Category

病院・クリニック以外

病院・クリニック以外

特定健診の特定保健指導の仕事内容は?保健師資格がなくても看護師が保健指導の仕事はできる?

1.特定健診とは?特定保健指導とは?

40歳から74歳までの全ての医療保険に加入する被保険者および被扶養者を対象として行われるのが「特定健診」で、その結果に応じて必要性が認められた人々に行う保健指導が「特定保健指導」です。特定健診では、内臓脂肪型肥満(メタボ)の人やその予備群を見つけることを目的としおり「メタボ健診」とも言われます。ここではそんな特定健診・特定保健指導の概要や、看護師資格で挑戦する方法などをまとめていきます。

Read more

病院・クリニック以外

看護師がCRA(臨床開発モニター)に転職した場合の仕事内容や必要なスキルなど

★CRA(臨床開発モニター)の仕事内容って?

市場に出回っているお薬はすべて、治験(実際に被験者に投与した結果を回収・分析し、安全性や効果を証明する試験)を経たものとなっています。治験には治験担当医師の他、看護師・薬剤師・事務・被験者など多くの人が関わっているので、治験がプロトコル通りに実施されているのかをモニタリングしたり、それぞれの部門がしっかりと連携できるように立ち回るスタッフが必要となるのです。CRAはこの一連の流れの中で、製薬会社の依頼を受けて治験実施機関への橋渡しを行う役割を担います。また治験がスタートした後は、医療機関を訪れて治験がプロトコル通りに進められているかを観察します。CRAの役割をわかりやすくまとめると「治験概要の説明を治験担当医師に説明する」「治験のモニタリング」「治験に使用する薬の搬送・回収」「効果や副作用の確認(医師に聞き取り調査を実施)」「データの回収」が主な業務となります。

Read more

病院・クリニック以外

民間救急とは?民間救急の看護師の仕事内容・転職方法などを紹介

★民間救急センターとは

昨今、話題になっている仕事の一つが民間救急センターでの仕事になります。 民間救急センターとは?と思われる方もいるかもしれませんが、いわゆる患者搬送事業になります。

突発的に持病の発作などで倒れた方などを搬送する場合、通常では救急車を手配することになります。 しかし、消防署などに配備されている救急車両にも限界があります。 通報自体がばらついている分には対応することも出来るかもしれませんが、それがまとまってしまったりした場合には救急車の数が足りずに間に合う命も救うことが出来ないなどのケースもあります。 そうしたケースを防ぐため、また迅速に地域の医療機関への搬送を可能にするために生まれたのが民間の救急搬送サービスである民間救急センターになります。 福祉タクシーや民間救急サービスなどと呼ばれることもあり、地域住民の健康を守る砦として活躍しています。

きちんと国土交通省の認可や消防本部の認定を受けた事業所が届出を出して営業を行っているため、しっかりと病院までの搬送をしてもらうことが出来ます。 ただし、民間救急センターで使っている民間救急車は救急車両ではなく一般の車両扱いになるため、信号を無視して走るなどは出来ません。 また、搬送に費用もかかることも、消防署の救急車とは異なる点です。 そういった面で救急車とは差別化が図られていますが、一刻一秒を争う場合などすぐに対応してもらうことが出来るものが民間救急センターしかなかった場合などには非常に有効な手段です。

Read more

病院・クリニック以外

看護師が看護学校教員になるには?仕事内容や給料・転職するメリットなども解説!

★看護専門学校の教員になるためには

看護専門学校の専任教員(看護教員)になるための必要項目は看護六法の「看護師養成所の運営に関する指導要領」によって定められており保健師、助産師又は看護師資格を取ってから5年以上の「臨床経験」と、専任教員養成講習会を受講修了する事、看護師の教育に関し、これと同等以上の学識経験を有する事が項目に挙げられています。この条件で注意したい点が「臨床経験」の定義です。臨床経験があっても病棟での勤務経験が乏しいといった場合、国から研修を義務付けられる等の条件が課されたり、場合によっては臨床経験に満たないと判断される場合もありますから、正確な臨床経験年数の確認が必要といえるでしょう。

Read more

病院・クリニック以外

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の看護師の仕事内容や転職するメリットなどを紹介!

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは?

高齢者が安心して暮らせる賃貸住宅の整備を目的に、2005年より国土交通省管轄で「高齢者専用賃貸住宅登録制度」が開始されました。制度の開始当時は、法的規制が緩く、介護を必要とする入居者を強制的に退去させたり、要介護状態の方の入居を断るなどといったトラブルが多く発生し社会的な問題になった事をご存知の方も多いと思います。その後、2009年に福祉分野を管轄する厚生労働省と、国土交通省が連携し、高齢者福祉と住宅の両面から高齢者の賃貸住宅の法改正がなされました。それにより、高齢者専門賃貸住宅の基準が「サービス付き高齢者向け住宅」へと基準が統一され、現在は、より高齢者の立場に立ったサービスを提供出来る高齢者向きの賃貸住宅が多く開所しています。では、サービス付き高齢者向け住宅」の基準の主なものをあげてみましょう。以前は契約金に膨大な費用を必要とする会社も多く見られましたが、「サービス付き高齢者向け住宅」では、敷金・家賃・管理費・サービス費以外の請求は認められず、権利金も発生しません。

Read more

Close