転職お役立ち

男性看護師を徹底特集!活躍の場・待遇・悩み・求人の探し方など

「女性の仕事」というイメージの根強い看護師ですが、最近は男性もその領域にしっかりとした地位を築き始めているようで、男性看護師の求人も見かけるようになりました。とは言え、全体の95%が女性、残りの5%が男性というこの比率を見てもわかるように、まだまだ男性看護師の全体への浸透率は低いというのが現状です。

しかし、昨今の不況に伴い、サラリーマンを辞めて看護師を目指すと言う男性や、卒業後の進路に看護学校を選択するという男子学生も急速に増え始めており、今後の男性看護師の割合増加には大いに期待できそうです。

そこで、これから看護師を目指そうという男性や、すでに臨床現場で活躍しているけれど転職を考えているという男性看護師のために、男性看護師として活躍するために役立つ情報をお届けしていきましょう。

Read more

転職お役立ち

看護師が未経験の科へ転職する時の注意点・成功のポイント

看護師が転職を考え求人を探す時、誰もが念頭に置くのが次の職場での待遇や勤務条件です。…と同時に、経験のある科を選ぶか未経験の科を選ぶかで悩む人もいる事でしょう。これまでに経験してきた科ならばある程度のやり方はわかっているかもしれませんが、未経験の科ともなると、それこそ右も左もわからないという状況になりかねません。しかし、それでもあえて未経験の科に挑戦してみたいという人のために、いくつかの注意点を挙げてみました。

Read more

病院別・診療科別

こども病院の看護師へ転職するメリットや待遇など

医療の中でも小児医療は特殊です。同様に、看護の中でも小児看護は難しい分野だと言われており、看護師のなかでも「小児科は苦手」と「大好き!」に、はっきり分かれるのではないでしょうか。「こども医療センター」「小児総合医療センター」とも呼ばれるこども病院は、独立行政法人管轄で県立・国立の病院です。そのため、看護師だけでなく医師や薬剤師など職員数が多く、それらに伴う人間関係に僻壁する方も少なくないようです。また、小児の扱い方も看護のひとつであるため、大人のように協力的でない小児を対象にした病院を敬遠する看護師もいます。しかし、子供好きで小児科看護に興味がある看護師にしてみれば、これほど恵まれた職場環境は他にはありません。働く上での条件も、申し分ないくらい充実しており満足できるものです。

Read more

病院別・診療科別

生協病院の看護師の仕事内容・役割や勤務条件など

生活レベル向上のために設立された組織で、皆さんおなじみの生活協同組合が行っている事業のひとつです。一般市民が出資して運営している、略して生協とかCOOP(コープ)と呼ばれていますね。

そのなかでも生協病院は、日本医療福祉生活協同組合連合会(略して医療福祉生協連)の中に属しており、医療や福祉に従事する医療生協の全国組織の病院です。

医療生協は、健康や医療、そして暮らしに関わる問題を医師や医療専門家と協力して問題解決のために運動する自治組織です。地域密着を基本に、患者さんとその家族、そして医療者の距離の近さを感じながら、人々のために医療を提供するのが生協病院の基本理念です。

Read more

病院別・診療科別

スポーツクリニックの看護師の仕事内容や転職のポイントなど

★スポーツクリニックとは

スポーツクリニックとは、スポーツ愛好家やスポーツで活躍する学生やアマチュア選手を専門に診療するためのクリニックとなります。 診療はもちろん、検査やリハビリの設備も整っているところがほとんどです。 中には、学校の体育館より規模の大きなリハビリ施設を持つスポーツクリニックもあり、医師、看護師のほか、診療放射線技師や理学療法士が勤務していることが多いです。

スポーツと一言で言っても、健康づくりのために継続しているスポーツから、プロやオリンピック選手を目指して、幼少の頃からハードな練習を続けるスポーツまで様々です。 そして、スポーツを続けていると、間違った練習や練習のし過ぎで必ず起こってしまう身体の故障がつきものです。 野球をしていて肘を痛めた、バスケットボールの試合でアキレス腱が切れた、そんな話を聞いたことがあると思います。 一昔前でしたら、そういったスポーツによる怪我を専門とする医師は非常に少なかったのですが、このところ、メタボリック症候群やロコモティブ症候群を予防するためにスポーツを始める人などを含め、スポーツ人口は増え続ける一方で、専門医師が不足している現状がありました。

この状況に対応するために、整形外科医でスポーツで起こった怪我や病気を専門に診る動きが起こり、増えてきたのがスポーツクリニックなのです。

Read more

病院別・診療科別

ケアミックス病院とは?ケアミックス病院の看護師の仕事内容や転職するメリットなど

病院と言えば、入院施設があって急性期と慢性期、回復期などに分かれており、通常は急性期が過ぎた頃、療養するために転院を余儀なくされるもの、という考え方が一般的でしょう。 特に、大学病院や地方の市民病院などは急性期病院しか持っておらず、回復期に入ると、必ずリハビリ目的のための病院に移ることとなります。

通常なら、急性期病院で約2週間を過ごし、リハビリのために転院した回復期の病院ではおおよそ3ヶ月を過ごし、その後自宅に退院となります。 急性期の後に療養型病院に転院すれば、退院を急ぐ必要はなく、患者によってはそこで看取られることも少なくはありません。

しかしながら、個人経営で有床の病院では、急性期も回復期も同じ1つの病院で過ごせ、転棟は必要でも転院はしなくて済むところもあります。 このように急性期も回復期も、つまり手術も術後ケアも機能回復のためのリハビリも、必要なら介護も看取りも、すべて同じ施設内で行えるような病院をケアミックス病院と呼んでいます。

ケアミックス病院は、患者にとっては転院先を探さずに済むというメリットがあり需要が比較的高く、全国的に見られる形態の病院でもあります。

Read more

病院・クリニック以外

民間救急とは?民間救急の看護師の仕事内容・転職方法などを紹介

★民間救急センターとは

昨今、話題になっている仕事の一つが民間救急センターでの仕事になります。 民間救急センターとは?と思われる方もいるかもしれませんが、いわゆる患者搬送事業になります。

突発的に持病の発作などで倒れた方などを搬送する場合、通常では救急車を手配することになります。 しかし、消防署などに配備されている救急車両にも限界があります。 通報自体がばらついている分には対応することも出来るかもしれませんが、それがまとまってしまったりした場合には救急車の数が足りずに間に合う命も救うことが出来ないなどのケースもあります。 そうしたケースを防ぐため、また迅速に地域の医療機関への搬送を可能にするために生まれたのが民間の救急搬送サービスである民間救急センターになります。 福祉タクシーや民間救急サービスなどと呼ばれることもあり、地域住民の健康を守る砦として活躍しています。

きちんと国土交通省の認可や消防本部の認定を受けた事業所が届出を出して営業を行っているため、しっかりと病院までの搬送をしてもらうことが出来ます。 ただし、民間救急センターで使っている民間救急車は救急車両ではなく一般の車両扱いになるため、信号を無視して走るなどは出来ません。 また、搬送に費用もかかることも、消防署の救急車とは異なる点です。 そういった面で救急車とは差別化が図られていますが、一刻一秒を争う場合などすぐに対応してもらうことが出来るものが民間救急センターしかなかった場合などには非常に有効な手段です。

Read more

病院別・診療科別

ペインクリニックでの看護師の役割や転職の方法など

ペインクリニックというのをご存知でしょうか?ペインクリニックとは痛みを取り除くことを専門に扱っている分野を言います。ペインクリニックで行われる治療の中には神経ブロック療法、薬物療法など様々あり、痛みを訴える患者さんの痛みの種類によって適切な治療を打ち出していく必要があります。ここで大切なのが、患者さんの訴えと検査の所見の二つの観点からアセスメントし痛みの治療を行う必要があるということなのです。

Read more

病院別・診療科別

医師会病院の看護師の仕事内容や給料・転職体験談などを紹介

★医師会病院の特徴

医師会病院は全国のあらゆる地域にあり、地域に根差した医療を提供しており、特に中国、九州地方に多い傾向があります。

医師会病院と他の病院との大きな違いは、地域で個人病院を経営する医師会員らが共同して運営する共同利用施設という点にあります。個人病院では入院施設がない、高度な検査を必要とするといった時に利用される病院で、原則的に医師会所属の病院からの紹介状が無くては受診、入院が出来ないシステムとなっています。

Read more

Close