年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位 マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位 看護のお仕事 ランキング3位 ナース人材バンク ナース人材バンク

看護師の転職活動において志望動機は重要です。でもなかなか文字にしたり、話すのは難しいですよね。そこで今回は具体的な事例を元に、看護師の転職理由のまとめかたや伝え方、例文を紹介します。昨今看護師の活躍の場は病院だけではありませんので介護施設やクリニックなどの事例も織り交ぜてご紹介します。

看護師の就職活動も昔と今では全然違います。昔は、志望動機を聞く医療機関が珍しかったみたいです。でも今は違い、比較的企業に近いような面接スタイルを取られている医療機関も増えてきています。看護師の転職は売り手市場とはいえ、人気の医療機関になるとライバルが多くいますので、志望動機をうまく求人側に伝え、理想の就職先から内定を勝ち取りましょう。

志望動機の例文(1)急性期病院から回復期病院へ転職する場合

<よくある転職理由>
・日々の業務が忙しい(救急搬送や緊急入院対応)
・勉強会や委員会が多く、業務外のタスクが多いためワークライフバランスが取れていない
・在院日数が短く、日々の業務も忙しいため、ひとりひとりの患者に対して丁寧なケアができていない

<志望動機の例文>
回復期病院という退院、在宅復帰に向けて、モチベーションを高く持った患者様のケアに従事できる貴社の業務に魅力を感じております。また現職は急性期病棟で勤務しており、在院日数が短く、また日々の業務に忙殺されているため、患者様ひとりひとりに寄り添った看護が実践できておりません。今後は貴院のような、地域に密着したひとりひとりの患者様に寄り添った看護が実践できる環境で、自身の看護感を実践して行きたいと考えています。

<志望動機の書き方のワンポイントアバアス>
・回復期病院は、大学病院などから急性期治療が終了し、退院・在宅復帰に向けてリハビリに注力する医療機関です。病院に求められる機能を理解しましょう。
・忙しいから転職したいという転職理由、志望動機は望ましくありません。

志望動機の例文(2)病棟勤務から介護老人保健施設へ転職する場合

<よくある転職理由>
・高齢者看護に関心があり、介護施設に興味がある
・ワークライフバランスを良くしたい(救急や緊急入院がない環境に転職したい)

<志望動機の例文>
日本は高齢化社会に突入し、看護師として社会の力になりたいと考えていました。そのため予てより高齢者看護に関心を持っており、この度介護老人保健施設での勤務を目指し、貴法人への転職を希望しています。
また貴法人は、介護老人保健施設だけでなく、特別養護老人ホームや訪問看護ステーションも展開されてお、介護老人保健施設から退所された後も、ひとりひとりの利用者にあった介護看護サービスを提供できる点に魅力を感じております。自身のキャリアの観点においても、介護施設・在宅利用など幅広い業務に従事できる点にも魅力を感じ、この度志望致しました。

 

<志望動機の書き方のワンポイントアバアス>
・介護施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホームなど)それぞれには機能の違いあります。介護老人保健施設は医師が常駐しており、回復期病院のように在宅復帰を目指す高齢者が入所しているのが特徴です。
・法人内で幅広い事業を展開している法人は、法人内異動で転職せずに、別の職種に従事できるケースが多いです。

志望動機の例文(3)病棟勤務から美容クリニックへ転職する場合

<よくある転職理由>
・健康な患者様を対応したい(美容クリニックに来院する患者様は病気ではない)。
・自分自身も美容クリニックに通った経験があり、今度は患者様にサービスを提供する側に回りたい

<志望動機の例文>
私は、美容皮膚科に通院した経験があり、通院後の嬉しい変化を感じた経験があります。今度は、自分が患者様の「きれいになる」を支援する側に立ちたいと考えております。数年前から美容クリニックへの転職実現に向け、美容関連の知識習得、接遇研修への参加に励んでまいりました。
美容やファッショントレンドなどに興味があり、常に敏感だと自負しております。これらは美容クリニックの仕事する上で強みになると考えており、強みを活かし活躍したいと考えております。

<志望動機の書き方のワンポイントアバアス>
・美容クリニックには主に、美容外科(美への手術によるアプローチ)、美容皮膚科(手術以外の投薬や脱毛などによる美へのアプローチ)があります。それぞれ看護師に求められるスキルや考え方も異なりますので、応募先の施設の種別を理解しましょう。
・20代の看護師には非常に人気です!美容が好きでは他のライバルに負けてしまいますので、過去の経験や自分の強みを織り交ぜた志望動機にしましょう。

志望動機の例文(4)病院から訪問看護ステーションに転職する場合

<よくある転職理由>
・世間でニーズが高まっている在宅医療に関心がある
・夜勤は体力的、家庭の都合から日勤だけしか働けない
・こどもの保育園や小学校進学に伴い、日祝は休みたい。でも収入は落としたくないから、常勤で働きたい

<志望動機の例文>
現職で退院調整の業務を経験しました。その際、在宅復帰後の患者様のケアを担当される訪問看護師やケアマネージャーの方々とカンファレンスをさせていただく機会が多くありました。病院退院後、その患者様のライフスタイルやニーズに合わせた在宅でのケアを実施するできるか、熱く答弁されている姿を見ました。私も在宅という患者様が最も望む環境で、ひとりひとりに寄り添ったパーソナライズした看護を提供したいと考え、訪問看護ステーションでの勤務を志望しております。私は訪問看護が未経験ということもあるため、貴社の充実した研修制度に魅力を感じ、この度志望致しました。

<志望動機の書き方のワンポイントアバアス>
・在宅医療は病院とは違い、高度な医療機器や完璧な衛生環境はないです。しかし、病院以上に患者様やご家族との心の距離も近いです。また地域のケアマネージャーやヘルパーなど他職種との連携も求められます。患者やご家族、他職種とのコミュニケーションにおいて、工夫している点、自身の強みを言及すると良いでしょう。
・国は病院の病床数を減らし、在宅医療を加速させる方針です。今後ますますニーズが高まります。在宅医療での経験は、看護師として市場価値を高める経験になります。今回の訪問看護師テーションの転職だけでなく、中長期的にどんな看護師になりたいか描けていると良いかもしれません。

志望動機の例文(5)病院から治験CRA(臨床開発モニター)へ転職する場合

<よくある転職理由>
・企業で働きたい。日勤のみ、土日祝休みで働きたい
・臨床から離れた環境で看護師として働きたい
・大卒のブランドを活かしたい

<志望動機の例文>
私は大学病院の血液内科病棟にて勤務し、化学療法を通じてがんの治療に励む患者様や、未だ治療法が見つからない難病の患者様などの看護を担当致しました。そこで薬の効果の偉大さや、新薬開発に対する患者様の期待というものを肌で実感し、CRAへの入職に興味がわきました。CRAの仕事は、新薬を心待ちしにしている患者様、将来同じような病気で苦しむ方をなくすことはできる、可能性に満ち溢れた仕事です。病棟で患者様に向き合ってきた経験を活かし、活躍していきたいと考えています。

<志望動機の書き方のワンポイントアバアス>
・治験CRAの仕事は、製薬会社と臨床の担当医師の間に立ち、新薬開発のコーディネートをする仕事です。がんや精神疾患、難病への新薬開発は盛んで、それらの病棟経験があれば活かせる業務は多い可能性があります。治験企業も領域によって強み弱みがあり、自身の経験が活かせないか、企業研究を通じて見つけましょう。
・臨床からは離れ、直接的に患者の健康を支援する仕事ではなくなります。しかし、新薬が開発できれば、目には見えない多くの患者を助けることができます。自分の看護観と適合しているかイメージしましょう。このギャップを理由に、やっぱり自分は現場があっていたと気づき、病院へ復職する看護師も多くいるのが現実です。

 

志望動機の書き方で転職成功に一歩近づく!

実際にあった転職事例をもとに看護師の転職の志望動機の例文をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。昨今看護師の働く環境は非常に広がっており、病院やクリニックだけではありません。以下のページを見ても就業看護師の85%はまだまだ病院やクリニックで勤務しています。今後様々な転職事例が出てくると思われるのでこのページの志望動機の例文もさらに充実させていきます。

今後、病院クリニック以外の施設形態で働く看護師が増えると予想されていますが、転職活動時、ご紹介した内容を活かしていただけると幸いです。実際にいらっしゃった看護師のエピソードをもとに紹介していますが、ポイントをしっかり守れば、転職の成功確率は確実に上がります。転職先は「どのような仕事なのか」「どんなスキルを活かすことができるのか」「やりがいに感じそうなポイントは何か」事前にしっかりリサーチしておくことで熱意の伝わる志望動機を完成させることができ、希望の転職先から内定をもらえるようになります。