年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位医療ワーカー ランキング3位レバウェル看護 レバウェル看護  

少子高齢化が進む中、介護施設の看護師求人数はもっと増えていくと予想されています。介護施設とひとことで言っても、その種類やそこでの看護業務は多岐にわたります。まずは「自分がやりたい仕事がそこにあるのか?」を良く考えてから行動に移すことが、転職を成功させられるかどうかのカギとなります。

介護施設の種類・雇用形態とは?

介護施設での求人をお探しの方が一番よく目にする求人と言えば、やはり「有料老人ホーム」でしょう。有料老人ホームとは、入居者が一時金を支払ってホームで生活し、必要な介護や看護を受けることが出来る施設のことです。特別養護老人ホームに比べると費用がかなり高額になりますが、部屋が空く順番を待つ必要がないことや、建物の清潔さ、スタッフの接遇などに重点を置いていることから人気があります。建物の清潔さや設備の充実、スタッフの接遇意識の高さについては、入居希望者だけではなく就職希望者も重要視する点となっています。その他の施設としてメジャーなのは「老人保健施設」。老人保健施設は、家庭と病院の中間施設として位置付けられているため、特別養護老人ホームなどよりも医療の必要度が高い人が入居する施設です。そのため、看護師の役割も特別養護老人ホームや有料老人ホームよりも医療行為が増えることが最大の特徴となります。あと、よく募集が掛っている介護系のお仕事と言えば、「デイサービス」です。これは入居者の健康管理をする介護施設でのお仕事とは違い、老人デイサービスセンターや有料老人ホーム・特別養護老人ホーム等に通ってきた高齢者の健康チェックがメインとなります。国が予防型の介護に重点を置く流れを受けて、最近は軽い運動を取り入れながら、引きこもり・寝たきりを予防する目的のデイサービスや、リハビリ特化型のデイサービスが注目を集めています。
これらのお仕事は正社員・パート・派遣等、全ての雇用形態で従事することが可能です。デイサービスでは空いている日だけ出勤する「単発」の形態が認められているところもありますが、事故防止のため「最低週1~2回勤務できる人」に限定している職場も増えてきています。

介護施設での1日の流れ(入居施設)

介護施設での看護師の役割は、入居者の健康管理がメインとなります。日勤帯では看護師2名、夜勤帯では看護師1名で回しているところがほとんどです。施設によって夜間帯は看護師を置かず、その代わりオンコール制(入居者に異変があった時の判断を仰ぐため、介護スタッフからの電話連絡を受けるシステム)を取り入れているところもありますが、パートや派遣で入ると夜勤やオンコールが免除になる施設が多いのが現状です。朝の申し送りが終わった後、入居者のバイタルサイン測定や入浴の可否の判断、配薬準備などを行います。入浴前後の処置も看護師の仕事となるので、介護スタッフに呼ばれて脱衣所で皮膚の観察や軟膏塗布・傷の処置等を行いに行きます。昼食前になると食前薬の配薬、経管栄養の準備もありますので、ペアの看護師と手分けして手際よく仕事をこなさなくてはなりません。体調不良者や急変があった場合、看護師が中心となって応急処置や医師への連絡などをしなくてはならないため、不測の事態に備えて余裕を持って仕事をする必要があります。勤務時間にもよりますが、勤務終了が18時という施設では夕食後の配薬までが業務の範囲となります。夜勤者への引き継ぎをしっかりして、処置や薬の飲み忘れがないようにすることは、病棟勤務に通じるところがあります。

介護施設での看護師は、病棟勤務の基礎がしっかりと身についていることが必須条件となります。応募資格として、臨床経験3年以上としている施設が多いのはそのためです。「介護施設はラク」「介護施設の看護は誰でも出来る」というのは単なるイメージで、実際はアセスメントが十分できる経験ある看護師でなければ務まりません。

介護施設での1日の流れ(デイサービス)

デイサービスでの看護師の役割は、通所介護を受ける高齢者の健康管理だけではなく、日常のコミュニケーションやレクリエーションへの参加による信頼関係づくりが重視されます。デイサービスの目的は、在宅で生活する高齢者の引きこもりや寝たきりを予防することにあるので、「デイサービスに参加することが楽しい」「予定があることで、生活に張りあいがでた」と高齢者に実感してもらえるようにスタッフが関わる必要があります。朝、送迎バスで通ってくる利用者のバイタルサイン測定・入浴の可否判断や薬の受け取り、入浴前後の処置、インスリン注射、経管栄養の実施などの業務はしっかりと行わなくてはなりません。しかし、それらの仕事を流れ作業のようにこなしているだけでは、デイサービスの看護師としては不十分です。バイタルサイン測定の時に積極的に利用者に話しかけたり、レクリエーションに参加して利用者同士の交流がスムーズにいくように働きかけたりするなどの配慮が求められます。介護スタッフが行う入浴介助は午前中に終了することがほとんどなので、昼食後の配薬が終わったら一緒にレクリエーションの準備に入ります。これらと同時進行で空き時間に記録を仕上げて、15時過ぎには送迎バスへの乗車を手伝います。送迎バスへの乗車をしない場合は、残って掃除等をして17時頃には勤務は終了です。利用者の状態によってバスに乗ることをお願いされるかもしれませんが、そういう内容もあらかじめ契約の段階で説明を受けることになります。

★介護施設のお給料ってどれくらい貰えるの?

入居系施設のお給料は病棟等と同じかそれ以上に高く設定されているところがほとんどです。ただし病棟勤務とは違って夜勤がないところもあるので、そういう施設では病棟勤務分から夜勤手当を引いた額が相場と考えて間違いないでしょう。時給では1700円~1900円のことろが多いので、パートでも病院やクリニック等とは変わりません。有料老人ホームの正社員となると、年俸450万~500万(夜勤あり)というところも珍しくはないため、「これまでの経験を活かして、好条件の職場に代わりたい」「急性期病院はしんどいけれど、お給料が安い病院には変わりたくない」と考えておられる方には最適です。デイサービスでの時給は1500円~1700円前後が相場の為、入居系施設よりも若干低く感じられるかもしれません。その分「時給は低めでも、扶養範囲で着実に稼ぎたい」と考える主婦層からは人気の案件になっています。

介護施設のメリットは?

介護施設に入居している方のほとんどは、病状が安定している人や長期療養中の人となります。そのため「毎日緊急入院が入ってくるような病院勤務に疲れた」「急変や手術後の受け入れなどがない、落ち着いた環境で仕事がしたい」と考えている看護師に人気です。お給料の面でも恵まれているし、職場では介護スタッフや入居者から頼りにされるので、やりがいも感じられるお仕事です。高齢者の増加に合わせて、将来的に介護系施設での看護師の需要は今以上に高くなるでしょう。

介護施設のデメリットは?

介護施設での看護師求人は、企業などの希少求人と比べると比較的見つけやすいことから、看護師転職支援サイトを利用せずに自分で転職活動する人が多い傾向にあります。しかしながら介護施設での看護師の離職率は病院よりもさらに高く、やっと仕事を覚えかけた頃にすぐに辞めてしまう看護師が後を絶ちません。介護施設に転職したものの長続きしなかった人にその理由を聞くと、「看護と介護がセパレートではなかった」という意見が一番目立ちます。このような問題は、転職する前からその施設の現状について情報収集出来ていれば防ぐことが出来るはずです。

介護施設への転職を希望されている方、現在働いている介護施設に不満があるという方は、一度看護師求人サイトにご相談ください。業務内容やお給料の面で、必ず満足出来るお仕事が見つかりますよ。