年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位看護roo! ランキング3位ナース人材バンク ナース人材バンク  

パワハラに限界で退職!職場環境の改善を求めて転職した新人看護師!

パワハラ事例で転職した新人看護師Aさん
性別女性
年齢(パワハラが原因で退職した当時)23歳
転職前の職場私立産婦人科専門病院・静岡県・二交代勤務(日勤・夜勤、週休1日制)
転職後の職場国立病院機構・滋賀県・二交代制(日勤・夜勤、週休2日制)
使った転職エージェントマイナビ看護師
転職理由プリセプターからのパワハラ

 

キャリ姉
「新人看護師Aさん」はパワハラが原因で前職を退職・そして転職されたんですね。まずは前職の私立産婦人科専門病院について業務や待遇など簡単に教えて下さい。

パワハラ事例で転職した新人看護師Aさん
私は看護師・助産師資格を有しておりましたので、前職では保健師助産師看護師法に基づく産婦人科病院においての業務を行っていました。新卒だったのでプリセプターとともに業務を遂行していくというもので、一人でできることを増やしていくという感じでした。給料ですが、初任給は基本給18万円、資格手当4万円だったかと思います。加えて新卒の4月から残業がある状況で毎日3時間から4時間程度の残業がありましたので、一日辺り平均して3千円から4千円の残業代で、20日間として残業代として6万円程度はもらっていました。初任給としての給料は、基本給18万円、資格手当4万円、残業手当6万円の合計28万円で、社会保険料と税金を引いて手取り24万円という感じでした。夜勤は5月から始まり新卒・5月からの給料は夜勤手当3万円が追加されるような感じでした。
キャリ姉
ありがとうございます。そんな前職でパワハラを受けたということですがパワハラ事例の内容を具体的に教えて欲しいです。
パワハラ事例で転職した新人看護師Aさん
私だけではないんですが職場全体で度重なるパワハラ事例が横行していました。例えばですが、新人4人をプリセプター4人で指導してもらっていましたが、新人4人をお互い比べるような「ライバル視を超える敵視」をさせるようにしていました。「◯◯が出来ないことを責めてあげてください」とプリセプターに言われたり「◯◯さんが出来るようになるまで普通に接することは禁止ですよ」と言われたり少し異常でした。そして、出来ないことやミスが発生すると、プリセプターとは異なる先輩たちに『お仕置き部屋』に呼ばれ、夜勤の残業終わりの大体11時から1時間2時間程度執拗に仕事のことを責められ、その後プライベートなことまで関与してモラハラ・セクハラなことを言われました。極め付けは、ミスの責任を押し付けられたことです。実際やってないミスを責められ、「私ではない」と言うと言い訳だといって怒られました。出勤していない日に起きたインシデントを私のせいにされたということもありました。以上の事例は、師長は全て認知しておりましたが、暗黙の了解と言う感じで黙って見て見ぬフリを続けていました。パワハラが多いというレベルではなく「横行」していたと思います。結果的にパワハラが多いという理由で退職に至りました。
キャリ姉
パワハラ事例の中でも相当悪質に感じますね。そこから転職活動を経て今に至るかと思うのですが具体的にどのように転職活動を進めたかについて教えて下さい。
パワハラ事例で転職した新人看護師Aさん
新卒では上記のパワハラ病院(静岡県)に就職しましたが、転職にあたっては実家に帰る形を取ろうと思い滋賀県での転職を試みました。地元の友人・知人に再就職する病院の口コミを聞いて回ったり、ネット上の病院の口コミを見たり、マイナビ看護師のコンサルタントから情報を聞いたりしていろんな病院を調べました。その中で人間関係が良く、後輩育成をしっかりしてくれる病院を探しました。たくさんの病院資料を集め、新卒育成がしっかりされている病院を自分で結論づけて転職しました。
キャリ姉
転職先は滋賀県内の国立病院機構とのことですがパワハラ問題は解決されましたか?また具体的にどのように仕事内容を担当していますか?
パワハラ事例で転職した新人看護師Aさん
はい、パワハラ問題は解決できました。マイナビ看護師などで熱心に情報収集した甲斐がありました。前職では、イジメともいえるパワハラを受け、自分自身が生きている感覚が失う程でした。その中で転職をして、今は指導していただける有り難さを感じ、前向きに業務に就くことができています。人と人の温かみを知り、プリセプターという存在が職場によって全く異なということを痛感しました。今の職場のプリセプターは知識だけでなく実技練習にまで付き添ってくれて、出来るようになるまでしっかりと面倒をみてくれますのでとてもありがたいです。前職の人間関係は相互に悪口を言い合い、プリセプター同士で悪口の言い合いが繰り広げられていたような状態でしたが、現職では悪口なんてものはなく、体調や調子を互いに気遣い合って無理をしているようなら師長等に進言しあっていて、とても人間関係においても仲の良い職場です。
仕事内容としては保健師助産師看護師法に基づく助産師・看護師業務です。前職と同じ仕事内容ですが、状況は全く異なり、ミスが起こらないように先輩にしっかりと付き添ってもらいながら仕事ができています。
キャリ姉
最後に同じようにパワハラなどに悩み転職を検討している看護師の方へメッセージを!
パワハラ事例で転職した新人看護師Aさん
実は私は今回の転職で給料が落ちました。転職後は基本給:18万円、資格手当:2万円、夜勤をするにあたり夜勤(17:00-09:00勤務)一回¥8640で月4回で夜勤手当として34560円、その他残業手当などがあり大体の合計固定月収として、26万円程度で社会保険料金・税金を抜くと合計21万5000円程度です。ですが、私にとって賃金よりも職場環境の良さと人間関係の良さが一番大事だったので今は全く後悔していません。
私は今回の転職を通して「転職に悩んだら、何が一番つらいのか考えるのが大事」と痛感しました。賃金が安くて悩んでいるのであれば、どんな職場でも覚悟があってどんな人間関係であっても耐え抜く自信があるのなら是非転職するべきだと思います。逆に、賃金などではなく、人間関係や休日の数で悩んでいるのであれば、賃金が下がっても労働環境のいいところに思い切って転職すべきだと思いました。転職先でも何があるかわからないのが人生です。しかし、思い切って行動を起こすことによって幸せな人生があることもあります。私がそうでした。もし、「パワハラが多いな・・・」「新人へのいじめがすごいな・・・」「給料の多いところに行きたいな・・・」、何かに悩んでいるのなら自分で納得の行くまで調べて、思い切って新しい世界に一歩踏み出してみることも良いと思います。