年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位医療ワーカー ランキング3位ナース人材バンク ナース人材バンク  

イベント救護看護師のアルバイトは看護師の方に人気があり、求人情報が公開されると応募者が殺到することもあるようです。普段医療機関で勤務している看護師の方にとって、イベント救護看護師の仕事はレアな体験ができるだけではなく、新たな気づきを得られる場でもあります。

今回は、イベント救護看護師のバイトの求人情報の探し方をはじめ、実際にイベント救護看護師のバイト経験がある方にインタビューを行い、求人情報はどのように探したのか、イベント救護のバイトをやってみて良かったこと、苦労したことなどをお話してもらいました。

1.イベント救護看護師のバイト求人情報の探し方は?

看護師の単発バイト・派遣の求人が探せる求人サイトはいくつかありますが、今回は看護師の求人サイトのひとつである「MC-ナースネット」で実際に求人を検索してみました。下記はMCナースネットの画面です。「単発・スポット」→業務内容「イベント」にチェックを入れた検索結果ですが、該当の求人は2019年11月現在は1件のみでした。イベント救護看護師に絞って求人情報を探すとかなり少ないことがわかります。

【MCナースネット:イベント救護看護師のバイト求人情報】

「ツアーナース」にチェックを入れると求人数は11件になりますが、それでも求人が少ないことに変わりはありません。他の記事でもご紹介しているように、イベント救護看護師のバイトの求人はかなりレアな求人であり、定期的に発生する仕事ではありません

しかし実際に「MCナースネット」に登録してイベント救護看護師の単発バイトの紹介を受けたという方もいますので、イベント救護看護師のバイトを希望する場合は、まずは看護師の転職・求人サイトに登録し、単発バイトを希望している旨を伝えておき、いち早く求人情報をもらうことがカギになりそうです。ここからは、イベント救護看護師バイトの求人情報の探し方を含めた実際の体験談をご紹介していきます。

 

2.ダイエット系商品コンテストのイベント救護看護師(単発バイト)

性別女性
年齢(イベント救護看護師のバイト経験時)32歳
現在の職場地域の診療所
業務イベント救護看護師の単発バイト(ダイエット系商品コンテスト)
使った転職エージェントメディカルコンシェルジュに登録して紹介を受けた
イベント救護看護師のバイトに応募したきっかけイベント内容的に普段の看護業務と全く違う世界でおもしろそうだったから
キャリ姉
イベント救護看護師の単発バイトは人気があるので求人情報が出るとすぐに埋まってしまうそうですね。タイミングがよかったんですね。イベント救護看護師バイトの具体的な仕事内容はどんなものでしたか?
イベント救護看護師経験者Aさん
そうですね、転職サイトに登録したところたまたまイベント救護看護師の求人情報を紹介してもらって、日時の都合もよかったのですぐに決めました。迷っていたら他の人にすぐ話が行ってしまったと思いますのでラッキーでしたね。

仕事内容はとあるダイエット系の商品のコンテストにイベント救護看護師として行くというものでした。場所は大きなホールでコンテスト出場者数百名がいらっしゃって、順番に壇上へ上がりポージングをしていき優勝者を決めるといったものでした。出場者は全員女性でしたが、年齢は憶測ですが20代~70代くらいまで幅広かったと思います。コンテストに来たのは基本的に運営の方と出場者のみで、一般の参加者はいない様子でした。

私は指示された時間にホールに行き、事前に知らされている責任者の方にご挨拶後、救護室待機の業務でした。救護室はベッドが2つある部屋で、救護担当の看護師は私一人でした。基本的には具合の悪くなった人が出たら対応するという形の業務です。救護室にあるモニターからもコンテストの様子をうかがうことができますので、モニターをみたり、持参してきた本を読んだりして、ゆっくり過ごしました。

体調がすぐれず運ばれてきた出場者の方は2名で、お一人はスポットライトが暑くて少し具合が悪くなってしまったようで、水分補給をして少し休まれてから戻られました。もう一人はガリガリに痩せている方が過呼吸で運ばれてきて、コンテストの最後までベッドで休んだのち、お知り合いの方と帰りました。

キャリ姉
基本は救護室での待機で、体調を崩された方の対応ということですね。そのイベント救護看護師のバイトを経験して学べたことはありますか?
イベント救護看護師経験者Aさん
普段は看護師として医療機関で働いているので、イベント救護看護師のバイトといういつもと違う組織の中で働けたのは面白く、また接客的な視点からもアプローチも必要だったのでいい経験になりました

また、これはイベント救護看護師の仕事とは直接関係はないのですが…コンテストの内容的に、ふくよかな方から痩せている方まで様々な方がいらっしゃいましたが、やはり拒食症などの精神疾患を抱えているだろうなと思われる方も複数人お見掛けしました。しかし、そのような人にも運営側のスタッフは「痩せてきれいになりましたね」と声掛けをされていて、ダイエット商法の闇を見た気がしました。

バイトではない普段の職場でも時々摂食障害の患者さんがお見えになっていたので、そのような方がダイエット商法の餌食になっている場合もあるんだなと知りました…。

キャリ姉
なるほど…イベントの特性上、裏側の世界を垣間見た感じですね。接客面での気づきは普段の看護業務にも活かせたようですね。逆に、イベント救護看護師のバイトで苦労したことや苦痛に感じたことはありますか?
イベント救護看護師経験者Aさん
イベント救護看護師のバイトは基本的にもしものための待ちの業務なので、そのほとんどの時間が暇なんです。一応暇つぶしの本などを持参しますがそれでも数時間も持たず、暇を持て余すため時間がなかなか進まなくて1日が長く感じることが苦痛でした。

また、逆に何かが起こった時には、看護師が複数人いる医療機関とは違って患者さんが複数人いても一人で対応しなければいけないこと、必要に応じで救急車の判断もしなければいけないので、それなりの看護経験と知識が必要で誰でもできる業務ではないと思います。それなのに日給が他と比べると安いのが残念です。

私は単発で施設や訪問入浴などのバイトも経験しましたが、それよりも日給は安かったですね。ただ、よほどの緊急事態にならなければ基本的にはのんびりしていられるので、そこは仕方ないのかなとは思いました。

 

3.趣味を活かして!コスプレイベントの救護看護師(単発バイト)

性別女性
年齢(イベント救護看護師のバイト経験時)25歳
現在の職場市内の総合病院勤務(常勤)
業務コスプレイベントの救護看護師(単発バイト)
キャリ姉
コスプレイベントの救護看護師のバイトとはなかなかレアですね。求人情報はどのように探したのでしょうか?
イベント救護看護師経験者Bさん
サイト名は忘れましたが、ネットで看護師の単発バイトの求人情報を検索して短期・締切間近の募集をたまたま発見しました。私自身、アニメや漫画が好きで、趣味と本業をあわせて働いてみたかったため応募しました。コスプレイベントの救護看護師というなかなかにない業務であったため、応募者は多数いらしたとの話でした。
キャリ姉
やはりイベント救護看護師のバイトの求人には応募が殺到するのですね。趣味に少しでも関われる仕事だと興味がわきますよね。イベント救護の看護師の仕事内容は具体的にどんなものでしたか?
イベント救護看護師経験者Bさん
コスプレイベントの救護看護師のバイトは、仕事内容としては一般的な救護と変わりませんが、肝心なのは患者様ではなく「お客様」でありより一層丁寧な話し言葉や態度や笑顔が必要であることです。

医療知識のない現場取締役からお客様対応を教えていただき、笑顔での接客や、1日の流れを指導・近医受診の際にはイベントスタッフに報告し必要な手続きを行ってもらうなどの説明を受けます。救護室にくる方だけを対応するのではなく、何かお困りな方はいないか探したり、声をかけたり、じっとしている時間をつくらないようにとの教えで、座る業務はありませんでした

おもに怪我の対応だけではなく、車椅子の介助や親子参加の介助、紛失届けの対応や呼び出し対応、コスプレ衣装の着崩れ直しの手伝いなど、救護業務以外のことも結果携わることにはなりました。これもコスプレイベントには必要な業務か…と思いながらも参加者とのコミュニケーションを図る意味では良い経験になりました。

若い方が多く、あまり話を聞き入れない方もみえたり、怪我して簡易保護しても新たに怪我されたり不注意な方もみえ、またメンタル的な方や障害をお持ちの方もイベント参加されているため、車椅子介助や着替え介助することもあり、大変ではありましたが楽しめる業務でもありました。

キャリ姉
一言でイベント救護看護師といっても、イベントの種類によって業務内容はさまざまなのですね。特に勉強になったとか、良い経験ができたと感じたことはありますか?
イベント救護看護師経験者Bさん
私は普段は病院勤務の看護師であるため、相手は患者様であり命最優先の現場ではありますが、イベント救護看護師となると別で、「お客様対応」に困惑しました。お客様であり患者様とは違い、イベント最優先の方が大勢みられるため、命に関わるか、イベント優先でも支障はないか、その場その場の判断や接客が必要になるので、看護とサービスの違いを思い知らされたのと、接客の仕方も学ぶ機会になりました。若い方から年配の方まで幅広い客層でしたが、趣味を通じてコミュニケーションを図ることができました。
キャリ姉
イベント参加者は患者様ではなくお客様ですから、病院とは対応が異なるわけですね。やはり、お客様対応や接客面は大変でしたか?他に苦労したことはありますか?
イベント救護看護師経験者Bさん
専門的な知識はさほど必要ない現場でしたが、状況判断や応用力が試され、また上司がいないため、もたついた判断ではお客様にご迷惑がかかるので緊張感はありました。

ちょっとした靴擦れや貧血症状、また熱中症や気分不快などの訴えが多く、しかしイベント参加者のため途中離脱して近医受診していただく説明をし納得されるまでに時間がかかったお客様もいらしたので大変ではありましたが、イベント参加者との交流は楽しめました。