Category

病院別・診療科別

病院別・診療科別

公立学校共済組合病院とは?看護師として転職するメリットなど

★公立学校共済組合病院とは?

公立学校共済組合病院というと、難しくて聞き慣れない病院名です。それもそのはずで、全国の主要都市8か所にしか設置されていませんがどれも規模の大きな総合病院です。公立学校共済組合病院は組合員である公立学校の教員の方とその家族に対する福祉事業のひとつとして設置されている病院ですが、もちろん、一般の方も他の病院と同様に受診できます。以下に8病院の一覧を掲載します。

Read more

病院別・診療科別

産婦人科の看護師の仕事内容や給料は?転職するメリット、デメリットも解説!

1.産婦人科とは?国内に医療施設はどのくらいあるの?

産婦人科は、妊娠・分娩・産褥期の妊産婦や新生児の診療やケアを行う「産科」と、女性特有の子宮や卵巣などの疾患に対する治療やケアが行われる「婦人科」があります。女性の看護師であれば、産婦人科で働くことに一度は興味を持ったことがあるかも知れません。ここでは、実際に働くとどうなのか、仕事内容や転職のメリット、デメリットなどをお伝えします。

Read more

病院別・診療科別

形成外科病棟について解説!看護師の仕事内容や転職する際のメリット・デメリットなど

1.形成外科の特徴は?整形外科や美容外科との違いは?

「形成外科」は、その響きから整形外科などと混同されることも多いですが、形成外科は目に見える身体表面などの機能異常を修復することで、その人のQOLを向上させることを目的とする診療科です。近年では、形成外科を有する施設は増加してきており、患者数も増加の傾向にあります。そんな形成外科分野を扱う形成外科病棟では、実は他の診療科と異なり、特徴的な点が多くあります。そのため、そこで働く看護師にも形成外科ならではの専門的な知識や看護スキルが必要となります。今回はそんな形成外科病棟の特徴から、看護師が転職する際のメリット、デメリット、注意点など詳しく解説していきたいと思います。
Read more

病院別・診療科別

透析看護師に転職するメリット・デメリットは?仕事内容や関連資格なども紹介

1.透析で働く看護師の仕事内容とは?

腎臓の機能が10%を切った時、人は体内の余分な水分や老廃物を尿として排出することができなくなります。それを機械によって、人工的に正常な状態になるよう排出させるのが人工透析の役割です。命がかかった状況で、定期的に決まった時間、しかも半永久的に続けなければならない透析は患者さんの体はもちろん、精神的にも負担がかかります。その苦痛を支えるのが、透析看護師の役割で、知識はもちろん技術面においても高い専門性が求められます。ここでは専門的な分野である透析看護師について徹底解説します。透析関連の専門資格についてもご説明しますのでご参考下さい。
Read more

病院別・診療科別

眼科の看護師の仕事内容や必要スキル・転職するメリット・デメリットなど

★眼科で働く看護師の仕事内容

病院で働く看護師にはそれぞれの診療科に合わせた仕事があります。 同じ病院でも、診療科によって看護師の仕事も変わり、求められるものも大きく変わります。 眼科で働く看護師の仕事は、入院施設のある病院とないクリニックによっても変わってきます。

眼科クリニックでの看護師の仕事は、診療の介助と処置、そして患者がスムーズに診療を受けられるように外来の流れに気を配ることにあります。 眼科の場合、診察室が暗いことがほとんどで、医師によって看護師の介助を要する場合とそうでない場合とに分かれます。 眼科の処置は点眼がほとんどになり、疾患によってはその場で外科的な処置を行うこともあるので、その場合には医師の介助が必須となります。 また、生活指導なども看護師の重要な仕事です。

入院施設を持つ眼科の病院になると、病棟や手術室の仕事が加わります。 病棟勤務の場合、術後の管理がメインの業務となり、個人病院の場合には食事の配膳や後片付けも看護師の仕事になることが多くなります。

目は外科で行う手術と違って、非常に細かな道具を使う事が多くなるので、注意深く観察をして怪我や事故が起こらないように気を配る必要があります。 ただ、その反面、容態の悪化など命に関わる事案が少ないため、他の病棟に比べて比較的精神的な負担は少ない診療科でもあります。

Read more

Close