看護師は病院で働くことが多いので、怪我や病気のために入院している患者の看護がメインの業務と考えていてもおかしくはありません。しかし、それだけが病院での看護師の仕事、というわけではありません。怪我や病気が治った後にきちんと社会復帰をする事が出来るようにリハビリを行う事も病院の使命であり、そこで働く看護師の業務でもあります。

リハビリテーション科は病状の回復に伴って、社会復帰するためにリハビリを行なう患者が集まる診療科になります。<spanstyle=”text-decoration:underline;”>治療が目的ではなく、衰えた肉体機能の回復を行なう事が目的となり、専門のスタッフが独自の知識と技術を活かして働く現場になります。看護師もそうしたスタッフの一員で、リハビリテーション科の看護師の業務としては、リハビリを行なう患者への具体的な指導、そして、退院後の生活に必要な指導や家族への指導などがあります。

昨今では一人暮らしをしている患者も多く、リハビリをしているとは言え、日常生活を問題なく送ることが出来るにはまだまだ不安が残るという方も多くいます。そうした方のために退院後に受けることが出来る支援などを含めて、生活指導を行う事も看護師の重要な仕事になります。<spanstyle=”text-decoration:underline;”>医療の最先端と言う場所ではないかもしれませんが、病院にとっても患者にとってもなくてはならない診療科です。

<spanstyle=”font-size:13px;font-weight:bold;background-color:#ffff99;”>★リハビリテーション科で働く看護師の仕事内容

患者が日常生活を送ることが出来るようにサポートをするための場所がリハビリテーション科になります。直接治療には関係のない診療科ですが、患者が退院後も問題なく生活を送るためには不可欠な診療科となります。<spanstyle=”text-decoration:underline;”>リハビリテーション科で働く看護師に求められるのは、献身的な看護理念になります。生涯を通し、人としての生を全うするための援助こそが看護の理念であり、その理念のままに患者に接するのがリハビリテーション科の看護師です。程度にもよりますが、治療をした方にはリハビリが必要になる事が多く、特に骨折などの重傷を負った方などは歩行のためのリハビリなども必要とされます。その際、専門のスタッフがリハビリのためのプログラムを作りますが、患者の介助をして、患者の意欲を沸かせるのは看護師の役割でもあります。

また、治療が終われば基本的には退院と言うことになりますが、リハビリの途中で退院と言う事も多く、日常生活を送ることがまだまだ難しい患者も少なからずいます。特に高齢者の場合には、退院後の介護が必要になるケースもあります。そうした方の<spanstyle=”text-decoration:underline;”>退院後の生活支援のための手続きやアドバイスをする事もリハビリテーション科の看護師の大切な役割になります。患者が怪我や病気で受けた後遺症に悩むことなく、安らかに生活を送ることが出来る環境を作る、それがリハビリテーション科で働く看護師の役割であると言えるでしょう。

<spanstyle=”font-size:13px;font-weight:bold;background-color:#ffff99;”>★リハビリテーション科の看護師への転職に有利になる資格

リハビリテーション科への転職を考えている方もいるでしょうが、看護資格だけでも十分にリハビリテーション科で働くことは出来ます。しかし、資格を持っているだけで待遇面でも優遇されますし、転職も有利に進めることもできます。

リハビリテーション科へ転職をするに当たって有利になる資格はいくつかあります。そもそも、リハビリテーション科で行なわれるのは患者の日常生活のための訓練になりますので、看護師はその介助や患者の退院後の生活のための指導をする事が業務になり、資格を取得することで業務の幅も広がってきます。看護師として働きながら、リハビリテーション科で活かすことが出来る資格には、作業療法士、音楽療法士、言語療法士、理学療法士などがあります。中には国家資格も含まれますが、民間資格で取得することの出来る資格もあり、<spanstyle=”text-decoration:underline;”>取得しているだけでリハビリテーション科看護師としての業務の幅を広げることが出来ます。患者の介助だけではなく、リハビリテーション自体に積極的に協力し、患者をサポートすることが出来るようになるため、看護師としてのやりがいを大きく感じることが出来るようになるでしょう。

資格取得は簡単ではありませんが、将来的にも医療資格を取得しておくことでメリットは大きいですから、医療資格取得を目指してリハビリテーション科への転職を考えるといいでしょう。

<spanstyle=”font-size:13px;font-weight:bold;background-color:#ffff99;”>★リハビリテーション科看護師の収入

リハビリテーション科は医療の前線というイメージはなく、給料面でもそれほどに高くはないと言う印象がありますが、<spanstyle=”text-decoration:underline;”>思っているほどリハビリテーション科の看護師の給料は安くはありません。<spanstyle=”color:#ff0000;”>リハビリテーション科の看護師の平均年収は450万程度と言われており、看護師の平均的な年収額と大差のない程度の収入になります。もちろん、勤続年数や取得資格など様々な事情によって年収額も左右されることになりますが、必要な資格を取得していれば、平均的な収入を得ることが出来る仕事になります。<spanstyle=”text-decoration:underline;”>職業色としても看護と介護の中間に位置するリハビリテーション科ですから、取得する医療資格の多くは看護だけではなく介護にも活かすことが出来るなど応用の幅の広い資格が多くなっています。

転職を考えているのであれば、サポートも充実しているマイナビ看護師などの転職サイトで相談をしてみるといいでしょう。