病院別・診療科別

内視鏡室看護師の仕事内容・必要なスキルは?転職するメリット・デメリットは?

一般病棟で働く看護師にとって、内視鏡室をはじめとする検査室での看護業務は未知の世界というイメージだと思います。検査や内視鏡治療が決定した患者さんには術中のこと等をいろいろとオリエンテーションしている割に、実は内視鏡をしているところをきちんと見たことすらないという看護師さんは多いでしょう。「内視鏡室の看護師って、どんなことをするの?」「特殊な技能が必要?」「未経験でも大丈夫?」…などの不安を抱える看護師さんの為に、今回は内視鏡室の看護師についての情報をお届けします!

Read more

病院別・診療科別

耳鼻咽喉科は楽な科?耳鼻咽喉科の看護師の仕事内容や待遇・転職のコツなど

耳鼻咽喉科は耳、鼻、そして喉と口腔内の疾患に対する治療を行う科です。内科、外科と比較すると少し控えめなイメージですが、高齢化に伴う聴力障害・嚥下障害患者の増加、花粉症や喘息などのアレルギーの拡大に伴い、需要はますます高まる一方です。では、耳鼻咽喉科で働く看護師の仕事とはどのようなものなのかを見てみましょう。

Read more

病院別・診療科別

小児科看護師の仕事内容や必要なスキル、転職するメリット・デメリットなど

小児科の看護師求人は少なく感じるかも知れません。子供の数自体が少ないということ以外にも、小児科を開業する医師の数が不足しているということも関係しています。自宅から通勤圏内で小児科の看護師求人が見つからないという場合は、まずは看護師転職支援サイトに登録してみることをお勧めします。小さなクリニック等では看護師の募集を全て人材紹介会社に任せているということも珍しくはないからです。求人広告が載っていないからと言って、現在募集していないとは限りません。小児科クリニックではなく、病院の小児科病棟や小児科外来で仕事をしたいという方の場合も、転職支援会社に登録・相談する方が安全です。なぜなら、総合病院には小児科以外の科も存在しているため、「小児科を希望している」と言って面接を受けたのにも関わらず、欠員がある他の科に回されてしまう可能性があるからです。看護師転職支援サイトを通じて就職先を選べば、小児科以外の診療科に回されるということは絶対にありません。

Read more

病院別・診療科別

心療内科クリニックの看護師の仕事内容や適性、転職するメリット・デメリットなど

療内科クリニックでの看護師の仕事を探している方はとても多いようですが、いくら探しても求人情報が上手く見つからないという声をよく耳にします。それもそのはず、心療内科を標榜しているクリニックや診療所は内科・外科・婦人科・小児科等の一般的な診療科に比べると数自体がまだまだ少ないと言えるからです。また、心療内科クリニックではその他の診療科と違って処置に手を取られることが少ないため、看護師をそれほどたくさん必要としているワケではありません。そのためなかなか空きが出ず、希少求人となってしまっているのです。

Read more

病院別・診療科別

手術室看護師の仕事内容や転職のポイント・やりがいなど

手術室は、病院の中でも特別な空間。そして、そこで働く看護師の仕事や患者さんとの関わり方も、外来や病棟勤務の看護師とは大きく異なります。

手術室は、高度な医療技術と、コメディカルの力が集結する場。その中で看護師として働くことを夢見る人も多いもの。また一度手術室勤務を経験すると、その独特の達成感ややりがいに魅せられ、転職先でも手術室勤務を希望する人が多くいます。そんな手術室での仕事や人気の秘密、転職先を見つける方法を探ってみましょう。

Read more

不妊クリニックの看護師
病院別・診療科別

不妊クリニックの看護師の仕事内容や求人探しの方法は?転職する際のメリット・デメリットも解説!

1.不妊クリニックとは?不妊治療を行う夫婦の割合は?

「夜勤もある病院で働いているけど、もう体力的にきつくなってきた」「日勤だけに切り替えたいけど、今の病院だと勤務形態の変更は難しそう」と勤務体系で悩む看護師は多いですが、これらの希望を満たす1つの選択肢に「不妊治療専門施設(多くは中規模以下の「不妊クリニック」)」があります。ここでは「不妊クリニックに興味はあるけど仕事のイメージがつかない」という方のために、不妊クリニックでの看護師の仕事や転職の際のメリット・デメリットをお伝えします。効率的な求人の探し方も掲載しています。

Read more

病院・クリニック以外

特定健診の特定保健指導の仕事内容は?保健師資格がなくても看護師が保健指導の仕事はできる?

1.特定健診とは?特定保健指導とは?

40歳から74歳までの全ての医療保険に加入する被保険者および被扶養者を対象として行われるのが「特定健診」で、その結果に応じて必要性が認められた人々に行う保健指導が「特定保健指導」です。特定健診では、内臓脂肪型肥満(メタボ)の人やその予備群を見つけることを目的としおり「メタボ健診」とも言われます。ここではそんな特定健診・特定保健指導の概要や、看護師資格で挑戦する方法などをまとめていきます。

Read more

新人看護師

プリセプターと上手くやっていく方法を伝授!新人看護師へアドバイスと対策

1.新人看護師に多い「プリセプター」に関する悩み

新人看護師さんのお悩みと言えば、「慣れない職場に緊張する」ことや「新しい看護技術を身に付けることに焦り」を感じたりと様々ありますが、一番大きな悩みがプリセプターとの関係性ではないでしょうか?運よく相性のいいプリセプターがあたった時には、毎日心強い気持ちで出勤できますが、どうも上手くいかないと感じて毎日辛く感じる人もいると思います。ここでは、そんな新人看護師さんが楽しく働けるように、プリセプターと上手くやっていくためのアドバイスと対策をご紹介したいと思います!
Read more

転職お役立ち

看護師の定年後の生き方は?定年後再雇用制度などを解説

看護師長Kさん、60歳。二人の息子を育てながら公立病院に約30年勤務し、先日定年退職の日を迎えました。退職金は推定2000万円。お子さんも独立しており、退職後はご主人とのんびり過ごされるのかと思われましたが、現在、元の職場の地域医療連携室で働いています。Kさんの他にも、この病院には定年退職後も勤務している看護師や医療事務員が何人かいます。これは医療職に限ったことではなく、一般企業においても定年退職後にまた同じ職場で働く人がたくさんいます。これは定年後再雇用制度が適用されているからです。

医療の進歩と公衆衛生の普及、健康意識の向上、生活の変化などにより、日本人の平均寿命は世界トップレベルとなり、長い余生の経済的安定、そして高齢者の高い労働意欲に対応するため、国は高齢者雇用安定法を改定し、定年を段階的に65歳まで引き上げるよう雇用主に求めました。そのため

定年を65歳にする

定年をなくす

定年年齢は60歳のままで、退職後再雇用という形で65歳までの勤務機会を与える

という3つの選択肢が与えられました。そして、もっとも多くの企業や事業所が取り入れたのが、③の定年後65歳まで再雇用という方法でした。理由は、現職の給与や待遇のまま定年年齢を引き上げたり定年制度そのものをなくす方法と比べて、企業が負担する人件費が安く抑えられるからです。とは言え、人件費の負担が増すことは避けられません。そこで企業は、様々な規定や条件を設け、それに該当する人のみ再雇用を行ってきましたが、平成25年度より希望者全員の65歳まで継続雇用が義務付けられるようになり、定年後の再雇用は一気に拡大しました。もちろん、これは希望者ですので、定年後のんびり暮らすという選択肢も残っています。

Read more

Close