看護師の中は常勤正社員や非常勤アルバイトで働く人以外にも短期バイト(1週間単位とか1か月単位とか)で稼ぐ人や、単発(1日)バイトで稼ぐ人もいます。ここでは看護師の短期バイト・単発(1日)バイトについて紹介します。

★看護師の短期バイトにはどんなものがある?

1日単位の仕事をいくつか兼務するのもいいけれど、短期間でもう少しまとまった収入が欲しい看護師には短期バイト(1週間単位とか1か月単位とか)は人気です。短期バイトの場合は基本的には派遣に強い求人サイトに登録する人が多いです。例えば、スーパーナースのサイトには求人検索項目の中に「短期」という項目があります。

実際にどういう求人が出ているかというと例えば①埼玉県所沢市の一般病棟で勤務期間は3ヶ月以内or3~6ヶ月以内、時給2000円で勤務日数は週3日/週4日/週5日以上で相談という求人や、②埼玉県上尾市のデイサービスで勤務期間は同じく3ヶ月以内or3~6ヶ月以内、時給2000円で勤務日数は週5日以上という求人などがあります。出ている求人を見ると、勤務期間は2~3日間から半年間、および1年単位のものまで幅広いです。勤務期間は職場によってまちまちですので、その都度、自分の都合に合わせて選択するとよいでしょう。

仕事内容でいえば、病棟や外来では、1ヶ月~半年間の期間で正職員と同じような業務をこなさなければならない仕事もありますし、一方で添乗看護師などは4泊5日の修学旅行や1泊2日のスポーツ合宿に添乗したりするものもあります。小児科クリニックや皮膚科クリニック、そして健診業務は、1年の中でも繁忙期がありますので、それぞれ忙しい時期の3~4か月の期間だけ募集しているケースもあるようです。

待遇面も様々です。時給制・日給制・月給制などがあり、支払方法も期間終了後即日支払のところもあれば、翌月支払いのところもあります。時給相場は2,000円前後、日給では15,000円前後のところが多いですから、短期間であってもある程度まとまった期間働くと、その分収入も多くなります。スーパーナースの中で日給3万7050円という求人も出ていますが、こういう数字が大きいものは夜勤専従が多いです。例えば日給3万7050円の求人内容は東京世田谷区の有料老人ホーム(夜勤専従)で月八回以上勤務というのが条件になっています。また金銭面でいうと、時給は高額でも社会保険は自分で支払う必要があるケースもありますし、何かあった時の保障は全くないケースもあります。賞与や退職金のないところが大半であるのも注意が必要です。予め派遣会社に相談して確かめておく方が良いでしょう。

1日単位の仕事とは違い、短期バイトの場合はある程度職場の雰囲気に馴染んで人間関係もうまくやっていく必要があります。また、仕事の流れや方針がよく分からないままいきなり働かなければならない場合があったり、正職員と同様の仕事を任される時もありますから、自分の業務をその場で素早く理解して働くことが求められます。中には、一定のスキルや経験、そして資格を必要とする求人もあるため、応募する際には十分注意して下さい。自分の適性を考え、何の目的のために短期間働きたいのかを明確にして応募することをお勧めします。

 

★看護師の単発(1日)バイトの特徴は?

続いて単発(1日)バイトについてです。こちらもスーパーナースのサイトで検索可能です。求人検索項目の中に「1日のみ(単発)」という項目があります。

1日単位の仕事は、長期の人間関係も不要ですし、デメリットよりメリットを感じやすいという気がします。1日単位の仕事は、また看護師の人材不足の背景もあり、求人数が年々増加傾向にあり、職場も多岐にわたります。選択の幅がずいぶん広がりましたので、仕事復帰を今ひとつ躊躇されている方やもう少し稼ぎたい方などは大いに活用する価値があると思います。求人を検索してみるとわかりますが介護老人保健施設やデイサービスなど病院やクリニック以外の職場が多いというのが現状です。

単発(1日)バイトで働くメリットを考えると「ブランク明けの方には復職へのステップとなる」というのはあると思います。ブランク明けの方は、いきなり病院やクリニックへ復職するよりも単発の仕事から始め、徐々に看護師業務の勘を取り戻すことにより、正職員への選択肢が広がります。また、ブランクがあると人間関係に敏感に反応して苦痛を感じやすいものです。1日単位のの仕事は、たとえ苦手な人がいたとしても、ほとんどがその場限りなので割り切って仕事をすることが可能です。人間関係に振り回されることがなく楽ですね。特に、ブランクが長い方ほど、効率が良くて精神的に負担の少ない仕事復帰の第一ステップとなるでしょう。

また、他のメリットとしては「隙間時間を活用できることとダブルワーク可能である点」があるでしょう。例えば、ローンがある方や子供の卒業や入学が重なった方などは、「今月、あともう少しお金が欲しい・・」と思うときがあります。そんな時に即日払いの単発の仕事をいくつか掛け持つだけで結構まとまった額のお金を得ることができます。また、デイサービスのパート勤務をしながら、空いた時間に夜間や土日休日の単発バイトをすることで収入が増えます。病院やクリニックで正職員として勤務していても、その職場が副業OKの職場であれば、夜勤明けや休日など隙間時間に単発バイトが可能です。その際、自分の都合が良ければ、そして時間管理がしっかりできる方ならば、さらに単発バイトをいくつも掛け持ちできるわけですから、活用しない手はありません。即日払いのところがほとんどで時給1,500~2000円が平均ですが、職種によっては3,000円のところもあります。

<看護師の単発(1日)バイトの例>

・訪問入浴-即日払いとなるところがほとんどで、1回/月勤務から長期間まで可能。
・添乗看護師-ツアーナースとして日帰り旅行や野外活動に添乗、イベント会場にて救護待機、
・健診-保険組合員向けの健診より学校健診の方が健診項目が少なくて仕事が楽

 

単発業務では、即対応できる知識や行動力が必要とされますので、新人や臨床経験が浅い方は採用されにくい傾向があります。また、安定した収入にはなりませんし、継続して勤務したい方には向かないと思いますので、単発仕事の特徴をよく調べた上で応募されるとよいでしょう。