年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位医療ワーカー ランキング3位ナース人材バンク ナース人材バンク  

スポーツにかかわる看護師の仕事のひとつに、スポーツ救護ナースというものがあります。単発のアルバイトとしてスポーツ救護ナースの求人が出ることもあるようです。

今回は、スポーツ救護ナースのバイト(単発)を経験した3名の看護師の方にインタビューを行い、スポーツ救護ナースの看護師バイトの仕事内容、業務を通じて得られた経験などをお伺いしました。スポーツ救護ナースの仕事に興味がある看護師の方は、この体験談をぜひ参考にしてみてください!

1.試合観戦も!ソフトボール大会の救護ナース(単発バイト)

性別男性
年齢(スポーツ救護ナースのバイト経験時)31歳
現在の職場認知症高齢者の療養病棟
業務ソフトボール大会の救護ナース
キャリ姉
スポーツ救護ナースのバイトは、どのように探しましたか?
スポーツ救護ナース経験者Cさん
職場に看護協会から依頼があったので、単純に興味があり、参加したい旨を上司に伝えて応募しました。自分でスポーツ救護ナースの求人を探したわけではないんです。
キャリ姉
看護協会から依頼が来ることもあるのですね。スポーツ救護ナースのバイト当日は具体的にどのような業務を行いましたか?
スポーツ救護ナース経験者Cさん
九州国民体育大会のソフトボール競技の救護ナースとして参加しました。主な業務内容としては大会参加者の体調不良者や負傷者の応急処置と、応急処置で対応できない方がいたら病院の受診を促すか救急車での対応です。

会場は市のグラウンドでしたので集合時間(8時)前に行き大会本部テントで責任者の方と軽く挨拶と業務内容の確認をしました。同時に救急キットを預かったので中身の確認を行いました。キットはよくある木製の箱で、外側は使用感はあるものの中身はほとんど使用していない様子でした。5分ほどで確認を終え、責任者の方と雑談をしていると何もなければ開催中の試合を観戦していいとのことでしたので呼ばれるまでひたすら試合観戦をしていました。

午前中は特に呼ばれることもなく支給された弁当を食べ、午後2時ごろに出番が来ました。本部の方に呼ばれ試合終了後の選手の方に駆けつけると試合中に足首に打球が直撃したとのことでした。触診を行い自力歩行も可能で腫れも少ないと判断したので「痛みが続くようであれば病院に受診してください」と伝えその件は終了しました。

その後も特に呼ばれることもなく試合を観戦して、最後の試合が終了して本部テントの片付けを行いアルバイトを終了しました。

キャリ姉
基本は待機で緊急時の対応が主な内容なのですね。スポーツ救護ナースのバイトを通して学べたことや、やってよかったと感じたことはありますか?
スポーツ救護ナース経験者Cさん
スポーツ救護というものを行ったことがなかったので、救護の時に多いケガや病気をネットで調べ勉強をする機会が得られました。また、看護師という仕事を始めてから病院での勤務しかしたことがなく、屋外でしかも救急キットという限られた物品しかない場所でいかに業務を行うかを考えるよい機会になりました。

また、ソフトボール大会でしたので観戦を行えたのは非常に良かったと思います。もともとスポーツ観戦は好きなのですがルールなどはスマホで調べながら観戦しソフトボールの知識が深くなりました。

キャリ姉
病院以外の場所で救護について学ぶ良いきっかけになったのですね。スポーツ観戦がお好きならば大会自体も楽しめて一石二鳥でしたね。逆にここは辛かったとか、苦労したことはありましたか?
スポーツ救護ナース経験者Cさん
スポーツ救護ナースは単発アルバイトということもあってか良くも悪くも扱いが雑なのかなと思いました。何かあれば救急車で搬送すれば大丈夫みたいな感じがところどころ合ったように感じます。あとは8月でしたので単純に暑く屋外競技なので日差しがとても強かったので、女性であれば日焼け対策等が大変だと思います。

今回は傷病者が一人のみでしたので実働は10分程度でしたが、それ以外の時間がスポーツ観戦に興味がない方だとつらい時間になると思いました。

 

2.小学校のサッカーチーム合宿に救護ナースとして参加!(単発バイト)

性別男性
年齢(スポーツ救護ナースのバイト経験時)35歳
現在の職場総合病院の消化器外来勤務(正看護師)
業務県内公立小学校のサッカーチームの合宿のツアーナース・スポーツ救護ナース(単発業務)
キャリ姉
サッカーチームの合宿の救護ナースの経験があるのですね。スポーツ救護ナースの求人はどのように探したのでしょうか?
スポーツ救護ナース経験者Dさん
サッカーチームの親御さんから依頼されて引き受けました。自分からは探していません。
キャリ姉
親御さんからの依頼だったのですね。当日の仕事内容は具体的にどんなものでしたか?
スポーツ救護ナース経験者Dさん
小学生のサッカークラブの合宿に、スポーツ救護ナースとして参加しました。ツアーナースとも言えると思います。県外のサッカー部との合同合宿で、別のサッカークラブにも救護ナースの方がいました。

私はスポーツ救護ナースやツアーナースは初めてだったので、他のクラブの方に色々教えてもらいました。引率の監督や親御さん達もスポーツ救護ナースの業務内容は把握しておらず、どんな仕事なのか聞くと、特に何もしなくていいですよ、とのことでした…。

参加したお子さん達の名簿や発達障害の有無。また、薬やアレルギーの資料などをもらい、顔と名前を覚えたのですが、これがなかなか大変でした。基本的には、ケガなどの対応をする仕事でした。擦り傷に絆創膏を貼ったり、コールドスプレーをしたりなどの作業なので、基本は子どもたちの練習を眺めているだけです。

慣れないスポーツ救護ナースの仕事だったのですが、子どもたちが元気にかけまわっている姿をみると、こちらが元気をもらえたようで、とても楽しい体験でした。夜はみんなで食事をして、レクリエーションをして一緒に遊びました。拘束時間は朝から寝るまでと丸一日拘束されます。私自身が子供の時に戻ったような、自分の修学旅行はこんな気分で騒いでいたな、と思い出すことができて、本当に良い経験になりました。

キャリ姉
普段の看護師業務とスポーツ救護ナースはまったく違うと思いますが、とても良い経験になったようですね?
スポーツ救護ナース経験者Dさん
はい、普段は病院で主に高齢者のケアをしていますので、業務内容はまったく異なります。

今回子どもたちのスポーツ救護ナースを体験してみて、やはり子どもたちは元気で、ケガをして泣いても、絆創膏をしたらすぐにまたサッカーを一所懸命する姿をみて新鮮さでいっぱいでした。子どもは元気だからケガをするものなんだと考えさせられました。ケガは喜ばしいことではないですが、一所懸命走り回ったり、ゴールを決めるために本気になっているからこそ、ケガをするというまっすぐな心に、子供の純真さをみれたことが本当によい経験になりました。

キャリ姉
逆にここが大変だった、苦労した、という点はありますか?
スポーツ救護ナース経験者Dさん
私は普段は病院の正看護師として働いていて、たまたま縁あってサッカーチームのスポーツ救護ナースのバイトを単発で行いましたが、スポーツ救護ナースは定期的に仕事があるわけではないので、スポーツ救護の看護師業務だけで生計を立てることは難しいと思いました。

また、救護ナース1人で1団体を受け持つということは、大きい責任が伴います。しっかりした業務内容の説明もなかったので、軽い気持ちで請け負ってはいけない仕事だと思います。

また、スポーツ合宿に付き添うような場合は、拘束時間は朝の集合から寝る間際までと長時間になります。引率の大人の皆さんも救護ナースの業務内容を把握しているわけではありません。事前に業務内容に関する知識を自分で把握しておくことが必要になると思いました。

3.相撲巡業に救護ナース(単発バイトの医療メディカルスタッフ)として参加!

性別男性
年齢(スポーツ救護ナースのバイト経験時)43歳
現在の職場訪問看護ステーション(正社員)
業務県内で行われた相撲の地方巡業の医療メディカルスタッフ(スポーツ救護ナース)
キャリ姉
相撲の地方巡業の救護ナースとは、スポーツ救護ナースの中でもかなり珍しいアルバイトですね!求人を見つけたきっかけは何ですか?
スポーツ救護ナース経験者Eさん
知り合いの看護師からの紹介で、ナースパワーに登録して紹介してもらいました。
キャリ姉
お知り合いからの紹介だったのですね。当日の具体的な仕事内容はどんなものでしたか?
スポーツ救護ナース経験者Eさん
相撲の地方巡業に医療メディカルスタッフとして参加しました。主な役割は会場に来られている観客の体調不良時の対応です。が、たまにお相撲さんが「テーピングはないですか?」とか「氷が欲しいんですが」などと声を掛けて来られました。

運営会社からは特に何も渡さず、血圧計のみ貸し出しがあるだけなので対応する場合は緊急を要するかどうかの判断が必要になります。基本的には怪我など外科的処置が必要なことはありませんし、内容の多くは気分が悪いとか目眩がするなどと言ったような内容です。医務室らしいところもありませんので、ソファーで休んで頂くか、場合によっては救急車を手配しなければならないこともあります。

私が参加している時は、急に意識消失があったとの連絡があり掛け付けましたが、持病でてんかんを持っておられる方だったので一時的にてんかん発作が出たものと考え、落ち着いてからタクシーで帰っていただきました。

会場のメディカルスタッフは2名で、緊急時は携帯電話に連絡が入るようになっており、連絡がない場合は特にすることはありませんので、相撲観戦を楽しめます。またメディカルスタッフには昼食が配られます。観客の1番後ろにメディカルスタッフ用のブースがあり、その前で行司さんがアナウンスをされるので相撲の世界を色々楽しむことが出来ました。

キャリ姉
救護ナースの仕事の合間に相撲観戦を楽しめるというのは相当レアな体験だと思いますが、実際にやってみていかがでしたか?良かったことや勉強になったことはありましたか?
スポーツ救護ナース経験者Eさん
そうですね、普段見ることのできない相撲巡業の裏側を見ることができたり、お相撲さんと会話することができたり、なかなか経験することが無い非日常を経験することができました

他のメディカルスタッフもどこかの病院の看護師さんなので自分1人で判断して動くこともほとんどありませんので、安心して業務を行うことができるのも良かったです。そこでも、病院の情報交換や面白いバイトを紹介してもらい、人脈の輪を広げることができました。なにより、会場の雰囲気は独特なので体験して良かったと思います。

キャリ姉
スポーツ救護ナースの方が他にもいるときは、人脈が広がったり情報交換ができる場合もあるのですね。それでは、逆に苦労した点や、マイナスだと感じたことはありますか?
スポーツ救護ナース経験者Eさん
スポーツ救護ナースのバイトをやってみて感じたマイナスの点としては、まず、メディカルスタッフなのに配給されるのが血圧計のみであると言うことです。症状が見られる方に対して血圧測定のみしか行うことができませんので、自分の手に負えないような症状が見られた時はどうすることもできないので、救急車を手配するようになります。限られた物品しかないのでいかに経験と知識を活用して判断するかということになります。そういう面においては、浅くても広い看護や医療の知識が必要になってくると思います。スポーツ救護ナースは基本は待機業務ですが、いざという時の対応や判断を考えると知識がなければできないということを痛感しました。