Category

地域別採用情報

豊島区(東京都)の看護師採用情報2
地域別採用情報

東京都豊島区の看護師求人情報(東京都立大塚病院・豊島中央病院・クリニックなど)

1.東京都豊島区の看護師採用事情は?

東京都豊島区は東京23区の西北部に位置する池袋を中心部とした「副都心」と呼ばれる地域です。2020年には超高層ビルが建設されるということで、地域のサポートはもちろん就職支援の方へも力を入れている地域のひとつです。そのため、池袋も少しずつ地域の人と連動して住みやすい街へと変わってきており、勤めるのにももちろん、住むにも適した地域と言えます。

そんな豊島区の人口は近年増加が続いています。平成24年の法改正で外国人人口が住民基本台帳の統計に加わったことにより急増していますが、日本人人口だけでみても順調に増加していることがわかります(参照:「としま政策データブック2018」)。区の発表によると令和元年9月1日現在の人口は290,081人(住民基本台帳ベース)、JMAP将来推計人口によれば2035年頃までわずかではありますが人口増加が続く見込みです。人口増にともない医療の需要も高く、看護師のニーズも非常に高いエリアであると考えられます。

 

Read more

和歌山市(和歌山県)の看護師採用情報
地域別採用情報

和歌山県和歌山市の看護師求人情報(日本赤十字社和歌山医療センター・和歌山県立医科大学附属病院・クリニックなど)

1.和歌山県和歌山市の看護師採用事情は?

和歌山県和歌山市は城下町の風情あふれる整備された歴史と近代が融合した美しい街です。太古の昔から現在に到るまで長い歴史や、美しい海や山々に囲まれた数々の絶景風景の存在は、古い時代から今も人々の中で人気の高いところです。

そんな和歌山県和歌山市の人口は減少傾向にあり、65歳以上の老年人口は増加しています。平成30年12月末の人口は357,310人、今後も人口減少と高齢化が進み、2045年には人口30万人を切り、全体の35%が65歳以上になるという予測もあります。(参照:「和歌山市の人口・世帯」「和歌山市人口ビジョン」「JMAP将来推計人口」)今後は医療の需要が下がり、看護師の求人に影響が出る可能性も否定はできないでしょう。

Read more

地域別採用情報

北海道で働く看護師の平均年収と高給のおすすめ勤務先例3選!

このデータを見ると従業員1000人以上の超大規模病院に勤める方が総じて年収は高そうです。北海道の人口は20年連続で減少する一方で、65歳以上の高齢化率は3割を超えてきていて、北海道は高齢化が進んでいます(参照URL)。一方で、 北海道が公表している看護職員就業者数の推移(年次・職種別)によると北海道で働く看護師数は約8.5万人いて、介護職員などと共に北海道の高齢化の現場を下支えしています。

いまや9Kとも言われる過酷な労働条件で働く看護師。 北海道で働く看護師も例外ではありません。 そこで気になるのが、北海道の看護師の年収事情です。 今回は、北海道で実際に働く看護師へのインタビューや、行政が発表している公的データなどを参考に、北海道の看護師の年収事情を紹介していきます。北海道の看護師は常勤だけでなく派遣や単発など様々な働き方の方がいますし、勤務先も病院やクリニックだけでなく介護施設や保育園、民間企業など様々です。北海道の看護師年収事情に興味がある方はぜひご参考ください。

Read more

高松市(香川県)の看護師採用情報
地域別採用情報

香川県高松市の看護師求人情報(香川県立中央病院・高松赤十字病院・香川県済生会病院・クリニックなど)

1.香川県高松市の看護師採用事情は?

香川県高松市は香川県の中央に位置する県庁所在地です。人口は約42万人であり、本州と四国を繋ぐ玄関口として機能しています。「うどん」が有名な香川県ですが、それだけではなく高松市は、庭園が綺麗な栗林公園、戦跡地である屋島地方など、歴史あふれる観光地の多い都市です。国から中核都市として指定され、日中はショッピング・観光で人が集まり駅前商店街は賑やかです。夜は静かな住宅街になるのも高松市の特徴です。

香川県高松市の人口は、平成26年頃まで増加傾向にありましたが、この5年ほどは横ばい~やや減少しています。令和元年9月の推計人口は418,825人です(参照:「【統計】推計人口(人口速報:国勢調査ベース)」「たかまつ人口ビジョン」「高松市統計書 高松市の人口」)。JMAP将来推計人口によれば、今後も人口は緩やかに減少し、2035年には40万人を切るとの予測です。また少子高齢化も進行します。医療の需要という点では、高松市は人口10万人当たりの施設数が全国平均よりも多く、人口減少も緩やかであるため、医療ニーズは高い状態が続きそうです。よって看護師のニーズも高いと考えられます。

Read more

地域別採用情報

看護師がイギリスで働くには?羽ばたく国際看護師たちの手引き!給料や仕事内容なども解説

イギリス国内の慢性的な看護師不足を考えると、日本看護師にとってビザの取得はそれほど難関ではないと思われます。フローレンス ナイチンゲールによって近代看護の発祥の地イギリスは、その歴史の中で積み上げてきた看護のレベルは、臨床から研究に及んで国際的に見てもとても高いです。

近年のイギリスでは、年々看護師の数が減っていっています。2016年から2017年にかけて行われたイギリス国内調査で、全看護師人口が前年に比べ3%減少し、看護師登録取り消し率が23%も増えたというデータ(イギリスの看護師に関するwikipedia参照)がありました。特にイギリス生まれの看護師の数が年々減少傾向・不足傾向にあることが報告されています。一方で同じ参照ページを見ていただくと、2015年に行われたアンケート調査で全看護師人口のうち21.7%が海外から来た看護師であることがわかっています(イギリスで働く日本人看護師人口はまだそれほど多いとは言えませんが・・・。)つまりイギリスは割と海外看護師の受け入れには積極的なのです。さらに2020年から、海外看護師のイギリス看護師登録制度に新しい改正が加えられ、応募方法の簡素化、英語資格試験の合格ラインの緩和などが組み込まれる予定で、今後イギリスで国際看護師を目指す日本人看護師さんたちにはとても朗報なのです。仕事内容的にも日本での看護師の仕事内容がこなせていれば問題ありません。

ここでは、看護師不足のイギリスで看護師として働こうと思われている日本人の看護師たちに向けた「看護師としてイギリスで働く」手引きをご紹介します。イギリスで看護師として働く方法や給料の話、仕事内容の違い、資格の必要性などにも言及します。なお本文は海外に在住する女性看護師の方へのヒアリングをもとに作成していますが、最新情報は各リンク先の公式ページなどもご参考ください。

Read more

Close