「独身で自由が利く間に、いろいろなことに挑戦してみたい」「これまでとは違った環境で働いてみたい」「これからの生き方について、地元を離れて働きながら考えてみたい」「都会の生活や職場環境に疲れきってしまった」…このような気持ちを抱きながらも、一歩踏み出すことが出来ないままもやもやしている看護師さんいませんか?生き方を変える方法は、海外留学だけではありません。日本国内でも、離島や沖縄に出てみることで、驚くほどリフレッシュできるものですよ!一度体験すると病みつきになる、離島看護師。是非トライしてみてください。

★離島の看護師求人の応募条件・種類とは?

離島といっても日本国内であることに変わりはありません。看護師免許と病棟経験2年以上(施設によっては3年以上が望ましい場合もあります)があれば応募可能なものが多いです。これまでとは違った環境に1人で飛び込んで、習慣や言葉の違いを乗り越えなくてはならない為、集団行動に必要なコミュニケーション能力が求められることは言うまでもありません。離島での募集は常勤もあり短期派遣もありますが、短期派遣の場合は就業期間は最低でも3ヶ月~6ヶ月となることが多いです。離島での看護師求人として人気が高いのは病院・介護施設の他、診療所等です。特に急性期病院では地元の新人看護師を教育するシステムがしっかりと構築されている為、離島ナース初挑戦という人でも安心して就職することが出来ます。診療所になると、都会のように、内科・整形外科・産婦人科・小児科…と診療科が細かく区別されていないところが多くなっています。つまり、1人の先生が赤ちゃんからお年寄り、妊婦さんまで診療する総合診療ということです。そのため、診療所での勤務を希望する人は、ある程度の看護師経験を積んできた人が望ましいと言えます。

★離島の看護師になるまでの流れとは?

常勤で勤務したい場合は離島にある医療機関を自分で調べて就職活動するという方法になりますが、短期派遣の場合はナースパワーなどの専門の看護師人材紹介会社を通して離島看護師求人の枠で採用してもらう方法が割とメジャーです。人材紹介会社を通した場合、面接はありません。人材紹介会社に登録する際の面接のみで、後は書類審査で採用か否かが決定します。決定したら、単身寮や家具・家電付きマンションへの入居手続きは就業先が全て行ってくれます。日常生活は不自由なく行えるような環境を用意してもらえるので、当面は身の回りの物を少し持っていくだけでOKです。もちろん引っ越しにかかる費用や赴任旅費も病院負担です。(住居費は職場ごとに違いますが、都会と比べて格安です。また赴任終了後、帰ってくる際の費用は自己負担です。)在職中の方は退職手続きも同時進行で進めることになりますが、向こうに行ってからの生活・入職に関する手続きなどは全てお任せなので、退職準備などに集中することが出来ます。

★離島の看護師求人、人間関係やお給料は?

慌ただしい都会の雰囲気とは異なり、島の人達はみんな穏やかで、本土から応援に来たスタッフを大切にしてくれます。マリンスポーツやリゾートを目的にして赴任してきたスタッフだからと言って、差別されることはありません。またお給料の面でも応援手当がつくので、月々の総額は35~40万円前後とかなり好条件なところも魅力的です。診療報酬の改定により、7:1で看護師を配置できない病院は経営が困難になるほどの深刻な財政難に陥ってしまうようになりました。離島看護師は、都会よりもさらに人手不足になっている過疎地の医療を救う貴重な人材として優遇されるのです。また応援看護師を受け入れている病院で、同じように本土から応援看護師として参加しているスタッフとの出会いもありますよ。仲間もみんな寮や職場近くのマンションで暮らしているので、困った時やホームシックにかかった時は、みんなで励まし合いながら乗り越えているとのこと。仕事を辞めて敢えて離島で働こうと思う看護師さんは、みんなすごくアクティブで前向きです。だから自然と波長が合って、週末には女子会やバーベキューで盛り上がれます。

離島の看護師求人を見つけるには?

離島看護師になりたい場合は常勤でも短期派遣でも、ナースパワーなどの専門の看護師サイトや、全国展開のサイトを通じて転職活動するのが現実的でしょう。住居のことや面接の日程調整など、1人で離島の看護師求人を探すのは困難ですのでプロと共に仕事を探しましょう。