★スポーツクリニックとは

スポーツクリニックとは、スポーツ愛好家やスポーツで活躍する学生やアマチュア選手を専門に診療するためのクリニックとなります。 診療はもちろん、検査やリハビリの設備も整っているところがほとんどです。 中には、学校の体育館より規模の大きなリハビリ施設を持つスポーツクリニックもあり、医師、看護師のほか、診療放射線技師や理学療法士が勤務していることが多いです。

スポーツと一言で言っても、健康づくりのために継続しているスポーツから、プロやオリンピック選手を目指して、幼少の頃からハードな練習を続けるスポーツまで様々です。 そして、スポーツを続けていると、間違った練習や練習のし過ぎで必ず起こってしまう身体の故障がつきものです。 野球をしていて肘を痛めた、バスケットボールの試合でアキレス腱が切れた、そんな話を聞いたことがあると思います。 一昔前でしたら、そういったスポーツによる怪我を専門とする医師は非常に少なかったのですが、このところ、メタボリック症候群やロコモティブ症候群を予防するためにスポーツを始める人などを含め、スポーツ人口は増え続ける一方で、専門医師が不足している現状がありました。

この状況に対応するために、整形外科医でスポーツで起こった怪我や病気を専門に診る動きが起こり、増えてきたのがスポーツクリニックなのです。

★スポーツ障害(使いすぎ症候群)の専門家

整形外科で不慮の事故や日常生活の中で起こった怪我に対する診療をしているのに対し、スポーツクリニックではスポーツを続けてきたことで起こるスポーツ障害を診療しています。 スポーツによって起こる怪我は、普通の怪我とはまったく異なります。

例えば骨折を取ってみても、交通事故などで外部から急激にものすごい力が加わって起こる骨折のような症例は、スポーツ障害ではほとんど見られません。 どちらかというと、スポーツによって繰り返し繰り返し同じ骨を使ってきたことで、ある日突然起こってしまう疲労骨折のほうが圧倒的に多いのです。 これが、スポーツ障害を使いすぎ症候群などと呼んでいる理由でもあります。

同じ骨折でもこれだけ違ってくると、治療方法などが異なってきますので、スポーツ障害のための専門家が必要になってくるのです。 近年、スポーツクリニックが増えてきたことで、スポーツをする人をより専門的にサポートすることができるようになりました。

★スポーツクリニックの看護師の役割

スポーツクリニックで働く看護師は、スポーツ障害に関する知識と看護技術を熟知していることが必要です。 通常の整形外科の知識とは少し異なってくるので、野球肘やゴルフ肩、半月板損傷やアキレス腱断裂などのスポーツ障害を専門的な知識を学んでおく必要があります。 さらには、経過やリハビリなどその怪我の一連の流れや、日常生活の中で注意することなどを患者に聞かれることが多いので、説明できるようにしておく必要があります。 スポーツを続けたい人にとっては、怪我によって今後、スポーツができなくなることは、苦痛以外の何者でもありません。 だから、その気持ちに寄り添うことが出来るよう、まずは、正しい知識を患者に伝え、リハビリが必要であれば長期間支え続けることが重要となります。

さらには、スポーツクリニックには、スポーツクラブに通うリトルリーグで活躍する子どもや、国体選手、インターハイに出場する高校生、実業団で活躍するアマチュア選手、他にメタボ予防のためにスポーツをしている人や、寝たきり予防にスポーツを続けている高齢者なども多く訪れます。 小中学生の場合には、親や監督やコーチといったその子のまわりの大人が一緒に訪れることもあります。 そういった様々な年齢、立場の人たちと円滑にコミュニケーションが取れるように高いコミュニケーション能力を持ち合わせていることも大事です。

スポーツで怪我をしてしまった人は、普段は明るい性格であっても、怪我によって塞ぎこんでしまう人も多くいるので、その気持ちを出来る限り理解して、精神的なサポートをしていくことも看護師の役割であると言えるでしょう。

★スポーツクリニックの求人を探す

看護師の中にも、スポーツでストレス解消を図っている人が増えてきていることもあって、スポーツクリニックで働きたいと考える人が多くなっています。 ただ、スポーツクリニックの求人は、それだけに人気の案件なので、そこに転職するためには自分だけで転職活動しても難しいかもしれません。

そういう場合にナースフルなどの看護師専門の求人サイトを利用してみましょう。 無料で登録できますし、コンサルタントも常駐しています。 何より看護師だけの求人が集められているので、ハローワークなどで探すより多くの転職先が見つかるはずです。