年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位看護roo! ランキング3位ナース人材バンク ナース人材バンク  

神奈川から地元青森へ戻り転職した若手看護師へインタビュー!

地元青森の求人に採用された看護師Aさん
性別女性
年齢(青森へIターン転職した当時)24歳
転職前の職場市民病院脳神経外科看護部・神奈川・2交代勤務
転職後の職場日赤病院呼吸器科看護部・青森県・3交代勤務
使った転職エージェントマイナビ看護師
転職理由職場の理不尽さに嫌気がさした。

キャリ姉
転職で神奈川から地元青森へ戻られたんですね。神奈川での市民病院脳神経外科の業務や年収面など聞かせて下さい。
地元青森の求人に採用された看護師Aさん
前職の仕事内容からお伝えしますね。私は地元青森から首都圏へ就職活動を行い脳神経外科病棟に勤務しました。脳卒中患者が入院することが多い病棟でした。脳卒中は脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血の3疾患です。急性期では脳卒中の再発予防で、回復期やリハビリ期では生活の再構築が主となります。前職では特に急性期の病院であったため、再発予防が主となります。1時間おきに血圧管理や神経学などの細やかな観察が重要となり、患者につきっきりになります。重症の患者だけでなく、脳卒中によって障害が残り寝たきりの患者もいるため、食事介助やおむつ交換、入浴介助など生活の援助も合わせて行わないといけません。他の診療科と比べると、麻痺などで動けなくなり日常生活の援助が必要な患者が多く、業務は多忙でした。
次に給料・年収水準についてですが前職では市民病院の脳神経外科だったので、夜勤手当や交通手当などの福利厚生もしっかりあり、基本給は地元の同僚より高く、手取りで28万円程度でした。さらにボーナスは年2回で、1回のボーナスでは2、2ヶ月分/回もらっており、年収でいうと550万程度でした。
キャリ姉
新卒間もなくて年収550万というのはおっしゃるとおり年収水準としては高いですね。そんな高年収の職場を辞めて青森に変えられた理由は何だったのでしょうか?
地元青森の求人に採用された看護師Aさん
私の1番の退職理由は職場の理不尽さでした。特に師長やお局スタッフによる言いがかりや責任転換がひどい環境でした。どこの病院もそうですが、とにかく病棟に長くいるスタッフの意見が強く、そのスタッフから気に入られないとすぐにいじめられてしまいます。「なんでそんなこともできないの?あんたのせいだからね?」など毎日言われ、帰宅するのも毎日21時を過ぎていました。私が起こしていないインシデントも責任転嫁されたりと理不尽な環境でした。ただでさえ看護師は仕事が大変なのに、職場の環境も悪く、私だけでなく同僚の若いスタッフや新人はすぐに辞めていくような感じでした。私も肉体的にも精神的にも辛く、気持ち的に続けることができないと思い転職することを決意しました。今となっては転職してよかったと思っています。転職先として青森へ帰ろうと思ったのは単純に地元愛が強いからです。都会も合わなかったのかもしれません。
キャリ姉
地元青森へ帰るにあたりどのように求人情報などを収集しましたか?転職活動の方法などを教えて下さい。またもし求人探しの条件などもあったのであれば教えて下さい。
地元青森の求人に採用された看護師Aさん
転職活動の方法はマイナビ看護師など大手の看護転職サイトを使用したり、地元の友人に病院の様子を聞きながら転職先を決めていました。転職にあたり狙っていた条件としては、青森に戻るということ以外では急性期医療に携わりたいということです。私は急性期医療が好きで、地元の病院は都会と比べ急性期病院が少なく、私の希望するエリアでは3カ所しかなかったので、その3カ所の病院に絞って病院の情報を集めました。ただ、田舎の病院だったため転職サイトで調べても有益な情報があまりなく、実際にその病院で働いている友人から直接病院の情報など聞くといった就職活動をしていました。最終的に2カ所の病院を考えていましたが、人間関係の良し悪しで現在の日赤病院の呼吸器科に決めました。
キャリ姉
青森だとたしかに転職サイトよりも口コミの方がリアルな情報が届くのかもしれないですね。転職して年収や仕事内容はどう変化しましたか?
地元青森の求人に採用された看護師Aさん
給料・年収について、基本給は就職した時点で約23万、年に5千円ずつ基本給がアップしていくというシステムでした。夜勤や交通費などもあり、手取りで約25万でした。また、年2回のボーナスがあり、1.8ヶ月/回の支給で、年収でいうと前の病院より50万程度減りました。ただ、田舎で物の値段も安いため、神奈川にいた時よりはお金の支出は減って少し貯金できるようになりました。
仕事内容としては現在は呼吸器科に勤務しています。肺がんやCOPD、肺炎などの疾患の患者が多く入院しています。私の病院では、肺がんの検査から放射線治療や抗がん剤治療を行なっています。ただ、肺がんが見つかった時にはすでに進行している状態も多く、抗がん剤などの治療ができない状態にある患者では緩和治療に移行し、療養のサポートや家族とのやりとりなどを行い、患者や家族が満足できるような終末期を送れるように支援しています。また、肺炎やCOPDでは呼吸の悪化により人工呼吸器が必要となったり、患者の急変など1分1秒を争うような環境にあり、急性期医療や終末期医療など多岐にわたるケアが必要な環境です。
キャリ姉
転職先の病院では年収がダウンしたようですがやりがいは感じられていそうですね。転職してよかった点と悪かった点を聞かせて下さい。
地元青森の求人に採用された看護師Aさん
1番目によかったと思うことは、人間関係がよいということです。地元の病院であり、知っている看護師も多く私自身、精神的に病むことがなくなったということです。都会に憧れて就職してみたものの、神奈川では友人もおらず親ともほとんど会うことがない環境でした。誰に話ができるでもなく、ただ1人で抱え込んでしまい、精神的に辛い日々を送っていました。それが今ではなくなりました。
2番目に、自分自身でやりたい分野が選べたということです。前の病院では、有無を言わさず脳外科に配属でした。今の職場では配属先を選択し、自分のやりたいことがきちんとできる環境でした。とても満足しています。
悪かったこととしては田舎の病院なのでしょうがないと思いますが、医療施設・設備の格差が気になります。物の少なさや、使いまわし、古い機材など病院自体のシステムや物品の違いに違和感をおぼえました。まだこんなの使っているの?と思ってしまう物もありました・・・。
あと、神奈川のころは都会だったためお店も多く、仕事以外は楽しく暮らせていましたが、地元に戻ったら買い物をするところも限られており遊ぶところもあまりないという点もマイナスかもしれないです。
キャリ姉
最後に同じように悩みを持つ若手看護師や新人看護師の方へメッセージを!
地元青森の求人に採用された看護師Aさん
看護師は離職率も高く、なかなか続けられる仕事ではないと思います。私の経験では入職して1週間で辞めていった新人やうつ病の診断で仕事復帰できず辞めていった同僚もいます。また、辞めたいのに辞められない人や、職場に合わなく辛い日々を毎日過ごしている人もいると思います。看護師の資格をせっかく取得したので、病院に限らず自分にあう病院やクリニック、施設などを探し、勇気を持って転職する方が自分自身のためになります。辛い日々を送っている看護師のみなさん、転職サイトや就職説明会、知人を通してなど手段は色々あります。”辞める”一歩を踏み出して見てはいかがですか。私は年収は下がり給料面の不満もありますが総合的に考えると転職は成功でした。お金や給料最優先よりも人間関係や働きやすさを優先した方が給料以上のメリットがあると思います!