看護学校を卒業し、看護師資格を得たものの、「結婚」「家庭事情」「進路変更」など、様々な理由から臨床未経験のまま過ごす人もいると思います。しかし、「やっぱり看護師の仕事がしたい!」と一念発起し、新たに看護師としての仕事を探し始める人もいるでしょう。看護師の求人は日々膨大な数が存在し、どんなに不景気でも就職活動は楽勝だと思っている方も多いかもしれませんが、「臨床未経験」となると少々勝手が違います。場合によっては楽勝なはずの就職活動も難航を余儀なくされるケースも多く見受けられるのが、未経験での就職活動の怖さです。今回はそんな「臨床未経験」の看護師の方に向けた転職のコツをご紹介いたします。

転職相談者M子
私は29歳の専業主婦です。大学卒業間際に妊娠・結婚したため、看護師としての就業経験がありません。子どもが大きくなってきたので、せっかく取得した看護師の資格を活かして働きたいと思っています。でも、私のような臨床未経験者でも求人があるのか、不安です。
キャリ姉
看護師の転職においては年齢制限や臨床経験必須の場合もありますが、臨床経験必須の場合、臨時職員で入職し実績を積んだ後正社員に昇格する道もあります。また、「臨床未経験歓迎」という病院もありますから、仕事がまったくないという状況はないと思いますよ。
転職相談者M子
臨床未経験でも入職できる病院もあるのですね。未経験の看護師にお勧めの職場を、具体的に教えていただけませんか?
キャリ姉
臨床未経験の看護師が新たに看護の仕事に携わるには、大きく2つのケースに分かれます。独自の研修体制が確立されている病院への転職と、殆ど医療処置を要さない福祉施設への転職です。前者の病院への転職は、多くのブランク明け、臨床未経験者採用している実績を持ち、研修のノウハウも熟知しているので、「看護師としてバリバリ働きたい!」と考えている人にお勧めです。病院への入職時期は、新年度で新卒者を迎える4月がベストでしょう。皆ゼロからのスタートですし、同期の仲間がいることで、悩みや喜びを分け合えます。また、新卒者の若いパワーを感じることで、モチベーションも高くなります。

後者の福祉施設への転職は、採血や点滴などの医療的処置に抵抗のある人向きの職場です。福祉関係の看護師の求人は臨床経験の有無を問わないものも多く、経験がなくても職に就くことは可能です。しかし福祉施設と言っても幅が広いので、確実に医療的処置を必要としない福祉施設を探すことも可能ですが、医療的処置は無くとも、利用者の方々の一般状態の観察や異変を早期に見つけだす能力を必要とされます。その点では、M子さんのように子育て経験がある方、また介護を経験されたことのある方は実体験から既に観察眼を持っているので、実生活が就職に有利に働くパターンも多々あります。

また、複数の看護師を配置している職場を選び、入職当初は先輩看護師の元で経験値を積むことをお勧めします。もし看護師の人員が自分1人だけだとしたら、万一の際の対応時に不安ですよね。そういった意味で、複数の看護師が常駐する職場を選ぶのが無難でしょう。

転職相談者M子
教育体制が整っている病院か、複数の看護師がいる福祉施設か、の二択といったところなのですね。臨床未経験でも採用される為のコツや、準備しておくことはありますか?
キャリ姉
まず、なぜ新卒で病院に就職しなかったのかを面接で聞かれる可能性は大です。その際、看護学校卒業後に異業種でどのような経験をし、どのようなキャリアを積んできたのか。また、M子さんのように結婚を機に看護師を諦めた方は、結婚・出産や育児を通して感じた事など、異業種でのキャリアや人生経験、人柄も大切な判断材料となりますから、面接時に自分をアピールできる文言を用意しておくとよいでしょう。もし、入職まで時間に余裕があるのならば、看護協会などが主催する未就業看護師を対象とした職業体験や研修会を受けておくのも採用時有利にはたらくことでしょう。
転職相談者M子
気が早い質問なのですが、もし採用されたとしても、臨床未経験だとうまく仕事ができるか、仕事についていけるかが不安なのですが…。どんな心構えが必要ですか?
キャリ姉
ブランクがあるので病棟に入った時に同年代の現役バリバリのナースにとことん鍛えられるでしょう。同学年との臨床での経験の差は当然あるものとして受け入れ、新人として一から学ぶ姿勢が大切です。新人は、新卒だろうと、ブランク明けだろうと、臨床未経験でも何ら変わりありません。最初の1年目はしんどく定時にはほとんど帰れませんし、大学病院などでは勉強会、研修が山ほどあり、プライベートの時間がほとんどもてません。ですが、1年目を乗り越えれば何とかなると考えてください。病棟ですとほとんど夜勤が必須だと思いますが、慣れない変則勤務に精神的、肉体的にもぼろぼろにならないように、体力をつけておくといいと思います。ぜひ臨床を一度経験してみてください。とてもやり甲斐のある素晴らしい仕事ですよ。

 

臨床未経験の看護師が転職を成功させるためのポイントは?

臨床未経験の看護師が転職・就職先を探す場合は、教育制度が整っている病院か、医療処置がほぼない福祉施設の2種類に大別されます。後者の福祉施設の場合でも、万一の対応のことを考えて、看護師が複数名いる施設を選ぶのがいいでしょう。応募の際は、異業種でのキャリアや、結婚・出産・介護などの人生経験をアピール材料として話せるようにまとめておきましょう。

臨床未経験者の中には、「マイナビ看護師」などの看護師転職サイトを利用して転職に成功した人が大勢います。これは、看護師転職サイトの担当者が病院内の研修体制などを熟知しており、丁寧なカウンセリングで、一人ひとりの希望や適性に合わせた求人の紹介を行っているからこその結果です。面接のアピールポイントのアドバイスなどももらえますので、「看護師の仕事にチャレンジしたいけれど、臨床未経験だから無理なのでは?」と思っているなら、諦める前に転職サイトに相談してみてください。