小樽市(北海道)の看護師採用情報
地域別採用情報

北海道小樽市の看護師求人情報(小樽市立病院・済生会小樽病院・小樽協会病院・クリニックなど)

1.北海道小樽市の看護師採用事情は?

北海道小樽市は、明治時代に商業都市として栄えた北海道経済の基盤を作った港街で、現在もレンガや石造りの建物が並びとてもきれいな街です。港の整備やバリアフリー化が進み、レトロな街並みと現代が併せ持つノスタルジックな毎日を過ごせます。小樽駅・南小樽駅・小樽築港駅と各駅事に商業施設があり、買い物には不自由がありません。隣は北海道の中央都市・札幌がありJR、高速道路で気軽にいける公共交通機関もあります。

小樽市は人口減少と少子高齢化が深刻です。平成21年に13.5万人だった人口は、令和元年6月末現在では115,398人にまで減少しています(参照「統計で見るわが街おたる」「小樽市の人口(2019年)」。JMAP将来推計人口によれば今後も人口減少が進み、2045年には6万人ほどに減少、65歳以上の高齢者が半数以上を占めると予測されています。小樽市は人口対策を最重要課題としており、子育てや教育環境の充実、交通アクセス整備、雇用創出などさまざまな対策を検討しています。医療の需要に関しては、小樽市には病床数の多い大規模な病院が多く、当面は高齢化に伴い需要があると思われますが、今後の人口減少に伴って医療機関の数が減ることも予測されます。看護師の需要もそれに準じると言ってよいでしょう。

 

Read more

防府市(山口県)の看護師採用情報
地域別採用情報

山口県防府市の看護師求人情報(山口県立総合医療センター・防府リハビリテーション病院・クリニックなど)

1.山口県防府市の看護師採用事情は?

山口県防府市は山口県中央部に位置し佐波川水系にそって平地が広がっています。瀬戸内海に面しており、漁業や農業のほか工業地帯としても有名で、自動車関連や化学メーカーなどの工場も多くあります。JR防府駅を中心に南北に市街地がひろがっており、毛利邸をはじめ、日本三大天満宮の一つ防府天満宮など歴史ある観光地もあります。

山口県防府市の人口は、この10年ほどは微増減を繰り返しながらもほぼ横ばいで推移しています(参照:「防府市人口ビジョン」)。市の発表によると、令和元年7月末の人口は116,102人でした。JMAP将来推計人口によると今後徐々に人口減少と高齢化が進む見込みですが、急激な変動はなさそうです。医療の需要は全国平均と同水準かやや下回り程度で、看護師のニーズもそれに準じて一定数あるものと考えられます。

 

Read more

京都市北区(京都府)の看護師採用情報
地域別採用情報

京都府京都市北区の看護師求人情報(京都鞍馬口医療センター・京都博愛会病院・洛北病院・クリニックなど)

1.京都府京都市北区の看護師採用事情は?

京都府京都市北区は、京都の市街地の北側に位置する区です。京都の町並みと、京都盆地の山々の境目に位置するため、豊かな山の緑を楽しむことができます。区の大半は閑静な住宅街で占められており、昔から居住する高齢者の方が多いのが特徴です。

区の発表によると、京都府京都市北区の2018年3月1日現在の人口は118,382人です。ここ数年じわじわと人口が減少している一方で、65歳以上が占める割合は年々増加し、高齢化が加速しています(参照:京都市の高齢者人口)。JMAP将来推計人口によれば今後も人口減少は続き、2045年には10万人を切り、65歳の高齢者は全体の約4割を占めると予測されています。このため医療よりも介護のニーズが高い傾向がありますが、京都市北区はクリニックの数が多いため、そのようなところや介護施設などで看護師が必要とされる場面は多いでしょう。

 

Read more

大東市(大阪府)の看護師採用情報
地域別採用情報

大阪府大東市の看護師求人情報(野崎徳洲会病院・大東中央病院・仁泉会病院・クリニックなど)

1.大阪府大東市の看護師採用事情は?

大阪府大東市は大阪市の東側に位置しています。交通機関はJR学研都市線とバスのみですが、JR学研都市線の駅は住道駅・野崎駅・四条畷駅の3つがあり、中心となる住道駅の北側には寝屋川が流れており、南側には末広公園が隣接しています。毎年5月1日~8日は「野崎参り」という行事でJR野崎駅から野崎観音(慈眼寺)まで多くの露店が並んでおり、様々なイベントも行われています。

そんな大阪府大東市の人口は、平成21年(2008年)頃から急激に減少しています市の発表では令和元年6月末日の人口は120,414人で、JMAP将来推計人口によれば今後人口減少と高齢化が進み、2045年には85,693人にまで減少、人口の約4割が65歳以上の高齢者になる見通しです。大東市も人口減少と高齢化を問題視しており、子育て世代の流入と定住者を確保する策を講じています(参照:大東市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン)。このまま人口減少が進めば医療の需要も徐々に減り、看護師の需要もそれに準じると思われますが、当面は高齢化によって医療ニーズも高いでしょう。また、大東市の人口維持・増加の取り組みが功を奏せば、医療・介護の需要も好転すると考えられます。

 

Read more

徳島市(徳島県)の看護師採用情報
地域別採用情報

徳島県徳島市の看護師求人情報(徳島大学病院・徳島県立中央病院・徳島市民病院・クリニックなど)

1.徳島県徳島市の看護師採用事情は?

徳島県徳島市は2019年7月現在、約25万人以上の人々が暮らす徳島県の県庁所在地です。徳島県の中枢都市として、政治、経済、文化、教育、医療といった様々な面において重要な機能を担っています。

そんな徳島市の人口は年々減少が続いています。平成10年に27万人だった人口は、令和元年7月1日現在は253,197人となっています。今後も減少が続き、2040年には20.6万人にまで減少する見込みです。また、少子高齢化も進んでおり、2040年には老年人口(65歳以上)が4割弱を占めるとの予測もあります。(参照:「徳島市の人口・世帯数」「徳島市人口ビジョン」「JAMP将来推計人口」)

今後の人口減少が医療機関の需要に影響を与える可能性もありますが、徳島市内で入院施設を構える病院の数は46とかなり多く、人口10万人あたりの病院の施設数は、全国平均に比べると2.5倍以上の数を保っています。当面は医療の需要も高く、看護師のニーズもそれに準じるでしょう

 

Read more

Close