Category

病院・クリニック以外

病院・クリニック以外

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の看護師の仕事内容や転職するメリットなどを紹介!

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは?

高齢者が安心して暮らせる賃貸住宅の整備を目的に、2005年より国土交通省管轄で「高齢者専用賃貸住宅登録制度」が開始されました。制度の開始当時は、法的規制が緩く、介護を必要とする入居者を強制的に退去させたり、要介護状態の方の入居を断るなどといったトラブルが多く発生し社会的な問題になった事をご存知の方も多いと思います。その後、2009年に福祉分野を管轄する厚生労働省と、国土交通省が連携し、高齢者福祉と住宅の両面から高齢者の賃貸住宅の法改正がなされました。それにより、高齢者専門賃貸住宅の基準が「サービス付き高齢者向け住宅」へと基準が統一され、現在は、より高齢者の立場に立ったサービスを提供出来る高齢者向きの賃貸住宅が多く開所しています。では、サービス付き高齢者向け住宅」の基準の主なものをあげてみましょう。以前は契約金に膨大な費用を必要とする会社も多く見られましたが、「サービス付き高齢者向け住宅」では、敷金・家賃・管理費・サービス費以外の請求は認められず、権利金も発生しません。

Read more

老健看護師とは
病院・クリニック以外

老健看護師とは?仕事内容から給料相場、転職するメリット・デメリットなど

1.老健施設(介護老人保健施設)とは?

老健施設とは、正式には「介護老人保健施設」のことで、病院での入院治療を終えた高齢者の方が家庭への復帰を目指す施設です。入所する方それぞれにケアプランが設定され、リハビリを中心として、食事、入浴、排泄などの介護サービスを受けられます。老健施設の施設基準としては介護保険法に基づく開設許可が必要であり必要な医療の提供は介護保険で給付されます。また、人員基準(入所定員100名当たり常勤医師1名、看護職員9名、介護職員25名など)が定められています。ここではそんな老健施設の看護師の仕事内容などについてまとめていきます。

Read more

病院・クリニック以外

障害者支援施設の看護師の仕事内容・適性・転職するメリットなどを解説!

障害者支援施設は、以前でいう障害者更生施設や授産施設などの入所施設の事を指します。平成24年4月から障害者自立支援法(平成25年4月より障害者総合自立支援法に変更)の規定により事業内容の名称の変更とサービス種別の変更が行われ、更生施設も授産施設も同じ「障害者支援施設」の名称となりました。
障害者総合自立支援法が定めている「障害者支援施設」とは、昼間に「生活介護」、「自立訓練」又は「就労移行支援」を行うとともに、夜間は「施設入所支援」を行う施設です。夜間の「施設入所支援」は各施設共通していますが、昼間に提供されるサービスは各施設で異なり、障害者の状態やニーズに応じた適切な支援が効率的に行われるよう、更生施設や授産施設などといった以前の障害種別ごとに分立していた33種類の施設・事業体系を、6つの日中活動に再編し障害を越えた援助がなされています。ですから、幅広い障害を持った人々の援助を行う入居施設の総称と言った捉え方をした方が理解がし易いかもしれません。

Read more

病院・クリニック以外

空港の検疫官になりたい看護師向け!空港看護師の仕事内容や転職の方法など

病院はすでに怪我や病気になった患者を治療する場所になります。 必然的に医療行為が必要になり、働く看護師も命の現場として緊張感のある仕事をする事になります。 しかし、病院だけが看護師の職場ではなく、現代では様々な場所で看護師が必要とされているのも事実です。

すでに病気や怪我をしている方をケアするのではなく、病気などを未然に防ぐという仕事をする事が出来るのが空港での看護師の仕事になります。 国際便の空港には、毎日多くの方が渡航・帰国をしており、人の往来が激しいのはご存知のとおりです。 中には海外から訪れる観光客も多く、帰国をした日本人や海外から訪れる観光客の中には危険な病原菌を持った方なども稀にいます。 そうした方々の安全を確認するというのが空港で働く看護師の仕事になり、いわゆる検疫官の仕事になります。

国家公務員として働くことになるため、収入面で安定し、多くの人が病気になる可能性を排除する事が出来るとても大切な仕事です。 医療の現場と言う環境とは程遠いかもしれませんが、人の健康を守るという意味では病院での勤務と何ら変わることはありません。

Read more

病院・クリニック以外

乳児院の看護師の仕事内容や配置基準、転職情報探しの方法など

乳児院で看護師の求人があるということを知らない人は、意外に多いことでしょう。 看護師であっても、乳児院で働けることを知らない人は多いものです。 乳児院とは、何らかの事情によって両親と生活できない赤ちゃんが預けられる児童福祉施設で、いわゆる孤児が集められるところです。 原則として児童養護施設は1歳以上の児童を養育していますが、乳児院では基本的には1歳未満の乳児を養育しています。ただし、必要に応じて1歳未満の乳児だけでなく就学前までの年齢の子供を預かる事も可能となっています。

乳児院には保育士や児童指導員のほか、属託医、看護師の配置が児童福祉施設最低基準で義務付けられています。 終始気をつけていなければならない乳幼児を預かる施設ですから、医療に関してのサポートが不可欠になります。 そのため、乳児院の求人案件でも看護師の募集は多く、赤ちゃんが好きな看護師に人気の高い職場となっています。 ただ、看護の対象が乳児であるため、医療という現場とは少々違いますが、いざと言う時のためにいつでも看護師としての能力を発揮することが出来るだけの知識と経験は最低でも必要になります。

Read more

病院・クリニック以外

グループホーム看護師の仕事内容や将来性・転職成功のポイントなど

★グループホームで働くということ

看護師の職場は実に様々な分野に及びます。 外傷を負った患者や疾患を患った患者、精神を病んでしまった患者。 それぞれの患者をケアするため、様々な診療科が存在し、それぞれで看護師の仕事も変わってきます。 グループホームも同様で、そこで働く看護師は病院で働く看護師とは違った業務になります。

グループホームは集団生活型介護と呼ばれることもありますが、これにはいくつかの種類があり、肉体的、精神的な介護が必要な方のためのグループホームの他、認知症高齢者のためのグループホームもあります。 昨今の高齢化社会の問題もあり、認知症高齢者のためのグループホームが増えてきており、グループホームの看護師の求人が目立ちます。

基本的には入居者の肉体的なケアよりも、精神的なケアを求められる仕事で、心穏やかに日々を過ごすことが出来る環境を作ることが看護師に望まれます。 精神的に患っている方や肉体的な疾患を持っている方は、それ自体が命に関わることは少ないため、健康管理よりもメンタルケアや日常の介助がメインの仕事となるのです。 病院での勤務に慣れている看護師にとっては、全くの別業種と言う感覚があるかもしれませんが、これからますます需要の増える求人案件として注目されています。

Read more

病院・クリニック以外

異色の職場!?メディカルエステの看護師の仕事内容や転職する方法

★看護師求人の中でも異色

看護師の職場としてイメージする場所といえば、病院、介護施設、献血センターなど医療に関係する場所が多くなります。 一般企業でも看護師の求人を見る事は多いですが、やはり、医療に関係しているため、それほどに珍しいものでもありません。 そんな中でも看護師の仕事として異色と感じられるのがメディカルエステの看護師求人になります。

美容エステと看護師は関係がないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、エステの施術の中には時に医療行為に属する処置がある場合もあり、これまでいわゆるグレーゾーンとして度々問題になっていたものがあります。 昨今ではそうした問題を解決するため、美容外科がメディカルエステと称してエステを行なっていることが多く、医療行為に属する施術も問題なく出来るとして人気を集めています。 エステでの看護師の求人は、このメディカルエステの求人である事が多く、勤務場所もエステと言うよりは美容外科と考えるのが分かりやすいかもしれません。

Read more

病院・クリニック以外

献血看護師の仕事内容や適性・転職する方法など

「輸血」は臨床で行われている一般的な治療です。患者さんの状態に合わせ、全血、血小板、血漿など必要な血液成分が輸血され、看護師は最新の注意を払って輸血を行っています。日本においてこの輸血は、自己輸血を除き全てが献血によって調達されており、その運営・管理は日本赤十字社が行っています。輸血介助が看護師の仕事であるように、献血時の採血も看護師の仕事です。看護師のみなさんの中にも献血をしたことのある方も多いと思いますが、「自分も献血の仕事をしてみたい。」と考えたことはありませんか?では実際に献血の仕事をする看護師の特徴と、求人について見てみましょう。

Read more

病院・クリニック以外

看護師の療養型病棟への転職について解説!転職のメリットやデメリット、注意点について

1.療養型病棟とは?療養型病棟の種類は?

大抵、多くの人が疾病や怪我などでまず急性期病棟を受診し、そこで治療を受けます。その後、全身状態が落ち着いたとしても、なかには麻痺などの障害が残る場合があります。リハビリを経ても日常生活に戻るのが困難な場合や、慢性疾患で長期的に療養を必要とする場合、そんな患者さんたちの受け皿となってくるのが『療養型病棟』です。療養型病棟とは、急性期は脱したものの、まだ引き続き継続的な治療や看護を必要としている患者が中長期的に療養するための病棟ということになります。療養型病棟は一般病棟とは異なる特徴を持ちますので、ここでは療養型病棟への転職を考えている看護師に向けて、療養型病棟の特徴やそのメリット、デメリットなどを解説していきたいと思います。

Read more

Close