1.妊娠・出産で離職する看護師はどれくらいいるの?

女性が多い看護師ならではの離職理由に「妊娠・出産」があります(※看護師の退職理由ランキングも参照)。採用する病院側としてはなるべく長く働いてもらいたいので、妊娠・出産・子育て中でも看護師として働けるように様々なサービスや手当を用いしていますが、残念ながら「妊娠・出産」がきっかけで離職する人が多いのも事実です。産休があれば休職した後に落ち着いた段階で復職する方法もありますが、職場によっては産休すらないという事もありますし、産休すらないような職場だと子育て中の看護師が同じ職場に復職できるわけでもないので、再就職する場合は新しく再就職する職場を探さなければいけません。一昔前のように、「子供を育てたいなら仕事は辞めろ」というような職場は、今はほとんどありませんが、場合によっては看護師キャリアを分断して再スタートしなければいけない場合もあります。ここではママナースが出産後に新く求人を探す場合を想定して、再就職するためのポイントや、出産時の失業給付の受給方法などの情報も解説していきますのでご参考下さい。

転職相談K美
私は400床の総合病院に務める27歳(看護師歴5年)の転職相談K美と申します。妊娠して今の職場を退職することになり相談に来ました。私は結婚してから毎日電車で1時間かけて今の職場に通っているんですが、妊娠してからというもの、だんだんと体調の面で通うことがつらくなってきたんです。それに、今の職場は毎月8日間ほど夜勤があるのですが、臨月になるまで夜勤を免除できないって言われてしまって・・・。子どもを出産してからもまた毎日1時間かかる職場に通うのも大変だし、夫と相談のもと来月末に退職することが決まりました。
キャリ姉
看護師の現場は病院によっては妊娠してもハードな勤務をし続けなければならないことがあるとよく聞きますが、転職相談K美さんの職場も大変な職場なんですね。
転職相談K美
はい。でも、退職することに少し罪悪感があって本当に退職の方向にしてよかったのかと未だに考えてしまうことがあります。同僚たちは妊娠してもバリバリ働いて産休育休後すぐに復職している人もたくさんいますし。退職を決意した時の私の気持ちとしては、出産してからの子育て中に子供が寂しい思いをしたりだとか、私が働くことで家族の負担増になってしまったりなど、デメリットは非常に大きなものとなるかと思い退職に至ったんですが・・・。
キャリ姉
働き方は人それぞれですし、転職相談K美さんがしっかり考えて決めたことであれば、悩むことなく自信を持っていいと私は思いますよ。それに出産・育児により職場を退職する人の割合は22.1%というデータが出ており、多くの女性が出産退職をしていることになります。(※コチラのデータを参照)。もはや出産退職は働く女性にとってひとつの選択肢としてごく当たり前のことで、転職相談K美さんが罪悪感を感じることはありません。

 

2.出産後に新しい職場に転職するメリット・デメリットは?元の職場への復職との比較は?

キャリ姉
それに妊娠出産により退職し、その後新しい職場に復職することでメリットもあるんですよ。転職は自分のライフスタイルや働き方の希望に合わせて新しい職場を探すことができる絶好の機会ともいえます。特に出産してお子さんを持つママになり仕事も両立しようとなると、よりその人の生活状況に応じた働き方を考えていく必要があります。しかし、今の職場を退職せずに働き続けた場合、どうしても現在の病院の勤務体制のルールに従って働く必要があるため、自分が希望する働き方ができない可能性もあります。一方で、一度退職して出産後落ち着いてから新たに職場探しをすることで、子育てと仕事を両立するにあたり自宅から新たな職場への通勤時間や勤務体制、また雇用形態も正社員からパート勤務まで自分の希望を踏まえて選ぶことができます。
転職相談K美
確かに自分の希望に沿った条件で職場を探すことができることはとても魅力的ですね。
キャリ姉
また、家族計画の中でお子さんを2人以上希望しており、兄弟間の歳の差を離したくないと考えている場合、家族計画を優先することができ、落ち着いてから新しい職場に復職するなど自分のペースで子育てと仕事の配分を決めることができます。もちろん退職せずに今の職場で産休育休を取得しながら兄弟を作ることもできますが、看護師の世界はまだまだ妊娠出産に対して厳しい考え方をもつ方も多いようで、育休明けにまたすぐに妊娠により産休へ入ることに風当たりが強い風潮もあり悩まれる方もいるようです。また、産後落ち着いてから新たな職場へ復職するということは、転職希望先の病院へあらかじめ自分の働き方の希望や今後も妊娠希望があることなどを伝えておくこともできるので、その点においても安心といえます。
転職相談K美
一度退職して産後落ち着いてから新たな職場に復職することで、より自分の希望に合わせた職場を見つけられることは最大のメリットですね。それに私自身も子どもは2人欲しいと思っているので一旦は子育てに専念し落ち着いてから復職できることもとても魅力的です。
キャリ姉
はい。ですので妊娠出産による退職は今後のライフスタイルに合わせた新たな一歩であり、前向きな選択として考えることができます。しかし、どんな物事にもメリットがあればデメリットもあります。ですので、出産後に新しい職場に復職することで起こりうるデメリットについても合わせて理解しておくことで、「自分の想像と違った」、「こんなつもりじゃなかった」というトラブルを防ぐことができますので、ぜひ転職相談K美さんも理解しておいて下さい。
転職相談K美
わかりました。ぜひデメリットについても教えてください。
キャリ姉
まず妊娠出産により一旦仕事を辞めることで、得られる収入は一時的に下がってしましまうということです。現在の職場を継続していた場合は、育休中にも育休手当が発生するため、収入はゼロにはならず、育休明けでも基本給など勤務年数に応じた基本給や手当は保証されています。しかし、退職することでこれらの収入は当たり前ですが無くなってしまいます。そして新しい職場へ復職した際も、子どもがいることで勤務体制を日勤だけや夜勤を減らすなど子育てと両立しやすい条件にすれば必然的に以前の職場での給与より下がることになりますし、基本給はその職場での勤続年数により加算されていくため、転職により職場を変えることで給与が下がる場合もあります。「金銭面を優先するのか、子育てを優先するのか、自分の希望をしっかり考えて判断することが大切」ということですね。また、職場を変えることでその職場のやり方やルールを覚え直す必要があります。新しい職場での業務に慣れるまでは覚えることが多く大変ですので、その点も理解しておきましょう。また、職場を変えることでその職場のやり方やルールを覚え直す必要があります。新しい職場での業務に慣れるまでは覚えることが多く大変ですので、その点も理解しておきましょう。

 

<※新しい職場へ再就職したいママナースと再就職を躊躇するママナース>

看護師不足が叫ばれる中で出産後のママナースが医療現場へ戻ってくるのは業界としても喜ばしいことですが、ママナースの中には「なるべくすぐに再就職したい」という人もいれば、様々な理由で「再就職を足踏みしてしまう」という人もいます。今は子育て中であってもすぐに再就職したいという看護師に多いのは、1つは「収入など金銭的な問題」はあります。やはり経済的に支出だけでは不安が募ります。他には「看護師自身のスキルアップに対する意欲が旺盛になっている事」なども感じます。最近の若い看護師さんにはエネルギッシュな人も多いように思います。再就職しやすくなった背景には、社会全体の子育てへの理解が芽生えつつある事や、子育て中でも再就職できる環境が増えたことなどもあり、再就職しようとする看護師側の意欲だけでなく、再就職しやすい環境ができた事が、昨今の「子育て中でも看護師として再就職する」という活発な動きにつながっているのかもしれません。

一方で、再就職を躊躇してしまう看護師の声で多いのは「子供の突然の体調不良」です。子供は小さければ小さいほど、突然熱を出すなど、急な体調不良を起こしやすいものです。まして、保育園などで集団生活をしていれば伝染病などをもらって来てしまう事も多く、家庭だけで健康管理を必死に行っても防ぎきれない病気の発生が必ず起こります。このような子供の体調不良に理解のある職場なら問題はないのですがなかなか少ないのが現状です。また核家族化により親との同居が減り、離婚率の上昇でパートナーの子育てサポートが受けられない点なども、背景にはあると思います。

 

3.退職によってもらえる《失業給付》とは?

キャリ姉
ここからは妊娠・出産で休職する場合の手当について紹介しますね。まずは雇用保険の失業給付についてしっかり理解しましょう。雇用保険の保険料がお給料から天引きされていることはご存知かと思いますが、制度や内容については理解できていない人も多いです。失業給付は職場を退職する人にとってはとても重要な制度で、制度をしっかり理解して活用できるかできないかで得られるお金も大きく変わってくるため、ここでしっかり説明しておきますね。

雇用保険とは労働者が失業した場合などに必要な給付を行い、労働者の生活および雇用の安定を図るとともに再就職の援助を行うことなどを目的とした雇用に関する総合的な機能をもった制度のことです。そして、雇用保険の被保険者である労働者が様々な理由で離職し、失業中の生活を心配しないで新しい仕事を探し、1日でも早く再就職できるように支給されるものを基本手当または失業給付といいます。失業給付を受給するためにはハローワークに行って「働ける・働きたいという意思を示す」必要があり、例えば病気・ケガ・妊娠・出産・育児等ですぐには就職できない時は失業給付を受けることができません。また離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12か月以上あることも条件です。

転職相談K美
あれ?受給条件に妊娠、出産、育児ですぐに就職できない場合は適用外とあるってことは、私は失業給付はもらえないってことじゃないんですか?
キャリ姉
はい。職場を出産退職後にすぐに失業給付を受け取ることはできませんが、妊娠中や出産後だから全く受け取れないというわけではありません。その仕組みについて詳しく説明していきますね。

 

4.出産退職後に失業給付をもらうために必ずすべきこと

キャリ姉
雇用保険の基本手当は、原則、離職日の翌日から1年以内の失業している日について、一定の日数分支給されます。そして、この受給期間内に、妊娠、出産等の理由により引き続き30日以上職業に就くことができない場合は、先ほど述べたようにその期間の失業給付を受給することはできません。しかし、ハローワークに申請をすることにより、受給期間に、職業に就けない期間を加えることができ、受給期間を最長、離職日の翌日から4年以内まで延長することができます。また平成29年4月1日から受給期間延長の申請期限が変更になりました。受給期間延長のハローワークへの申請は、妊娠、出産等の理由により引き続き30日以上職業に就くことができなくなった日の翌日以降、早期にすることが原則ですが、今回の変更で、 延長後の受給期間の最後の日までの間であれば、申請が可能となっています。

今回の受給期間延長の申請期限の変更により以前は限られた期間内で延長申請をしなければならなかったのが、期間内であればいつでも延長申請ができるようになったため、私たち被保険者である労働者がより柔軟に対応できるようになりました。しかし、出産後は育児に追われるあまりに延長申請を忘れてしまい受給期間終了ぎりぎりで気づいて、失業給付金を満額受給できなかったというトラブルが起こらないよう、妊娠中の体調のよいタイミングで延長申請を済ませておくことがベストです。また、体調面などで直接自分の居住する住所を管轄するハローワークに足を運べない場合、延長申請は代理人または郵送でも受け付けているため安心してください。

 

5.出産後に失業給付を受給するには?

キャリ姉
失業給付の受給期間延長の申請を済ませたら、しばらくは出産と育児に専念されると思いますが、ある程度落ち着かれて新たな職場に復職を希望される際は、失業給付を受給することができるようになるので、一緒に受給方法の流れについても理解しておきましょう。
転職相談K美
はい。キャリ姉さん、説明をよろしくお願いします。
キャリ姉
失業給付の受給期間延長の申請を済ませたら、しばらくは出産と育児に専念されると思いますが、ある程度落ち着かれて新たな職場に復職を希望される際は、失業給付を受給することができるようになるので、一緒に受給方法の流れについても理解しておきましょう。

 

1,受給延長期間内に受給開始手続きをする
まず失業給付を受給するためには、必要な書類を揃えて自分の居住する住所を管轄するハローワークへ出向く必要があります。なお必要な書類はコチラをご参考下さい。また、受給延長をしている場合は、受給延長申請時に受給期間延長通知書というものが渡されるため、受給期間延長通知書と延長申請の理由が証明できるもの(母子手帳)を持参する必要もあります。必要な書類の詳細については、受給延長申請時にもしっかりと教えていただけます。不備があるとせっかくハローワークに出向いても手続きを行うことができないため、必ず確認してからハローワークへ向かいましょう。

2,雇用保険受給者初回説明会に参加
受給手続きが終わったら、次は決められた日程で雇用保険受給者初回説明会に参加する必要があります。説明会には、ハローワークで受給開始手続時に渡される「雇用保険受給資格者のしおり」と、印鑑、筆記用具等を持参しましょう。説明会の時間は約2時間ほどで、雇用保険の受給方法についての詳しい説明が行われます。説明会は子連れ厳禁のため、必ず説明会時にお子さんを預けられる方を探しておくなり、託児施設を利用するなど対策をしておきましょう。

3,失業認定日までに最低2回の求職活動実績を残すこと
失業給付の受給のためには、4週間(28日)に1回の指定された日時に受給者自身がハローワークに出向き、失業状態であることを申告する必要があります。そして、失業認定には、一定範囲の求職活動実績による判断基準が設けられており、前回の認定日から次回の認定日の前日までの期間に求職活動実績として認められる活動を原則として最低2回以上行う必要があります。求職活動実績は主に、求人への応募や、ハローワークなど公的機関の職業相談、職業紹介、セミナーへの参加などがあります。求職活動実績にあたるかどうか不明なものは、必ずハローワークに問い合わせて確認するようにしましょう。なお、雇用保険受給者初回説明会自体も求職活動実績に含まれます。そのため、初回認定日は雇用保険受給者初回説明会参加が1回分の活動実績になるため、初回認定日の前日までに残り1回以上の活動実績が必要となります。

4,決められた認定日にハローワークへ行き失業認定を受ける
求職活動実績を2回以上行ったら、決められた認定日に失業認定申告書と受給資格者証を持参し、管轄のハローワークへ出向きます。失業認定日および時間帯はこちらで決めることはできず、決められた日時に必ず行く必要があります。万が一認定日にハローワークに行かなかった場合は失業の認定を受けることができないため、失業給付の支給を受けられませんので注意しましょう。そして、認定日に失業認定を受けたら、また次回の認定日を教えてもらえるため、それまでにまた求職活動実績を2回以上残し、次の認定日に失業認定を受けに行くという活動を受給期間が終了するまで繰り返すことになります。

 

6.産後に求職活動をするときのポイント

転職相談K美
失業給付についてのしくみや実際の受給方法についてよくわかりました。ハローワークに何度も足を運んだり、求職活動実績を残したりと大変な部分も多くありそうですね。
キャリ姉
そうですね。やはり不正に受給する人を防止する狙いもあるでしょうしね。そして失業給付の受給以上に大変なのが再就職活動です。特に小さなお子さんをかかえる復職希望のママナースにとって、求職活動は少し大変な部分もあるとあることでしょう。そこで、お子さんがいるママナースが少しでもスムーズに求職活動ができるコツをお教えしたいと思います。

 

ポイント①自分の希望する働き方を明確にしよう
まず1つめのポイントは、出産後に自分がどんな働き方がしたいのかしっかりと明確にしておくということです。ママ看護師が新たに求人を探す際に最初に考えるポイントは、正社員として働くのか、それともパートとして働くのか、はたたま派遣で働くのかということです。なお、正社員として働く場合でも、夜勤もしっかりと入るような勤務から、日勤常勤といって夜勤業務はないが、土日祝日も出勤する必要がある勤務など、病院の雇用形態によって様々な働き方が設けられていることがあります。また、正社員ではなくパートとして働く場合でも1日何時間程度、また週にどれくらい働きたいのか、土日祝日は出勤できるのかなど考えておく必要があります。これらの働き方の希望をしっかりと明確にしておくことで、希望に沿った条件の求人を探しやすくなるばかりではなく、募集を出している病院側にとってもどれくらいの勤務ができるのか明確に知ることができるため、転職後に希望する勤務条件で働くことができなかったというような雇用条件のトラブルを防ぐことができます。その他にも、今や看護師の働き方は多種多様であり、病院勤務だけでなくクリニックでの外来勤務や老人介護施設、デイサービスといった施設での看護業務、または保育園やテーマーパークに常駐する看護師、ツアーナースやイベントナースなど派遣会社を通して単発で行う仕事など様々です。そのため、子育てと両立しながら働くためには自分はどんな内容の仕事をしたいのか、どんな勤務条件で働きたいのかなど、しっかりと考えておきましょう。

ポイント②求職活動時に子どもを預けられる場所を探そう
2つめのポイントは、求職活動時にお子さんをどこに預かってもらうのか探しておくということです。失業給付の受給の際の初回説明会はもちろんのこと、実際に求職活動をする際はお子さん連れが困難な場合も多くあるため、そんな時に備えて託児を依頼できる親族の確認や、自宅近辺で託児施設があるかどうかしっかり確認しておきましょう。現在、各市町村自治体が一時預かり事業といって、求職活動や就職、妊娠出産など様々な理由により一時的に自宅で保育が困難になった乳幼児を地域子育て支援拠点などで一時的に預かり、保護する制度が整えられています。一時預かりを実施する施設によって対象年齢や料金も異なったり、事前に面接が必要であったりと様々なため、ぜひ自分の居住する地域の一時預かり事業を行っている施設について調べておきましょう。なお、一時預かり事業はママのリフレッシュ目的でも利用することが可能なので、求職目的でなくても一度は調べておいて損はないといえます。

ポイント③地域の保育園の空き状況を確認しておこう
3つめのポイントは、地域の保育園の空き状況を確認しておくということです。転職先の病院によっては院内保育を利用できる場合もありますが、医師や正社員優先であったり、定員によっては院内保育を利用できないこともあります。また、院内保育のない施設やクリニックへ転職した際も必ず保育園の利用が必要になることから、求職活動と合わせて地域の保育園の空き状況の確認や、申し込み方法などについて、役所に問い合わせておきましょう。

とくに0歳児から2歳児までは定員が少なく、母子家庭やすでに仕事をされている方が優先となり求職活動中は優先順位が低く、待機児童が多い地域では保育園に預けることが困難なこともあります。そのため、地域の保育園の状況を早めに確認しておくことで、院内保育のある病院も検討したり、認可外の保育園への見学や申し込みを早めに行うことができるため、スムーズに求職活動を進めることができます。

 

転職相談K美
産後の求職活動を行うにあたって大切なポイントを詳しく教えていただきありがとうございます。出産後に落ち着いたらできるだけ早くまた看護師の仕事をしたいと思っているため、とても勉強になりました。

 

7.失業給付以外の子育て中の看護師を支援する制度

キャリ姉
最後に失業給付以外の子育て中の看護師を支援する制度について簡単に触れたいと思います。これは新しい職場への再就職ではなく元の復職への復職の際に必要になるものが多くなってきます。

「産休」については解説不要かと思いますが、出産休暇の事です。この産休制度が整備されている職場なら、「産前6週間および産後8週間」は産休として認められています。この期間の給与に関しては職場によって規定が異なりますが、給与支給がない場合には健康保険などから手当が支給される事もあります。また、出産を理由に解雇する事は法律で禁止されていますので、産休ではなく退職をと求められても、応じる必要はありません。「育休」は、子供が1歳になるまでの間、連続して休暇を取る事が出来るという制度です。また、期間内であれば必要に応じてその期間を延長する事も可能です。公立病院など職場によっては、初めから最長3年まで取得可能としているところもあります。「所定外労働免除」もよく知られており、産後1年未満の場合、夜勤や残業の免除を申請する事ができます。あと知っておいてほしいのは「公的保育サービス」です。一時保育や学童保育、地域子育て支援センターやファミリーサポートセンターなどの事を指します。これらは、普段は預けていないけれど一時的に預かってほしい場合や、留守家庭の子供が授業の後に預かってもらえるという制度で、各自治体ごとに実施しています。

転職相談K美
元の職場に復職する場合はとても大事ですね。他にもありますか?
キャリ姉
はい。「院内託児所」は、夜勤・残業など非常に不規則な勤務を強いられる看護師の生活の中で、この不規則な勤務に対応できるのが院内託児所なのです。夜勤でも残業でも、完全対応可能ですから、子育て中の看護師には不可欠な存在となっています。「フレックスタイム制度」がある病院やクリニックもあります。小さな子供がいると、思い通りに事が運ばないものです。例えば出がけに突然吐いたり、今まで元気にしていたのに急にぐったりしてしまったり。このような場合にも、フレックスタイムが導入されていれば、朝のうちに病院へ連れて行ったり、病児保育へ預けに行くなどの対応を取る事も可能です。また、混雑する時間を避けて通勤する事ができるのも、子育て中にはとてもありがたいものなのです。
転職相談K美
院内託児所もフレックスタイム制も今の職場にありますね。いい病院だったんですね。ありがとうございます。
キャリ姉
あとこれは多少お金がかかってきてはしまうのですが、民間のサービスも使う人は多いですね。経済的負担と引き換えに大きな協力を得る事ができるのなら、子育てをしながら働く人にとってそれは非常にありがたい存在となるかもしれません。例えば「病児保育」は子供が病気などで保育園に預けられない場合に利用する施設ですし、「ベビーシッター」は保育園に空きがなく預ける事が出来ない場合や、慣れ親しんだ自宅で子供をみてほしいどの場合に使い勝手がいいです。これらは一例ですが再就職を狙うママナースには強い味方になってくれることは間違いありません。
転職相談K美
色々説明頂いてありがとうございました!とりあえず元気な子を産むのを第一に考え、その後再就職する時はなるべく多くの制度を利用しながら賢く看護師ライフを送っていきたいです!

 

ママナースが出産後に新しい職場に再就職するポイント!

看護師の求人を探すには、先ほどから述べているようにハローワークや都道府県の看護協会が指定を受けて運営しているナースセンターなどを利用するという方法があります。しかし、ハローワークやナースセンターは、実際にその場所に出向いて初回の登録をする必要があったり、求人案内の閲覧や職業相談などをしたい場合もその都度出向いて、求人を探したり、職業相談を受けるのに待ち時間が発生したりと時間がかかることが多いです。そのため小さなお子さんがいるママナースにとっては負担が大きいといえます。

しかし、マイナビ看護師のような転職相談エージェントのサービスでは、登録はインターネットで行うことができ、また転職エージェントの担当者が病院や施設と求職者の仲介役となり、その人にあった求人の紹介や面接などの日程の調整を行ってくれるため、一から自分で条件に合う求人を探していくよりも時間がかからず、子育て中のママでも負担なく求職活動が進められます。また担当者とのやりとり自体もメールや電話で可能なため、まさに自宅にいながら求職活動ができると言えます。出産後に求職活動をする際は転職相談エージェントのサービスを利用するのがベストです。子育てに理解のある常勤の職場、子育ての障害とならないパート勤務など、子育てを中心に考える事のできる職場を幅広く紹介してくれますので、子育ても仕事もそして家族も満足できる環境を手に入れましょう。