看護師が就職や転職先を考える時、求人票に書かれた労働条件や病院に関する情報だけで決めることはできません。それらはあくまでも転職希望先を絞り込むためのものだと思った方が良いでしょう。本当にそこで働きたいか、働けるのかを決めるためには、病院を見学する事をお勧めします。病院見学は、求人票からは図り知ることができない病院内の様子をその目で確かめる絶好の機会なのは言うまでもありません。現在転職を考えている人の中には、前回の就職活動の時に病院見学をしたという方もいるでしょう。また、卒業した看護学校付属の病院に就職した人の場合は、あらたまった病院見学は未経験という方も多いかもしれません。いずれにしても新卒の場合と転職の場合では病院見学で気をつける点が少し違います。ここでは、転職時の病院見学で考慮しなくてはいけないことを考えてみます。

★転職時の病院見学はなぜ必要か?

病院見学は、病院の設備やそこで働く看護師の様子を実際に見ることで、病院のホームページや求人票では感じることができないものを実際に確かめることができます。たとえば、「アットホームで働きやすい環境」は誰しもが求める理想の職場ですが、見学に行きそこで働く人の態度や言葉遣いで、本当にそうなのかどうかが何となく分かることもあります。また、外観は立派な病院でも中に入ると整理整頓ができていなかったり、手狭なため廊下が物品置き場になっていたり、ということもあり得ます。病院見学では、そんな病院の目に見えるもの、目に見えないものを感じ取り、そこで働く自分の姿を具体的にイメージすることができるのです。

★病院見学で何を見るか?

病院見学では、病院の建物、②設備、③そこで働く人、④利用する人、そして⑤周辺環境、少なくともこの5つはしっかり見たいものです。

①の病院の建物は、新しさや古さよりも、整理整頓されており業務がしやすい作りかが重要です。特に看護師の仕事の場となる病棟では、病室の広さ、ベッドとベッドの間隔、詰所の位置と作りなど、看護師と患者にとって機能的で快適な空間になっているかどうかを見ましょう。

②の設備に関しては、呼吸器やモニター、パソコンなどは、これまでに使ったことのある機械かどうかを見て、知らない機械があれば見学後に調べておくと入職後の業務がスムースになります。

そして、一番気になるのは③のそこで働く人々の様子です。チームワークが必要な看護師にとって、職場の雰囲気は最も大切な労働条件とも言えます。実際に業務に携わる看護師たちの動き、言葉遣いから、それらを少しでも多く感じたいものです。そのためには、看護師だけでなく、一緒に働く医師や、治療を受ける患者さんの様子もしっかり観察してください。すでに臨床経験のある転職希望看護師なら分かるはずですが、医師の看護師に対する言葉使いや態度から読み取れるものはたくさんあります。また④の患者さんと医療スタッフとの関係、患者層からも病院の雰囲気や方向性を見る事ができます。

さて、病院の建物内部もしっかり確認し、看護師の業務の様子も見たうえで、さらに確認しておきたいことがあります。病院見学では、病院だけではなく、⑤のその周辺の様子もしっかり見てください。病院の寮に入る予定の人は、近くにスーパーがあるか、交通の便はどうか、治安はいいか、夜間はうるさくないか、など自分が住む事を想定して、周辺が住みやすい環境かどうかを見ておきます。また、マイカー通勤の方は駐車場の有無、通勤時の道の混雑を、公共交通機関を使う方は最寄りの駅からの距離や交通の便を確認するようにしましょう。

このように、病院見学では単に病院を見るだけではなく、物・人・環境と実に多くの物を見ることによって、様々なことを伺い知ることができます。そう考えると、病院見学なしで転職先を決めることはできなくなるでしょう。

★病院見学はこちらも見られている

病院見学は、転職希望の看護師が病院を見る側である一方、病院側からも見られている(評価されている)ということを覚えておかなくてはいけません。転職希望の場合、やはり即戦力として働ける知識と技術、経験が求められますが、病院によっては、それらは再教育や研修で補えると考えている場合もあります。ですのでそれよりも重視されるのは積極性です。そのため、病院見学では、案内してくれる人の話をよく聞きメモを取り、わからないことや聞きたい事があればどんどん質問しましょう。そのような態度は、病院に対して興味を持っていることを示し、好印象を与えます。逆に見学中に無駄話をしたり、何も質問しない人は、「やる気のない人」と思われます。

また転職者の場合、現職、または以前の職場の話はあちらから聞かれた時だけにするようにしましょう。あまり「今(前)の病院では…」を連発するのは、いい印象を持たれないことがあるからです。

★病院見学の予定の立て方・申し込み方は?

ここまでで、看護師の就職や転職の際にいかに病院見学が大切かということが分かったと思います。では、病院見学はどのように申し込めば良いのかというと、主に考えられるのは次の3つです。

①直接病院に連絡(電話またはメール)を入れ、病院見学がしたいと伝える。

②病院が定期的に行っている病院見学会に参加を申し込む。

③看護師転職サイトに、事前に病院見学がしたい旨を伝える。

病院見学会の情報は、「マイナビ看護師」などのような看護師転職支援サイトに登録することで教えてもらえます。時期的には、来春の新卒者を対象とした見学会が5月~8月に数多く開催されています。それらは転職希望者も参加できるものとそうでないものがあるので確認が必要ですが、マイナビ看護師のような看護師転職支援サイトなら、転職希望者も参加できる見学会を厳選してお知らせしてくれます。また特に見学会を設けていない病院や個人のクリニックへの見学依頼もしてもらえます。手間なく効率よく病院見学をするには、看護師転職支援サイトのサービスが便利です。また日程や地理的な理由などで何度も病院に足を運べない場合は、面接時に病院見学をさせてもらうこともできます。