函館市(北海道)の看護師採用情報

1.北海道函館市の看護師採用事情は?

北海道函館市は、北海道の中では札幌、旭川に次いで三番目に人口の多い都市です。函館は、津軽海峡、太平洋、噴火湾(内浦湾)の3つの海の恵みを受けており、豊富な漁場を形成していることから、四季折々の海の幸が楽しめます。漁業が盛んな一方、歴史的建造物や、温泉街、100万ドルの夜景などの特色を生かし、観光事業にも力を入れています。

市の統計によると、函館市の人口は65~69歳に集中しており、65歳以上の老年人口比率は34.6%と高いことが分かります(全国平均は27.2%、全道平均は30.3%)(参照:函館市の人口「年齢別住民基本台帳人口」(平成30年12月末日現在))。また、年々人口減少が進んでおり、2018年12月時点の約25万8千人から、2045年にはおよそ16万2千人まで減少、その45%ほどが65歳以上という予測も立てられています(参照:JMAP将来推計人口)。看護師の需要という点では、人口減に伴う需要の減少も考えられますが、高齢化により療養型病院や介護施設などで看護師が必要とされる見込みもあります。

北海道函館市の年齢別住民基本台帳人口

北海道函館市で唯一3次救急を担っているのは、「市立函館病院」です。病床数は648床で、ドクターヘリを有しており、函館近郊の医療施設や設備が乏しい地域の患者の受け入れも積極的に行っています。「函館五稜郭病院」は2次救急を担う総合病院です。高度先進医療にも力を入れており、前立腺がんなどの手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」などの高度医療機器を有しています。病床数は480床です。「函館中央病院」は「総合周産期医療センター」を有する急性期の総合病院です。道南地域唯一のNICU9床を備えており、道南地区における周産期分野の二次、三次施設として緊急母体搬送を受け入れ、道南エリアの多くの周産期ハイリスク症例を取り扱っています。

他にも418床の精神病入院病床を有する「函館渡辺病院」や、脳神経外科領域における急性期医療・予防医学を中心に行っている「函館新都市病院」など、20床以上の入院施設を有する病院は29病院あり地域医療を支えています。更に170以上の一般診療所、600弱もの介護施設があり、医療と介護の両面を担っています。

規模の大きな総合病院では、公式HPで看護師の募集をしているところも多く、常勤や非常勤、夜勤専従など雇用形態は様々です。北海道函館市で看護師の求人を探す際には、総合病院や中小規模の病院、クリニック、更に多くの介護施設(訪問看護ステーションやデイサービスなど)の中から、希望の領域や働き方を考慮して選択するとよいでしょう。北海道函館市の中で特に人気が高い病院の看護師の採用情報を幾つか挙げていきます。

 

2.北海道函館市の看護師の採用先オススメ(1)市立函館病院

市立函館病院HP

住所〒041-8680 北海道函館市港町1丁目10番1号
電話番号0138-43-2000
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
市立函館病院は道南で唯一3次救急を担う急性期総合病院です。総病床数は648床で、感染症病床や結核病床など特別な病床も有しています。診療科目数は30科にも及び、医師数は118名と函館では一番規模が大きい病院です。

市立函館病院の看護師の求人情報は、公式HPの採用情報ページに掲載されています。正職員の募集は2019年1月現在は系列の「市立函館南茅部病院」勤務の募集のみとなっています。応募者には昭和44年4月以降の出生、と年齢制限が設けられています。新卒者の初任給は3年制の専門卒だと197,100円、4年制大学卒だと206,400円と函館市内では一般的な支給額です。中途採用者の初任給は前職の経歴等を考慮して加算されます。非常勤職員は「市立函館病院」での募集があり、応募者の年齢は不問です。現在外来勤務の募集があり、採用人数は1名となっています。

市立函館病院の職員は地方公務員扱いになります。母体の市が赤字経営のためその波及でボーナスも変動があります。給与やボーナスは地域の総合病院の中では低めです。3次救急を担っている病院柄、看護師の時間外勤務は多いですが、仕事のやりがいがある病院です。公務員なので福利厚生は申し分がないですし、金利が高い共済貯金にも加入できることもメリットです。函館市の看護師の採用先として公務員待遇の安定したポジションを望む場合、「市立函館病院」はお勧めと言えそうです。

 

3.北海道函館市の看護師の採用先オススメ(2)函館五稜郭病院

函館五稜郭病院HP

住所〒040-8611 北海道函館市五稜郭町38番3号
電話番号0138-51-2295
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
函館五稜郭病院は2次救急を担う急性期総合病院で、診療科は28科目あります。職員数は1,000名以上、母体の函館厚生院は系列の病院・介護施設などを合わせると2,000名以上の職員が在籍しています。不整脈治療専門医がおり、道南で唯一不整脈に対するカテーテルアブレーション治療が行えます。手術件数も多く、前立腺がんなどの手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」など高度医療機器を有していることも特徴です。

函館五稜郭病院の看護師の募集はHPの採用情報ページで随時行われています。新人、中途採用ともに年齢は問わず、初任給は196,000円(大学卒業の場合201,600円)で、経験に応じ増額されます。市内の病院の中ではボーナスが良く、寒冷地手当を含めて1年間で6.45ヶ月分のボーナスが支給されています(平成29年度実績)。

入院・手術件数が多く、道南では珍しく毎年黒字経営の病院です。その分非常に忙しく時間外勤務は多いですが、ボーナスの支給額が高いのが一番の魅力です。24時間開園している院内保育施設も有しており、ママナースも安心して働ける病院です。また、労働組合があり毎年組合旅行や、食事会を企画しており、お得にリフレッシュをすることができます。

 

4.北海道函館市の看護師の採用先オススメ(3)函館中央病院

函館中央病院HP

住所〒040-8585 北海道函館市本町33番2号
電話番号0138-52-1231
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
函館中央病院は道南で唯一周産期医療センターを有するのが特徴で、産科は2次、3次救急を受け入れています。道南圏のハイリスク症例を取り扱うほか、地域の高度新生児治療を担っています。産科を含めて診療科は24科あり、2次救急を受け入れています。病床数は527床です。

函館中央病院HPの採用情報ページで看護師の求人を確認できます。随時正職員の募集をしており、常日勤や短時間パート勤務にも対応しています。初任給は大卒の新卒者は210,400円、中途者は経験5年で230,000円、経験10年で256,400円、経験15年で283,400円がモデル月収となっているようです。年齢制限はなく、中途者は3交代勤務または手術室勤務が可能な方が2019年1月現在のところの応募条件となっています。手術室は土曜日は半日勤務です。

函館中央病院は産婦人科に力を入れているので助産師の就職先としても人気が高い病院です。市内の総合病院の中では初任給が高めですが、転職サイトの求人情報によるとボーナス支給額は3.7ヶ月と、母体が同じである「函館五稜郭病院」には劣ります。福利厚生は手厚く、1週間程度の「リフレッシュ休暇」があり、新人、ベテラン問わず連休が毎年とれるのが魅力的です。また、24時間託児可能な保育所が併設されています。業績に応じてボーナスや昇給は変動しますが、手術件数の増加に伴い徐々に業績は回復しているようです。

 

5.北海道函館市の看護師の採用先オススメ(4)函館渡辺病院

函館渡辺病院HP

住所〒042-8678 北海道函館市湯川町1丁目31番1号
電話番号0138-59-2221
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
函館渡辺病院は地域の精神科医療を担う病院です。総病床数は538床でそのうち418床が精神病床です。精神科のほか、循環器内科、消化器内科、一般内科、外科、整形外科、麻酔科、皮膚科などの20科の診療科があります。

函館渡辺病院HPの人材募集ページでは、一般科、精神科ともに病棟看護師の募集をしています。新卒・中途採用者どちらも募集しており年齢は不問です。夜勤専従の募集もあります。また、正職員、パート問わず移転のために発生する旅費等の負担をしており、正職員で渡島・檜山管内からの移転は50,000円、道内からの移転の場合は70,000円、道外からの移転は100、000円支給されます。看護師転職サイトの募集要項によると、基本給は194,400円~274,200円、夜勤手当は8,000円~1万円となっています。

函館渡辺病院は精神科領域に興味がある人はもちろん、ママナースが働きやすい病院です。子育て支援が充実しており、未就学児の「24時間保育」に加えて、小学校1~6年生が対象の「学童保育」もあります。安全面を考慮して一人一人を学校の玄関まで車で送迎してくれるのが特徴です。また、保育士が勉強をサポートしてくれます。「病児保育」も提供しているため、保育中の子どもが発熱した場合など医師による診察を受け常時看護師などの担当職員が適切な療育を実施し、パパ・ママナースが安心して就業できる環境を提供しています。

 

6.北海道函館市の看護師の採用先オススメ(5)函館新都市病院

函館新都市病院HP

住所〒041-0802 北海道函館市石川町331-1
電話番号0138-46-1321
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
函館新都市病院は病床数は155床と少なめですが、道南の急性期脳神経外科治療を担っている病院です。診療科は脳神経外科、脳神経内科、循環器内科、内科、整形外科、歯科、麻酔科、小児科、リハビリテーション科、放射線科の10科目です。回復期リハビリ病棟も有しており、急性期から回復期、在宅まで幅広い医療を提供しています。

函館新都市病院の看護師採用情報はHPの看護部のページに掲載されています。新卒・中途採用者の年齢は問わず、病棟・外来・手術室それぞれで募集しており、基本給は196,900~293,300円です。4週6休で年間休日は78日と少なめですがリフレッシュ休暇や年末年始休暇の取得が可能です。ボーナスは年2回、前年度実績は4.7ヶ月分の支給額でした。勤務体制は2交代制で夜勤手当は11,000円です。

函館新都市病院は、脳神経外科救急のスキルを磨いたリハビリ看護の経験ができる病院です。患者さまが良くなって退院できるところまでみることができるのでやりがいを感じることができます。市内の病院では給与は標準的ですがボーナス、夜勤手当はともに高めです。募集要項には平均時間外勤務は5時間/月とありますが、市内に緊急で脳神経外科手術ができる病院が限られていることから、実際はもう少し多いと考えられます。転職サイトによるとママナースにはうれしい24時間託児可能な院内保育所もあります。