年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位 マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位 看護のお仕事 ランキング3位 ナース人材バンク ナース人材バンク

転職サイトは不使用!ハローワークで求職活動をした看護師の実例

ハローワークで求職活動をした看護師Aさん
性別女性
年齢(ハローワークで求職活動をした当時)43歳
転職前の職場福島県・民間の一般病院(内科療養病棟の慢性期)・正社員の二交代制勤務
転職後の職場山形県・民間の一般病院(内科療養病棟、認知症療養病棟などの慢性期)・正社員の二交代制
使った転職エージェントなし、ハローワーク利用
転職理由業務量の負担が大きくなった為

キャリ姉
今回はハローワークの求人をメインに求職活動をされたかと思いますが、まずは前職の仕事内容や待遇など教えてください。
ハローワークで求職活動をした看護師Aさん
転職前の私の仕事内容は福島県内で内科療養病棟に勤務していました。患者のバイタル測定、与薬、点滴、胃婁患者の対応、患者の話し相手、患者とタオル畳みなどの軽作業でのレクリエーションと、毎日ほぼルーチン化した業務で過ごしてきました。高齢者の患者がほとんどですので、急変も多く、その対応も他の病院と比べれば多かったと思います。おむつ交換、汚物処理などは看護助手がする職場でしたので、その点での負担はありませんでした。院内業務としては、院内感染対策委員会に加わっていました。
給与・年収水準としては、給与明細の一例ですが、基本給223000円、資格手当10000円、通勤手当2400円、夜勤1回につき9000円で、月4回から5回で36000円から40000円。総支給は27万円台でした。賞与は年2回計2か月分。年収水準は370万ちょっとの水準でした。周囲の民間病院と比べると明らかに給与・年収水準が低く、同期の看護師友達と話題になると、地方の病院の待遇面は本当に低いことを実感しました。
キャリ姉
年収の低さが転職理由の1つだったんでしょうか?
ハローワークで求職活動をした看護師Aさん
年収もそうなんですが1番は業務量の負担が大きくなった為、退職と転職をしたという感じです。前の職場の看護師は周囲の県立・市立病院を定年退職して流れてくる人ばかりで、新卒採用はほぼなく、中途採用ばかりでした。なので年齢層的にシニア(50歳以上)が圧倒的に多い職場でした。積極的に仕事をするとか、新しく何かを覚える、知識を吸収するという意識が低い人が多く、当然多少でも若い看護師にしわよせが来ます。業務量も増える一方で、日勤帯での2時間程度の残業は当たり前のように続きました。若い世代の看護師たちは、業務改善の必要性や、看護業務を平均的に分担しないと回らないという話はしていたのですが、世代の上の看護師達がそれを良しとする雰囲気ではありませんでした。その中で過ごしてきて、業務量と給与待遇のバランスが悪すぎると感じるようになったのが決め手でした。
キャリ姉
業務負担が大きかったことが転職理由なんですね。転職の方法はハローワークを使われたとのことですが具体的にお話聞かせてください。狙っていた求人の条件なども教えてほしいです。
ハローワークで求職活動をした看護師Aさん
転職活動の方法は、地方という事もあり、転職エージェントよりはハローワークの利用かと思いハローワークで求職活動をしました。インターネットサービスで、毎日求人をチェックしていました。メールや電話で募集内容を問い合わせ、公休を利用して病院見学や面接にも行っていました。ハローワークの求職活動の中で自分の中で設定していた待遇面の条件は、基本給の最低ラインを240000円、夜勤手当が最低1回につき10000円、賞与が年で3か月程度頂け、年収水準で400万という感じでした。仕事内容では、看護師の年齢層が40代くらいの病院、一部の看護師に業務量の負担が偏らない環境というのは条件として狙っていました。
キャリ姉
前職の退職理由を元にそれを改善できるような職場を探していたんですね。転職後の仕事内容や年収についても教えてください。
ハローワークで求職活動をした看護師Aさん
結局転職して内科療養と認知症療養の混合病棟に勤務しました。仕事内容としては患者のバイタル測定、与薬、点滴、急変時の対応、おむつ交換、汚物処理などの処置、また、前職場での経験から院内感染対策チームのメンバー、新たに褥瘡対策チームのメンバーとして院内業務が加わりました。基本的には慢性期の病院ですので、仕事内容では前の職場とは手順などに若干の違いはあるものの基本的に大きな差はありません。院内感染対策として、毎月の病棟ラウンドや院内での感染対策啓発なども仕事に含まれます。褥瘡は、同じく毎月の定期ラウンドと評価、プランの立案と実践などです。
給与・年収水準は基本給238000円、資格手当20000円、通勤手当2800円、夜勤1回につき10000円で、月4回から5回で40000円から50000円。賞与は年2回計3.2か月分。総支給は30万から31万円。年収水準は430万ちょっととなり、希望していた400万の水準を超えています。周囲の民間病院と比べても、平均的な給与待遇になったと思っています。
キャリ姉
ハローワークで転職して年収面などの希望が叶ったんですね。他に転職してよかったことはありますか?
ハローワークで求職活動をした看護師Aさん
認知症患者の看護・ケアは初めての経験でしたので、最初は暴言や問題行動の患者に戸惑いも正直ありました。しかし、前の職場と違ったのは、先輩看護師や師長からアドバイスを貰いながら、最初は焦らずに病棟の雰囲気に慣れる感じで仕事を進めていけばよいと言って頂けたことでした。看護部全体での勉強や看護研究も熱心なほうで、分からないことも気軽に相談出来る雰囲気だった事も、安心して仕事に取り組める理由になっています。感染対策、褥瘡対策の院内業務が増えた分、忙しさは前の職場より少しだけ減った程度ですが、一部の看護師に業務量の負担が増えるということはなくなっているので、これから毎日頑張ることが出来ると思っています。また、どこの職場でも看護師の人間関係がありますが、今の職場には全くないことはありませんが、そうした事も相談できる環境なので良いと思っています。
キャリ姉
今後転職したい看護師さんへメッセージを一言お願いします。
ハローワークで求職活動をした看護師Aさん
自分がどのような看護観を持って仕事をして行きたいのか、どのような科で仕事を進め勉強をして行きたいのかをしっかりイメージして求人を探して欲しいと思います。経済的動機付けとしての給与待遇面は、実際に仕事を毎日していくと、モチベーション維持の1つとしてとても大事だと実感するので、安易に妥協はしないほうが良いかなと個人的には思います。また、ハードワークも大丈夫なのか、自分自身に余裕を持った環境で仕事をして行くほうが合っているのかも考えて求人を探して欲しいです。なによりも、気になった病院へは積極的に問い合わせて病院見学をさせてもらうなど、自分の目でしっかりと雰囲気を感じて転職をして欲しいと思います。求人は多く世の中にありますが是非自分の条件にあった求人を見つけてください。ハローワークもなかなか使えると思います。