Author

キャリ姉

病院別・診療科別

ICU病棟の看護師の業務で必要な知識と技術は?転職するメリット・デメリットは?

1.ICU病棟ってどんな病棟?

ICUは集中治療室の略称で内科系、外科系を問わず集中的に治療看護を行う場所です。ICUは元々の疾患の治療をするために設けられた施設ではなく、疾患の治療を進める過程で病状が悪化した際に一時的に患者を収容するためのものであり、集中治療の結果、生命危機を脱したら患者は元にいた病棟に戻っていくこととなります。救急搬送されてきた人や手術直後の人の他、急性膵炎等の内科系疾患でも24時間にわたって高度な管理・看護が必要な場合はICUに入室します。最近は一般病棟でも24時間重症者を監視するシステムや医療機器が普及しているので、術直後やその他の重症患者でも病棟管理することが可能なケースも増えてきています。ここではICUの看護師業務について解説します。

Read more

美容皮膚科の看護師
病院別・診療科別

美容皮膚科の看護師は病院看護師はどう違う?仕事内容や転職するメリット・デメリットなど解説

1.美容皮膚科の看護師の仕事内容・待遇は?

一般病院と美容皮膚科では来院する患者さんのニーズが全く異なり、一般病院の患者さんは「健康面で何らかの支障をきたしている人」ですが、美容皮膚科の患者さんは「健康面での支障はないけれど、見た目を美しくすることでより自分らしく生きて行きたいと考えている人」です。なので、美容皮膚科の看護師は、看護師として一般病院と同じ感覚でお仕事をしているだけでは、患者さんに満足感を与えることが出来ません。もちろん一般病院と美容皮膚科では提供されている医療の種類も違っていて、一般病院で行われている医療は一般診療と呼ばれ、保険適応となりますが(一部を除く)、美容皮膚科では自由診療となり、価格設定もクリニックによって随分違ってきます(※診療内容はボトックス・ヒアルロン酸・シミ取りレーザーなど様々)。

自由診療を求める患者さんは一般の保険治療の患者さんと異なり「自費で受ける医療なんだから、自分の意見もどんどん言いたい」「接遇マナーや設備の清潔さ等も料金のうち」と考える人が多いです。「患者さん」というより「お客様」という感覚が近いかもしれません。また、一般病院では最低限の身だしなみや言葉遣い以上のことを求められることはまずありませんが、美容皮膚科の仕事は接客の要素が強いため、身だしなみや態度や言動が患者さんに与える影響を考慮しながら行動できる人でなければ務まらないので、自分の美容面にも注意を払える人が望ましいです。ここでは美容皮膚科の看護師について詳しく解説していきますが、美容皮膚科は美容外科のような外科的処置がなく、点滴やレーザー治療などの介助が中心となるため、ゆったりとお仕事をしたいという方にはお勧めです。美容皮膚科へ転職を検討している看護師さんはぜひご参考下さい。
Read more

転職お役立ち

看護師のキャリアプラン徹底解説!管理職、スペシャリスト、ジェネラリストなど

1.一般企業と医療職におけるキャリア形成の違い

「キャリア形成」という言葉は、一般企業の会社員と同じく看護師の仕事においても重要なキーワードです。医療従事者は看護師も含めて競争社会の中で仕事をしておらず、比較的閉鎖的な社会で仕事をしています。そのため「キャリア形成」や「昇格」などに対して消極的であり、役職に就くことなく定年を迎える看護師も少なくありません。ですが一方で、看護師もキャリアによっては給与や待遇、定年後の働き方さえも変わってくるという事実もあり、「キャリア形成は積極的に考えていこう」という看護師が増えてきている現状もあります。転職理由に「キャリア形成」を挙げる看護師もいて、資格取得などに支援、補助をしてくれる医療機関への転職を希望する看護師もいます。ここでは看護師のキャリアプランを解説しますので、是非この記事を読んでどのような看護師人生を今後過ごすか、考えるきっかけにして下さい。
Read more

病院別・診療科別

呼吸器科の看護師を徹底解説!仕事内容・給料・転職するメリット・デメリットなど

1.高齢化で患者数が急増!ニーズが高まる呼吸器科

超高齢化社会ともいわれる現在の日本ですが、呼吸器系の疾患を抱える患者数も急増しています。例えば慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの病気は「肺の生活習慣病」とも言われ、看護師の生活指導や看護が重要です。COPD以外にも呼吸器系の患者は増えていて、実際に呼吸器科専門病院は新設ラッシュが続いているような状況です。呼吸器科では新しい看護師の力を必要としている現場がたくさんあり、今こそ呼吸器科へ転職する絶好のチャンスかもしれません。ここでは呼吸器科の看護師について解説します。
Read more

病院・クリニック以外

デイサービス看護師の仕事内容は?転職するメリット・デメリットなども解説!

1.デイサービスで働く看護師の特徴は?

看護師の勤務先として最初に思い浮かぶのは、専門的な知識が必要な大きな病院でしょうか?それとも地域に密着したクリニックなどでしょうか?いずれにしても、きっと医療機関が頭に浮かぶでしょう。コチラの記事にもありますが、看護師の約69%の人が病院に勤務していてクリニックも併せると約85%になります。一方で介護系の施設で働く人の割合は10%程度であることが分かります。つまり、ほんとんどの人が医療系の職場を選んでいるということですが、ここでは看護師の職場としては少数派である「介護系」の職場の中で、「デイサービス」についてご紹介します。
Read more

精神科病院への看護師転職
病院別・診療科別

精神科病院の看護師を徹底解説!仕事内容や給料、転職するメリット・デメリット等

1.精神科病院の看護師の仕事内容、1日のスケジュール

「残業や夜勤がキツくて看護師を辞めたい」と体力面の悩みを抱える看護師は多いです。そんな方にお勧めの1つが「精神科病院」です。精神科病院で勤務すれば、プライベートと仕事の両方を充実させやすくなります。「楽な勤務は給料が安いのでは?」という給与面の心配もあると思いますので、ここでは給料や仕事内容の話はもちろん、看護師が精神科病院に転職したらライフスタイルがどう変わるのかなど精神科病院の看護師について詳しく解説します。
Read more

看護師のUターン転職・Iターン転職
転職お役立ち

田舎・地方都市の生活は幸せ?看護師のUターン転職・Iターン転職のコツ

1.Uターン転職・Iターン転職とは?それぞれの理由ランキングは?

まずは簡単に用語の説明をしておきます。「Uターン」とは、学生時代や若い頃は地元を離れて都会で生活していたが、生まれ育った出身地に戻って仕事をするケースを指します。例えば、地方から都心部の大学に入学し都内の病院で勤務したが、転職して出身地に戻ったら「看護師のUターン転職」となります。Iターン」とは、人口還流現象の一つの表現で、実家などがある出身地とは異なる地方に移住するということです。例えば東京出身で東京で看護師をやっていた人が福岡へ移住して転職したら「看護師のIターン転職」となります。

Read more

新人看護師

第二新卒の看護師の転職事情は?新人看護師の悩みや転職体験談などを紹介

1.第二新卒で転職したい看護師に多い理由

看護師を目指す理由として、「一生続けられる仕事だから」「資格があれば仕事には困らないから」…等の理由を挙げる人がたくさんいます。また、「看護師は他の仕事と違って、職場が選び放題だから羨ましい」「辞めても、次の職場を見つけるのは簡単なんでしょう?」なんて言われた経験がある看護師さんも多いのではないでしょうか。でも、現実はそう上手くいきません。特に、就職してから3年目を迎える前に退職してしまう看護師がとても多いという事実が、それを物語っています。3年目以内の転職はいわゆる「第二新卒(新卒から1-3年目の再就職)」という求人マーケットになります。ここでは第二新卒の看護師の転職事情について詳しく解説します。
Read more

病院から訪問看護師へ転職
病院・クリニック以外

時代は訪問看護!?病院看護師から訪問看護師へ転職する魅力

1.訪問看護師はキャリアのある看護師が多い

国家試験に合格し、晴れて看護師となってからの「新卒での就職先」は、先輩看護師の就職先を見ると大半が病院やクリニックです(参照:看護師の勤務先の分類)。ですが昨今の診療報酬の動向等を見ると、病院看護から在宅看護へと医療の流れが変わっている傾向もあり、訪問看護の仕事も注目されてきています。求人としても訪問看護師は今募集が多く、狙い目の求人でもあります。ここでは訪問看護師について解説します。病院看護師から訪問看護師へ転職するメリットなどにも言及しますのでご参考下さい。

Read more

Close