年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位 マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位 看護のお仕事 ランキング3位 ナース人材バンク ナース人材バンク

看護師転職サイト利用!正社員(常勤)からパートへ転職した実例

常勤からパートへ転職した看護師Aさん
性別女性
年齢(常勤からパートへ転職した当時)31歳
転職前の職場企業病院外来看護師・長崎県・日勤のみ勤務
転職後の職場医療法人の療養/包括病棟・長崎県・パート・16時までの短時間勤務/土日祝休み
使った転職エージェントナースではたらこと看護のお仕事
転職理由前職の企業病院が企業から独立し医療法人化することで勤務環境が変わりそうだったため

キャリ姉
今回は常勤からパートへ転職したお話を聞かせてください。まず前職の常勤の職場ではどういう仕事をされていたのですか?給与面の話も可能であればお願いします。
常勤からパートへ転職した看護師Aさん
前職は長崎県内の企業病院で外来看護師をしていました。外来勤務では、正社員は各診療部門の責任者になります。前職の病院では大きく分けて整形チーム、内科チームに分かれており当時30歳前半の私でも10〜20名のパート看護師、医師、コメディカルと連携しながら外来業務を行なっていました。待ち時間調整や人気の医師の患者には患者が多くなるので偏りがでないように患者を振り分け、若手医師の診療フォローからクレーム対応、救急患者の対応や入院が決まった患者は病棟との連携を行いました。毎日100人ほどの患者を約3時間で対応するので、観察力と判断力、知識とコミュニケーション能力を必要としていました。前職では出産と共に夜勤ができないこともあり、病棟勤務から外来勤務への異動をしてもらっていました。企業病院なので基本給ではなく職能給という括りで分かりにくかったのですが、大学病院などと比較しても毎月の給与はそれほど高くはなかったです。勤務歴8年で外来勤務で20万ほどの手取り金額でした(病棟で夜勤をしていた頃は手取り25万前後でした)。しかしボーナスは年間100万ほどは手取りではあり、夜勤なしでも年収で約300万ほどはありました(夜勤をしていた頃は年収約400万でした)
キャリ姉
子育ての都合で病棟から外来にしてくれるとは良い職場ですね。なぜそんな常勤の職場から今のパートの職場へ転職されたんでしょうか?常勤からパートへ転職した転職理由も教えてください。
常勤からパートへ転職した看護師Aさん
私の転職理由は企業病院が企業から独立し、医療法人化することでした。幼い子供が2人いて主人も多忙だったのでワンオペ育児でも片道1時間かけて通勤していたのは、企業病院だったので将来が安定していると思っていたからです。医療法人化することで、給与も下がること、企業年金もなくなること等説明を受け、この病院にこだわる必要はなく、今は子供達との生活を一番に考え自宅の近くの病院で働きたいと思ったのが転職の理由です。人間関係は周りは複雑なところもありましたが、私はうまくやれていました。ただ、退職していなかったらリーダーに任命されていてさらに仕事の負担が増えて家庭と仕事との両立ができなくなっていたのは目にみえていましたので思い切って転職に踏み切りました。
上記が「前職を辞めた理由」なんですが「常勤からパートへ転職した理由」もご説明します。まず最初は転職サイト(ナースではたらこと看護のお仕事の2つ)へ登録し、自宅から近い病院を探しました。子供が小さいことから、急な休みにも対応でき土日祝休みで勤務時間もある程度融通がきくところを希望しました。看護の分野には拘らず今まで経験してきた内科一般と整形を生かせるところを希望しました。結局この条件だと「勤務時間がある程度融通がきくところ」という条件でパート看護師の求人がやはり多く、パート看護師にするか日勤専従の正社員にするかは迷いましたが、転職サイトの担当と話し合って常勤からパートへ転職することにしました。結果的に16時までの短時間勤務/土日祝休みの今の職場に決めました。
キャリ姉
条件面でパートを選ばれたんですね。新しい常勤の職場はどうですか?仕事内容や待遇など教えて下さい。
常勤からパートへ転職した看護師Aさん
転職した先の病院では療養・包括支援病棟の看護師として勤務しています。病棟に入院している15名ほどの患者の日常生活援助や投薬等行い、また入院患者の受け入れ、処置の介助を行います。入浴介助やおむつ交換、Pトイレの清掃やナースコール対応、認知症患者の対応、急変患者の対応、記録や薬の処理、指導なども行います。また看護学生の受け入れもあるので学生指導もたまにあります。夏休みには医療に興味なある高校生が看護体験にも来るので、その受け入れも行います。
給料・年収水準ですが常勤からパートへ転職したことで、「時給」になり、ボーナスも寸志程度になるので給与の大幅なダウンはありました。時給1300円でボーナスは3万円でしたが、時給も最初は1200円の提示だったのに、転職サイトの担当が交渉しあがりました。ボーナス以外にもプラス3万円ほど追加で院長から寸志もいただきました。残業代もきちんとでていましたし、子どものことで休むことも多かったですが手取りで14万前後でした。
キャリ姉
常勤からパートへ転職してよかったことといえばやはり子供さんとの時間を持てたことになりますか?逆に悪かったことといえば給料面でしょうか。改めて常勤からパートへ転職してよかった点と悪かった点教えてください。
常勤からパートへ転職した看護師Aさん
よかったことの1つ目は子どもとの時間がもてたことです。朝からイライラせずに子どものことを考えて行動することができて、時間はお金にかえられないなと実感しました。子どもがしたかった習い事へも連れていける時間もできました。2つ目は主人も仕事に集中できたことです。家族の中で役割分担ができ、主人も家庭のことを私に任せて仕事に集中できたことで仕事の効率があがりました。
悪かったことはやはり給与が下がったことやりたい看護ではないことです。もっと勉強したいと思う気持ちはありますがなかなか療養病床では新しいことを学ぶ機会は少ないし、周りのスタッフも正直尊敬できる人材の看護師は少ないです。モチベーションがあがることは少なく、看護の質も正直前病院の方が高いです。今の子育ての時期はこの病院で頑張って子どもが大きくなったら、またやりたい看護ができるところで定年まで働きたいと思っています。それぞれの病院で役割があるようにこの病院には私のようなママナースが多いです。
キャリ姉
今後様々な理由で常勤からパートへ転職したい看護師さんへメッセージを。
常勤からパートへ転職した看護師Aさん
看護師をやっていると「やりたい看護」があると思いますが、家庭の状況や周囲の協力体制などで病院は変わっていけると思います。一番はあなた自身なので、看護師免許があればどこでも働くことができます。無理に頑張り過ぎなくても、看護師の仕事はたくさんあり、勤務形態もたくさんあります。なので今あなたが一番何を大切にしたいか?が大切だと思います。今はできなくてもまた数年後やりたい看護ができる。今はここでがんばろうと思うことも私はこの転職で思いました。常勤からパートへ転職となってもいつでも逆戻りできるという位の感覚でいいのではないでしょうか。