年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位 マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位 看護のお仕事 ランキング3位 ナース人材バンク ナース人材バンク

1.看護師でシングルマザーで経済的に生活できるか?子供との時間を作れるか?

看護師は90%以上が女性である職種ゆえに、中には結婚生活がうまくいかずにシングルマザーの道を選ぶ人もいます。シングルマザー看護師が働きながら子育てをしていくことは予想以上に大変で、難しさを感じている人もいるはずです。しかしシングルマザー看護師でも、支援制度や各種手当などを上手に使ったり働き方を再考することで子育てと仕事の両立ができます。ここではシングルマザー看護師がひとり親の経済的な不安を解消して、忙しさの中でも子育てと仕事を楽しめるようになるためのポイントなどをご紹介します。

転職相談R美
現在2児の母でありながら、看護師をしています。実はいま離婚の話し合い中で、これからシングルマザーになる予定ですが、子育てと仕事が両立できるのかとても心配です。子供との時間を作ることを考えると、夜勤や残業のない職場に転職をした方が良いのかなあと日々悩んでいますが、一方で仕事を制限すると経済的にも困るのではないかとも懸念しています。働けるうちに子どもの教育資金などもできれば貯めておきたいですし、看護師転職のプロであるキャリ姉からこんな私にベストなアドバイスはありませんか?
キャリ姉
看護師はシングルマザーも割と多い印象ですよね。理由は定かではないですがやはり一般のOLよりも給料面で恵まれている人が多いというのはあるのかもしれません。私の担当した看護師さんでもシングルマザーは多くいましたし、当人達に話を聞くと「資格を持って仕事をしているため一生仕事に困ることはないだろう」という声は多かったです。しかし、仕事内容はハードですし年収も全員が全員高いわけではないので、子育てと仕事の両立で悩むシングルマザーの看護師もいるのは事実です。このあたりの「看護師でシングルマザーで生活していけるか?」という点を公的なデータから紐解いていきましょう。

厚生労働省による平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果によると国内の母子家庭は123.2万世帯に及び、母子家庭の平均年収は片親で稼ぐ金額で約200万円です。一方で看護師の平均年収はどれくらいかというとこちらの記事で紹介した通り、約480万円近い年収があるのです。つまり、看護師の年収は、一般的なシングルマザーの年収よりもはるかに多いことになります。もちろん看護師の年収が高いのは素晴らしいことですが、一般的な平均よりも高年収とも言える看護師には「所得制限」の壁があるのも忘れてはいけません。シングルマザーを対象にした手当のほとんどが「所得制限」を設けていて、あまり所得が高いとシングルマザーへの手当が支給されない場合があるのです。ですが、シングルマザーの看護師は、手当はもらいにくい部分はあっても給料自体が高いということなので「看護師でシングルマザーで生活していけるか?」という点に関してはもちろん一般平均よりは生活はしやすいはずです。

転職相談R美
経済面ではシングルマザーになってもそんなに困らないというのは本当にありがたいですね。。
キャリ姉
むしろ看護師のシングルマザーの場合は「お金」より「時間」で悩む人の方が多い印象もあります。看護師の年収には夜勤手当などが反映されていますので、シングルマザーであれば子供との時間を作るために夜勤を続けるかどうか悩む人も多いです。病院にもよりますが夜勤手当分がないと年収は50万円程度下がるでしょうから「お金」と「時間」のどちらをとるかは大きな選択です。また年収が下がってもその分公的な支援が受けられればいいですが、看護師は平均して年収が高いので年収が下がったとしても保育料減免などの支援対象になる年収のボーダーラインよりも上になることもあります。つまり、あともう少し年収が低ければ、減免などの制度を活用できるのに適応されないケースが多くあるということです。
転職相談R美
年収下げて時間を優先しても手当が貰えないとなると一番最悪なケースですね。。中途半端というか。。でも私はなんだかんだで子供との時間は大事にしたいですね。まだ子供が小さいので今の時期は特にそういう気持ちが強いです。年収が下がったのに公的な手当や減免の制度が適応されないとなると悲しいものがありますが、最優先はやはり子供との時間ですね。

 

2.看護師でシングルマザーだと何が大変?

転職相談R美
一応、看護師は経済面ではシングルマザーでも生活していけなくはないということはわかりました。他にはどんな困難があるんでしょうか?私はまだ離婚をしたわけではないので実際にシングルマザーがどんな毎日になるのか想像の範疇でしかありません。キャリ姉さんの経験的に看護師でシングルマザーになったら生活していく上でどんなことが大変なのでしょうか。夜勤や残業が多い今の職場では、子育てと両立できるか不安でいっぱいです。
キャリ姉
具体的にシングルマザーの看護師はどんなことが大変なのか、看護師の勤務の特徴と照らし合わせて紹介していきますね。まず1つ目は上記でも触れた「時間」の問題で、「子どもと接する時間が短くなってしまう」ということです。看護師の業務が激務といわれている理由は、日勤、夜勤という交代制勤務に加え、残業も多いためです。時間に追われる毎日で心身ともに疲弊してしまうこともよくありますよね。そんな中で、シングルマザーであれば、帰って休む暇もなく子育てや家事に追われます。子どもと接する時間が短くなるだけでなく、気持ちにも余裕が持てなくなります。
転職相談R美
やはり時間的に子どものことを考えると、少しでもそばにいてあげたいです。看護師としてフルタイムで日勤、夜勤をこなすのは、難しいですかね?
キャリ姉
どうしても子供優先にしたいなら、働き方を少し変えた方が良いかもしれないですね。二交替だと夜勤の勤務中は子どもを誰かに預けなくてはなりません。24時間利用できる託児所が併設されている病院もあれば、そうでない病院もたくさんあります。24時間利用できる託児所がある職場だとしても子どもと一緒に寝られないことは寂しいですし、子どもにとっても不安な思いをさせてしまいます。例えば、2交代制の夜勤では16時間の連続勤務になり、夕方に出勤し翌日のお昼前に迎えに行くまでに、子どもは夕食・入浴・睡眠・朝食という、お母さんと一緒に過ごすイベントがごっそり抜けてしまいます。これが毎週1〜2度必ずあるのです。ですので子どもの生活に寄り添うのであればに交代制はなかなか難しい面も多いです。

また、24時間利用できる託児所に子どもを預ける場合、意外な落とし穴があります。看護師の業務は勤務時間内に終わらないことが多く、残業が発生します。極端な話になりますが、「いくら残業をしても預かってくれる」場所が病院の近くにあるのです。そのため、病院の託児所に子どもを預けられる分、残業を負ってしまうこともしばしばあります。夜勤をして、残業も多いようであれば、子どもと接する時間がさらに少なくなります。

転職相談R美
「24時間託児所があるからシングルマザーでも安心!」というわけではないんですね。確かに子供は寂しい思いしますね。あとはシングルマザー看護師にはどんな困難があるんでしょうか?
キャリ姉
私の担当した看護師さんで多かったのは「頼る人がいない孤独さがある」という意見です。例えば子どもがいると熱を出した時など急な休みが取らないといけないケースがあると思います。子育てに理解のある職場であれば良いですが、簡単に休めない職場であれば、実家や親戚など近くに頼る人が住んでいないと、子どもの急な発熱や体調不良の時に、その対応に困ってしまいます。家族に頼れない場合は、病児保育を利用することになるでしょうが、病児保育を扱っている施設は決して多くはありませんし、人数の枠が決まっていて利用したくても利用できないときもあるでしょう。頼る人がいない場合は、子育てに協力的な職場を選んだり、いざという時の預け先を調べたり、対策をする必要があります。こういった孤独さの中で、シングルマザー看護師は身体的な疲労だけでなく、精神的な疲労が多いのも特徴です。

あと他には「看護師は給料が良いと言われるが思うほどの贅沢はできない」という意見も聞きます。先ほど、シングルマザー看護師平均年収は一般的な母子家庭の収入よりも恵まれているとお伝えしましたが、とは言え共稼ぎの家庭の総収入には劣りますし、そこそこ年収がある看護師はシングルマザー向けの手当も所得制限にひっかかり貰えないケースもあるのです。このあたりの状況もシングルマザー看護師の辛いところかもしれません。

 

3.シングルマザーでもらえる公的手当(児童手当・児童扶養手当・住宅手当など)

転職相談R美
経済面で言うと決して裕福にはならないかもしれないですね。手当の話ですが、所得制限はあるとは言え、もらえる手当や使える制度があれば大いに活用したいんですが、シングルマザー看護師でもらえそうな公的手当や病院個別からもらえる手当、使える制度について教えてください。
キャリ姉
まずもらえる可能性が高いのは児童手当です。児童手当とは、日本国内に住所があって、中学校修了前までの児童が対象です。親が離婚していてもそうでなくても一様にもらえます。児童手当は所得制限があり、年収が約800万程度を超えなてくるともらえる金額は減りますが、看護師でシングルマザーであれば年収800万を超えるというのは稀ですので、基本的には以下の金額もらえる可能性が高いでしょう。

 

年齢区分月額支給額所得制限以上
3歳未満15,000円5,000円
3歳から小学生(第1子・第2子)10,000円5,000円
3歳から小学校(第3子以降)15,000円5,000円
中学生10,000円5,000円
転職相談R美
これは既に頂いていますね。もちろん所得制限にもかかっていないので減額されずにもらっています。あと離婚すると児童扶養手当というのもありましたよね?
キャリ姉
児童扶養手当とは、日本国内に住所があって、離婚や死別や裁判所からの保護命令がある場合などで、該当する児童を監護している母、父、又は養育者が手当を受け取ることができます。所得額や支給対象となる児童の人数によって額が異なりますが、最新のものだと下記になります。一部支給の計算方法は割愛しますが、児童手当と異なり支給制限は厳しいので常勤の看護師で全部支給をもらうのは難しく、一部支給になるケースが多いです。児童扶養手当に関してはお住いの市区町村に問い合わせることをお勧めします。

 

児童数全額支給一部支給
1人42,500円10,030~42,490円
2人10,040円を加算5,020円~10,030円を加算
3人以上3人目以降1人につき
6,020円を加算
3人目以降1人につき3,010円~6,010円を加算
キャリ姉
あとは、シングルマザー家庭の住宅手当を制定している市区町村もあります。シングルマザーで20歳未満の子どもを養育していて、賃貸で月額1万を超える家賃を払っている人が対象になる手当です。市区町村独自の制度であるため、もらえない可能性もあります。所得制限などを制定している自治体もありますので、必ず確認するようにしましょう。

 

4.シングルマザーでもらえる病院個別の手当(扶養手当・世帯主手当・住宅手当など)

転職相談R美
公的手当は所得制限によってもらえない場合もあるのですね。公的手当が十分にもらえない場合でも、病院個別の手当は可能性が上がりますか?
キャリ姉
はい。病院個別の手当は病院の福利厚生で定められているため、自由に設定できます。毎月の給料に反映されますので、今までもらっていなかった手当の額を知っておくと良いです。例えばシングルマザーならではの手当で扶養手当(家族手当)があります。配偶者や子どもがいる家庭に与えられる手当ですが、病院によっては、扶養手当がない場合もありますので注意しましょう。子ども1人あたりにいくらか決まっている場合もありますので、扶養する人数が増えれば、その分手当も増えます。例えば国立病院機構では、月額6500円支給されます。

あとは世帯主手当が出るところもあります。シングルマザーであれば、世帯主になることがほとんどでしょう。子どもを扶養して世帯主になるためもらえる手当が増えるというわけですね。世帯主手当を支給している病院はあまり多くありませんが、私の知っている病院では、約4000円支給されていますよ。あと賃貸などを検討しているようであれば、頼れるのが住宅手当ですね。住宅手当は賃貸でなくても支給される場合もあり、一律1万円と決められている病院もあれば上限を設けている病院もあります。ちなみに国立病院機構では、賃貸の場合は最高27000円支給されます。

転職相談R美
27,000円は大きいですね。この辺はもし転職するなら福利厚生という点でしっかりチェックしないといけないですね。

 

5.シングルマザーで使える制度(医療費助成制度・寡婦控除・保育料免除など)

キャリ姉
手当だけでなく、使える制度なども紹介しておきます。所得制限が設けられている制度もありますので詳しくはお住まいの市区町村に確認することをおすすめします。まずはひとり親家庭の医療費助成です。市区町村によって助成内容は異なりますが、保護者と子どもの医療費を自治体が助成する制度です。所得制限によって非該当になる場合もありますので、必ず確認をしておきましょう。子ども医療費助成というのもあります。これは保護者の医療費助成が受けられなくても、子どもの医療費助成は受けられる制度です。小学校就学前、小学校修了まで、中学卒業までなど自治体によって助成される期間が異なります。子どもは特に風邪を引きやすいので、子どもの医療費の助成の期間がいつまでなのか確認すると良いでしょう。

その他にもひとり親家庭の遺族年金の制度があります。夫が死亡した場合に受け取れる年金で、加入している年金の種類によって異なります。遺族基礎年金、遺族厚生年金、寡婦年金など種類がありますので、病院の担当者が日本年金機構に問い合わせてみましょう。そして、忘れてはいけないのが寡婦控除です。寡婦控除とは、死別や離婚して、再婚していない女性が受けらる所得控除です。一般の寡婦控除と特定の寡婦控除に分けられますが、年収が500万円を超えなければ控除金額の大きい特定の寡婦控除に該当するかもしれません(※一般の寡婦で控除額が27万円・特定の寡婦に該当すれば控除額が35万円)。税金が全額免除というわけではないですが、所得税や住民税が少し安くなります。確定申告の際に必要なので、病院の窓口に相談してみましょう。

養育費も忘れてはいけないですね。H28年度の厚生労働省の調査によると養育費を受けたことがないと答えた人は50%以上でした。しかし養育費は、親子関係がある限り払う義務がありますし、子どもが社会で自立していくために必要な費用です。養育費についてはきちんと取り決めをして、もらいそびれないよう注意しましょう。

転職相談R美
やはり弱者救済というかシングルマザーならではの制度は多いんですね。ちなみに保育料関係で何か支援制度はないんでしょうか?今働いている病院には託児所があるけれども転職先に託児所がなければ一般の保育園に預けることになりますよね。保育料は割高だと思うので。
キャリ姉
シングルマザーであれば、保育料免除や減免の措置がとられる場合があります。市区町村によって、免除になる所得制限額などが異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。ただし、看護師の年収であると減免の対象にもならないことがありますので必ず問い合わせるようにすると良いですよ。
転職相談R美
なるほど。あとこれは知り合いに聞いたんですが、シングルマザー家庭では、上下水道料金の割引が適応される場合もあるそうですね。多くの自治体が「児童扶養手当」を受給している家庭を条件としているようですがありがたい制度ですね。

 

6.シングルマザー看護師が充実した日々を送るために

転職相談R美
シングルマザーになって経済面での不安は少し解消されましたが、話は元に戻り、子ども達と接する時間がきちんと確保できるかやはり心配です。転職しないと厳しいかなとはやはり思います。
キャリ姉
転職自体は1つの選択肢として全然いいと思います。でも私は、転職以上に、自分のリフレッシュできる時間を作ることがシングルマザーの看護師として働き続けるためのポイントになると思っているんです。結果的に夜勤がない日勤専従に転職しても、自分の気持ちがリフレッシュできない状態だと人生やはりうまくいかないので。

例えばですが、私の担当した看護師さんで「家事の効率化を徹底して自分の時間を確保した」という人がいました。休みの日に1週間分の食料の買い出しをして、野菜の下処理や、作り置きできるおかずを用意しておきます。これだけでも、料理の手間を省くことができ時間を作ることができます。また、子どもは帰ってからすぐに「お腹すいた」といいますよね。そこで、朝子どもが起きる前に1品でも2品でもいいので作っておくと、帰ってからのイライラが少しでも減ります。朝早く起きるのは少し大変ですが、帰ってからはおかずを温めて、ご飯をよそるだけなので、余計なストレスを感じることが減ります。

あとこの看護師さんは思い切って月に1回掃除のバイトの方を家に呼ぶようにしたそうです。お掃除さんというとお金持ちの特権と思う人も多いかもしれませんが、例えば「タスカジ」というアプリを使えば昔のように大掛かりなお手伝いさん派遣というよりもマッチングアプリに近い感覚で掃除を依頼できます。時給1500円くらいからのレートで掃除を外注できます。月に1回部屋をピカピカにしてもらえるだけで随分ストレスの軽減になったそうです。あと、便利な最新家電の便利さについても言っていました。食器洗浄機や乾燥機付き洗濯機、お掃除ロボットなど時短になる家電、セットするだけで簡単に料理できるオーブンなどもあるため、手抜きはもちろん楽をすることができます。初期費用はかかってしまいますが、ストレスが健康を害するほどのものになってしまっては本末転倒です。わずらわしい家事を最新家電を使ってパパッと済ませることで自分の時間の確保につながります。

転職相談R美
お掃除さんを頼むなんて夢のまた夢かと思いましたが月に1回で数千円なら全然ありかもしれないですね。
キャリ姉
家事の外注や便利家電なども投資だと思えば決して高くないかと思います。上記のような生活の効率化をした上で転職の話に進みますね。子供との時間を考えるともちろんシングルマザーにとって転職の選択肢は出てきます。今の職場が、子育てに協力的でなかったり、夜勤や残業で忙しかったり、不安なようであれば転職も考えて良いでしょう。

例えば夜勤がなく残業の少ない大手の美容皮膚科や、通勤時間がかからなくて夜勤もない家から近い外来のクリニックなど、自分と子どものために時間を作れる選択肢は看護師には多く用意されています。また一方で子育て中こそ夜勤のある病棟で勤務する人も実はいるんですよ。その理由は、休んだとしてもフォローできる看護師の人数が多いためだそうです。夜勤がない職場への転職は、一見子育てによいのではないかと思いますが、実際はなかなか休みが取れないこともあるでしょう。看護師を多く雇っていないところは休んだら代わりがいないため注意が必要ですね。急な休みでも、フォローが比較的得られやすい病棟や職場を選ぶようにすると良いでしょう。

転職相談R美
はい!色々とシングルマザー看護師について情報下さりありがとうございます!前向きに様々な選択肢を検討していこうと思います!

 

シングルマザーが看護師を楽しく続けるために

看護師の年収であれば、平均的な年収の女性に比べるとシングルマザーでも生活に困ることは少ないでしょう。看護師として働きながら、公的な手当や病院個別の手当などのもらえる手当を十分に活用していけば、自分と子ども達のために充実した日々を送れるでしょう。また、忙しさの中でも時短テクニックで時間を見つけて、子どものためにたくさん向き合ってあげると子育ても仕事も楽しめるでしょう。

そんなシングルマザーの看護師ですが、やはり離婚のタイミングで働き方を再考する人も多いです。夜勤がない病院・24時間託児所がある病院・急な休みに対応してくれやすい病院など、シングルマザーが求める条件は様々です。そこでシングルマザーの看護師の方の必須サイトがマイナビ看護師などの転職エージェントです。自分の希望に合った病院を的確にアドバイスしてくれますし、シングルマザーの看護師ならではの相談にも寄り添ってくれます。まずは無料登録から進みましょう。