年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位看護roo! ランキング3位ナース人材バンク ナース人材バンク  

元は総合病院勤務で看護学生の指導責任者!転職して個人経営の脳外科のクリニックへ!

個人経営の脳外科のクリニックに転職した看護師Aさん
性別女性
年齢(脳外科クリニックに転職した当時)30歳
転職前の職場愛知県の私立の総合病院・日勤・看護学生専門指導責任者
転職後の職場個人経営の脳外科のクリニック・岐阜県・日勤
使った転職エージェントマイナビ看護師
転職理由結婚による退職

キャリ姉
まずは前職の仕事内容や給料の話を教えて下さい。
個人経営の脳外科のクリニックに転職した看護師Aさん
前職は総合病院の病棟勤務で、日勤のみの勤務でしたが、私は看護学生の指導責任者であったため、1年生から3年生までの実習要綱全てに目を通し、その学年や実習内容に合わせてその都度指導計画を考えておりました。考えた実習指導計画をもとに、師長・主任とともに病棟スタッフの協力を得ながら、看護学生の指導を行ってまいりました。3年生の領域別実習の際には、病棟独自での臨床講義を行わなくてはならず、医師にもお願いしたりする場合もありましたが、多忙で医師による臨床講義が行えない場合も多く、そのような場合には、自分で講義資料を作成し、学生に臨床講義を行いました。毎月1回必ず、各セクションごとの実習指導者が会議で集まり、進捗状況の報告や改善点なども話し合いました。学生指導がスタッフにも周知できるよう、病棟に置いてある実習マニュアルを改善し、スタッフに協力が得やすいように業務改善も行っておりました。
日勤のみの勤務で給料は、手取りで23万円程度年収としては300万円程度であったと思います。
キャリ姉
看護学生の指導責任者とはまたレアな立場でしたね。前職を辞めて今の脳外科クリニックに転職しようと思ったのはどういう理由ですか?
個人経営の脳外科のクリニックに転職した看護師Aさん
私の転職理由は、結婚による退職でした。結婚後もそのまま通勤することは不可能ではなかったのですが、今まで仕事一筋で生活してきたこともあり、結婚した後には、少しゆっくりと生活したいと考えたことがきっかけでした。また、勤務していた病院は特に忙しく、結婚後に今まで通り仕事を続けていくのは困難だと感じたためです。仕事をしつつ、家事や育児を行っている先輩にも相談しましたが、親などの協力がないと大変だと教えてもらいました。主人にも相談しましたが、私の意見を受け入れてくれたので、退職する決意をしました。病棟勤務が嫌になったわけではなく、むしろ大好きな仕事であったので、少し寂しい気もしましたが、自分の生活の為には決断してよかったと感じております。
キャリ姉
なるほど。転職エージェントは使われましたか?転職ではどういう条件で転職を狙っていましたか?
個人経営の脳外科のクリニックに転職した看護師Aさん
転職活動を始めるにあたり、マイナビ看護師に登録しました。マイナビ看護師では、担当者に自分の希望を伝えて、さまざまな病院やクリニックを紹介してもらい、その中から自分で選択していくつか面接させていただきました。自分がどの方向で仕事をしたいのかを明確にするために、支社までうかがって、詳しく話を聞かせてもらうこともできました。
転職にあたり狙っていた条件としては、仕事をするうえで、ライフワークバランスが保てる職場を希望しました。以前の職場と同様に残業も多く、多忙な職場であると、転職する意味が無くなると考えていたので、自分の生活も大切にできるような、時間が作れる職場を紹介していただきました。
キャリ姉
マイナビ看護師を通してしっかり自分の条件を提示できたんですね。転職先が個人経営の脳外科のクリニックということですが仕事内容や給料はどうですか?
個人経営の脳外科のクリニックに転職した看護師Aさん
転職先は脳外科だけでなく、整形外科や内科・外科もあるのでとてもさまざまな症例を見ることができるクリニックです。検査はMRIがあり、頭部MRIだけでなく腰や肩などのMRIもあり、毎日勉強できる環境があります。クリニックには、柔道整復師が在中しており、リハビリ患者さんも多く来院されます。看護師としては、リハビリ患者さんには機械で行うリハビリ程度の関りしかありません。しかし、点滴や体調不良等リハビリに来ている患者さんでも常連さんが多いので、毎日何かしらリハビリ患者さんと話をしている感じです。夏には熱中症が多く来院されますし、高血圧・糖尿病など、慢性疾患の患者さんへの指導適宜行い、患者さんの理解度の確認などは、病棟勤務時代と同じように行っています。
基本給は、25万円、そこに残業代が含まれるので、手取りで26万円程度です。残業は毎日1時間程度、多いともう少しありますが、病棟勤務時代と比べるとはるかに少ないので、自分の時間は確保できています。
キャリ姉
転職してある程度のワークライフバランスは整ったんですね。今回転職を決意して「よかったこと」と「悪かったこと」を教えて下さい。
個人経営の脳外科のクリニックに転職した看護師Aさん
よかったことは、まず、何よりも自分の時間を作れるようになったことです。結婚していろいろとやらなくてはならないことも増えましたが、前の職場のように仕事中はバタバタと走り回る、残業で買えるのも遅いとなると、帰宅後は何もしたくない日がほとんどでした。しかし、転職後には家事などやらなくてはいけないことはあっても、早く帰宅できるし、中抜けの時間で家事ができたり、昼寝する時間もあるので、気分転換になったり身体を休めることもできるようになりました。病棟勤務時代と比べると、少し太りましたが、健康的な感じになったので、自分の体調も良くて快適な毎日を過ごすことが出来ています。
また、病棟勤務時代は、病棟の対応している疾患の患者さんが多く入院していましたが、クリニックだとさまざまな疾患の患者さんが来院されますし、生活背景などの違いもはっきりと分かるので、症例を見るのも楽しいですし、患者指導にもやりがいを感じます。
悪かったこととしては患者指導を行う際には、入院患者さんだとその都度理解度の確認を行うことができますが、外来患者さんでは指導した内容を理解出来ているのか、すぐには確認できないため、次回外来受診までの日にちが空く場合、間違っていると修正するのに大変なことです。
キャリ姉
これから転職したい看護師さんへメッセージを!
個人経営の脳外科のクリニックに転職した看護師Aさん
転職するには、かなりのエネルギーが必要です。私も脳外科クリニックへの転職では相当疲れました。転職活動だけでなく、活動後に実際に就職し仕事を覚えるまでその大変さは続きます。でも、私は実際に脳外科クリニックへ転職してみて自分や家族の時間を作ることもできましたし、新しく疾患などについて勉強することも出来ています。まだまだ覚えることや勉強することは多く、医師や先輩看護師から教えてもらうこともたくさんありますが、病棟勤務時代とは違う新しい発見が毎日あるので、とても楽しく充実した日々を過ごしております。転職活動は大変ですが、自分の夢などを実現するためにも頑張ってください。私は今の脳外科クリニックで満足しています。