神戸市中央区(兵庫県)の看護師採用情報

1.兵庫県神戸市中央区の看護師採用事情は?

兵庫県神戸市中央区は県下で最も発展している同市の中でも、中心的な存在となっています。江戸時代末期の開港から海外との交流を深めつつ近代化してきており、現在では異人館などの歴史的建造物に加え、神戸ルミナリエやハーバーランド・ポートランドなどの新しい建築も増えており、古今の魅力が同居する点が特徴です。商工業も発達している他、鉄道網も良く整備されており、総合的に暮らしやすい都市づくりが行われてきました。

神戸市の統計によると、市全体の人口はここ数年減少しているのに対して、神戸市中央区の人口は2000年以降純増しており、2018年5月には14万人を突破しました(参照:神戸市中央区 人口動態グラフ(毎年10月))。JMAPの将来推計人口によれば、このまま人口増加が続き、2030年には15万人に到達する見込みです。高齢化の流れにもれず65歳以上の高齢者は増加の見込みですが、65歳未満も増加の見込みであることが特徴的です。人口増加に伴い医療施設や介護施設の看護師の需要も高まることが考えられます。

 

神戸市・中央区の人口動態グラフ

神戸市中央区には国内でも先進的な医療体制が整い、臓器移植手術も行われる「神戸市立医療センター中央市民病院」、実績と設備の充実度で信頼の厚い「神戸大学医学部附属病院」、がんに対して切らない治療を得意とする「神戸低侵襲がん医療センター」、地元大企業の医療所として開設され、市内の人々から人気の「神鋼記念病院」、戦後間もなくの頃から市民の健康を支えてきた「神戸市中央病院」など24の病院が存在しています。加えて一般診療所は200を超えており、介護施設も280以上と充実。大病院から一般診療所、介護の現場など幅広い求人募集が見られますので、看護師が多彩な働き方を実現できる街と言えるでしょう。また、ファッションへの意識が高い街でもありますから、美容クリニックに関する求人も散見されます。

神戸市中央区で看護師の採用情報を探す場合は、病院・クリニックのほか、訪問介護や通所介護施設などの中から自分にあった職場を選ぶことができます。ここでは規模の大きな病院の中から、特に人気が高い看護師の採用先を紹介していきます。

 

2.兵庫県神戸市中央区の看護師の採用先オススメ(1)神戸市立医療センター中央市民病院

神戸市立医療センター中央市民病院HP

 

住所〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2丁目1-1
電話番号078-302-4321
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
神戸市立医療センター中央市民病院では内科、外科、小児科、産科と多彩な診療科目を設置しており、難易度の高い手術やがん治療も実施するなど、同市の医療において中心的な役割を果たしています。治験・臨床研究も行われるなど先進的な取り組みも盛んです。近年は北館新築がなされた他、先端医療センターを統合するなどして規模を拡大。病床数は一般750床の他、感染・精神障害者向けのものもあり、合計で768床とかなり充実したものとなっています。

神戸市立医療センター中央市民病院の公式サイトの方に看護職員向けの採用情報が掲載されており、新卒だけではなく中途採用についても調べることが可能です。大規模な病院ですから待遇面では優れたものがあり、給与も比較的高水準にあると言えるでしょう。夜間看護業務は深夜全部で9,000円、時間外労働手当もしっかりと支給されています。賞与は年2回で、2018年度は4.4ヵ月分の支給実績となっています。特別休暇制度も充実しており、子育てや出産に関してはもちろん、誕生日や結婚休暇なども用意。受験資格はあまり厳しくはなく、看護師または助産の資格を持ち、2交代勤務で夜勤可能な者、というのが応募条件になっています。年齢や勤続年数による制限はありませんので、幅広い方が応募することが可能です。

チーム医療を標榜し、先進的な取り組みが特徴的な病院です。規模も大きく設備も充実しており、兵庫県はもとより関西地域でも重要な役割を果たしています。神戸市の看護師の採用先として、「神戸市立医療センター中央市民病院」は、キャリアアップと高待遇の両面が期待できる病院の1つだと言えるでしょう。

 

3.兵庫県神戸市中央区の看護師の採用先オススメ(2)神戸大学医学部附属病院

神戸大学医学部附属病院HP

住所〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7丁目5-2
電話番号078-382-5111
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
患者さんを中心に医療を考える神戸大学医学部附属病院は、患者団体、支援団体との関わりも深いのが特徴です。診療科目は内科、外科、小児科の他にも皮膚科や口腔外科など多岐にわたっており、セカンドオピニオンについても対応があります。先進医療分野では白内障患者に向けた水晶体再建術や、家族性アルツハイマー病の遺伝子診断など、高度な医療行為を幾つも実施可能です。病床数は934床で、がん診療連携拠点病院、エイズ治療拠点病院などに指定されており、難病への対応もあります。

神戸大学医学部附属病院は規模も大きな病院ですから、看護師採用についても積極的です。看護部の採用情報ページにて求人を行っており、年度によっては100名を超えるスタッフを募集するケースもあります。新卒はもちろんですが、非常勤の中途採用も行っているため、幅広い方が応募を検討しやすいでしょう。応募資格も看護師免許と二交代勤務以外には特段の制限はありません。給与・待遇面も安定しており、各種休暇制度も整っています。

神戸大学医学部附属病院は、専門性・総合性ともに高いレベルにある病院で、信頼性を確保するための監査体制もしっかりと構築されています。阪神淡路大震災の教訓から、災害拠点病院としても消防団体との連携を深めるなどの努力がなされています。非常勤でも勤務実績をみて常勤雇用の可能性がありますので、大学病院でキャリアを積みたい看護師はチェックするとよいでしょう。

 

4.兵庫県神戸市中央区の看護師の採用先オススメ(3)神戸低侵襲がん医療センター

神戸低侵襲がん医療センターHP

住所〒650‐0046 兵庫県神戸市中央区港島中町8-5-1
電話番号078-304-4100
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
神戸低侵襲がん医療センターは、致死性の高い病気として恐れられているがんに対して、切らずに治療すると言うことを得意としている病院です。低侵襲と言うのはがん患者さんへの負担をできるだけ軽減して検査・治療を行うというもの。多彩な悪性腫瘍に対応しており、脳腫瘍のような高度な医療体制が必要ながんの他に、男性ならでは、女性ならではの腫瘍も治療しています。設備としてはサイバーナイフやトゥルービームと言った先進的なものを揃え、高度な治療が可能です。

神戸低侵襲がん医療センターでは公式サイトの看護師募集ページで看護師の採用情報を公開しています。2019年2月現在、常勤は病棟勤務で放射線治療・化学療法・緩和ケアを受けている患者さんの対応が主となっています。夜間医療の体制を改善を模索しており、夜勤勤務が可能なスタッフを優先的に募集しているようです。外来化学療法看護経験者を優遇していますが、がん治療に興味がある場合は、未経験の看護師でも応募が可能となっています。外来のパート看護師も募集しており、時給は1,700円です。

神戸低侵襲がん医療センターは、入院時はもちろん、在宅の患者さんに対してもシームレスに、看護を実施できる体制を整えています。がんに関してのリハビリテーションを実施できるのも特徴の一つです。がん領域の看護を極めたい看護師にとっては、非常に多くのことが学べる病院となっています。

 

5.兵庫県神戸市中央区の看護師の採用先オススメ(4)神鋼記念病院

神鋼記念病院HP

住所〒651-0072 兵庫県神戸市中央区脇浜町1丁目4-47
電話番号078-261-6711
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
神鋼記念病院は内科、外科、小児科など豊富な診療科目を設けており、総合力の高い病院となっています。施設としては外来化学療法センターや救急センター、膠原病リウマチセンターなどを多数用意し、専門的かつ集中的な治療が可能です。病床数は333床で、この中にはICUやHCUも含まれています。かつては地元企業の神戸製鋼によって開設されたのですが、現在は独立して運営されるようになりました。企業によって創設された病院ですが、広く一般の方からも利用され、親しまれています。

神鋼記念病院の看護師の求人情報は、公式HPの看護師採用情報ページにて詳細に公開されています。中途採用は病棟、外来、画像救急、手術室、夜勤専従のほか、感染管理認定看護師と幅広く募集しています。また、パート勤務も若干名の募集があります。大規模な病院ですから給与水準は比較的高めです。福利厚生も多彩な休暇制度が用意されており、年間休日118日と多めですから、プライベートな時間を大切にしたい方にも適した職場と言えそうです。

神鋼記念病院はスタッフ総勢600人を超え、先進医療にも対応があります。治療についてもそうでですが、医療関係者の教育でも重要な立場にあり、医学生や看護学生への研修も積極的に実施しています。

 

6.兵庫県神戸市中央区の看護師の採用先オススメ(5)神戸中央病院

神戸中央病院HP

住所〒651-1145 兵庫県神戸市北区惣山町2丁目1番1
電話番号078-594-2211
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
神戸中央病院は多彩な診療科目を標榜し、幅広い患者さんへの対応があります。病床数は424床で、緩和ケア22床、人間ドック16床が含まれています。神戸中央病院は戦後まもなくの1948年に開設されたのですが、当時は激しい空襲の影響で、周囲は焼け野原と言う状況でした。このような状況でスタートし、神戸の復興や地域医療の体制構築に貢献してきた実績のある病院です。

神戸中央病院の看護師の採用は、新卒のほか、中途採用と任期付のパート採用があり、神戸中央病院公式HPの看護師募集ページに掲示されています。2019年2月現在の中途採用の配属先は病棟と介護老人保健施設です。賞与は4.3ヵ月分(平成28年度実績)と比較的高水準で、退職金制度は継続勤務6ヶ月以上から適応があります。

患者さんに寄り添う病院として、事前説明をしっかりと行い、同意を得て納得の上で治療をしていくという方針を大切にしている病院です。