年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位 マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位 看護のお仕事 ランキング3位 ナース人材バンク ナース人材バンク

病院はすでに怪我や病気になった患者を治療する場所で必然的に医療行為が必要になり、働く看護師も命の現場として緊張感のある仕事をする事になります。 しかし、病院だけが看護師の職場ではなく、現代では様々な場所で看護師が必要とされています。

すでに病気や怪我をしている方をケアするのではなく、病気などを未然に防ぐという仕事をする事が出来るのが空港での看護師の仕事になります。 国際便の空港には、毎日多くの方が渡航・帰国をしており、人の往来が激しいのはご存知のとおりです。 中には海外から訪れる観光客も多く、帰国をした日本人や海外から訪れる観光客の中には危険な病原菌を持った方なども稀にいます。 そうした方々の安全を確認するというのが空港で働く看護師の仕事になり、いわゆる検疫官の仕事(エアポートナースとも呼ばれる)になります。

国家公務員として働くことになるため、収入面で安定し、多くの人が病気になる可能性を排除する事が出来るとても大切な仕事です。 医療の現場と言う環境とは程遠いかもしれませんが、人の健康を守るという意味では病院での勤務と何ら変わることはありません。

★空港での看護師の仕事と必要なスキル

空港での看護師の仕事は検疫が主だった仕事になります。 サーモグラフィーなどによるチェックや採血などによる感染症の有無の確認などを行い、旅行者や帰国者の安全を確認することになります。

空港で検疫官として働く看護師には病院での勤務とは違ったスキルが必要になります。 病院での勤務の場合、診療科ごとの知識、経験などのスキルが必要になっていましたが、検閲官として必要になるのは主に疫病などに関する知識と食品衛生法に関する知識になります。 医療に関しての知識、経験はそれほど必要なわけではなく、どちらかといえば病原菌や食品の安全に関する知識が重要になってきます。

海外からの帰国や海外旅行者の中には病原菌の蔓延している地域から来る方も多く、中には伝染病に感染した状態で国内へ入ってくる方も少なくはありません。 感染症の多くは体内に入り込んだ後に潜伏期間を置いて発症するものになりますので、国内へ入った時点では体調の異変を感じることはほとんどありません。 その状態で何かしらの感染症に感染していることを見抜くためにも感染症に関しての知識と、その法律に関しての知識が必要になります。 また、食品に関しても同様で、日本国内へ持ち込むことが困難な食品なども存在します。 それらを的確に判別するだけの知識が必要になってきます。

あと検疫官として空港で働くためには、相応の語学力も必要です。 海外からの旅行者を相手にする事も多いため、日本語だけを話せればいいということはありえません。 最低でも日常会話が出来る程度の英会話能力は必須であると言えるでしょう。 逆に臨床看護に関しての知識と経験はあまり必要ではないため、検疫官を目指すのであれば検疫官に必要なスキルに絞って勉強をする方が効率的です。

★空港で検疫官として働くための試験

検疫官になるには求人を見つけ応募が出来たとしても、病院看護師のように面接を受ければ採用不採用が決められるというわけではありません。 空港で働く検閲官は国家公務員として扱われるため、厚生労働省で行なわれる採用試験に合格をして、初めて検疫官として空港で働くことが出来るようになります。 そういった意味では、看護師の転職としては随分と敷居の高い求人であると言えるでしょう。

最新の募集では下記のような情報が厚生労働省のHPに掲載されています。給与は月給で19万程度ですので病院看護師と比べると見劣りしますが身分の安定という意味では抜群の信頼度です。

上記のように、検疫官になるためには厚生労働省の採用試験を受ける必要があります。 厚生労働省のホームページを確認すれば分かりますが、書類選考、面接と経て、レポートの提出をし、その上で合否が決定されます。 病院への転職よりも難易度が高いですから、十分に対策を講じておくことが必要です。

★検疫官以外で看護師が空港看護師(エアポートナース)として働くには

空港で働く看護師として検疫官を目指すには上記のように狭き門ですし、採用時期も限られます。「エアポートナース=空港で働く看護師」というもう少し広義の意味で捉えれば、例えば成田空港であれば日本医科大学成田国際空港クリニックなどの空港にあるクリニックで勤務するというのも1つの手段です。

日本医科大学成田国際空港クリニックは成田国際空港第2ターミナルビル地下1階にあって、一般診療や救急診療はもちろん人間ドックや歯科治療まで行っています。例えばここで働きたかったら検疫官になるための厚労省の試験を受けるというフローではなく日本医科大学系列の看護師採用に応募するという流れになります。ちなみに成田空港第1ターミナルには医療法人社団國手会空港クリニックもありますので成田空港勤務であればここも候補になります。

このようにエアポートナースとして空港併設の医療機関で勤務したい場合はマイナビ看護師看護のお仕事などの大手の転職サイトに登録しましょう。空港で働くにも常に求人があるわけでもないので、何の根拠もなく毎日サイトをチェックするのは不毛です。せめて時期がいつ頃求人が出そう・・・などの情報だけでもわかっていれば負担は少なく済みます。マイナビ看護師のような転職サイトでは、空港関係の募集情報はいち早く入って来るため登録しておけば連絡がもらえますのでオススメです。


>>累積登録者11万人の実績「看護のお仕事」<<

>>転職大手マイナビ系列!「マイナビ看護師」<<