護師転職エージェントを使って条件交渉や事前のヒアリングなどをもっとすべきだったと後悔しています。

 

リサーチ不足で看護師転職失敗

失敗しない看護師転職にはエージェントの利用を!

看護師の転職活動には成功も失敗もありえます。全てが想定通りにいくわけではないのが転職活動ですので、もちろん100%転職で失敗しないようにというのは難しいでずが、確率を100%に近付けることは可能です。冒頭でも述べましたが「自分のゆずれない条件をしっかりと持つこと」「ゆずれない条件を決めるための自己分析をしっかりと行うこと」「ミスマッチが起こらないように転職前の情報収集は念入りに行うこと」などは必須です。このあたりの項目はしっかりクリアしながら転職活動を進めましょう。

上記の失敗例を見ても事前の情報不足や自分の行動指針のブレが転職の失敗につながっています。そういう意味でも転職の際は一人で行動せずに下記のような転職エージェントを利用して人生の中でもそう多くはない転職のチャンスを成功に導くべきです。ナースフルマイナビ看護師などの大手であれば安心して利用できますし、中小の転職エージェントを使って失敗したという人も改めて大手の情報力で再就職をサポートしてくれます。