年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位 マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位 看護のお仕事 ランキング3位 ナース人材バンク ナース人材バンク

家族との時間を優先して病院から保育園に転職した事例!

保育園に転職した看護師Aさん
性別女性
年齢(看護師として保育園へ転職した当時)30歳
転職前の職場総合病院の病棟および外来看護師・東京都・日勤のみ(育休明けより1時間早く退勤する時短勤務)
転職後の職場認可保育園・東京都・日勤のみ(土・日・祝日休み、行事等があるときは出勤の場合あり)
使った転職エージェントナース専科求人ナビやナース人材バンクといった転職サイトにいくつか登録。最終的にはマイナビ看護師で転職。
転職理由子供との時間、家庭の時間をもっと持ちたかった

キャリ姉
まずは前職の仕事内容や給料の話を教えて下さい。
保育園に転職した看護師Aさん
前職は総合病院の病棟・外来看護師でした。勤続8年で基本給は25万円ほどに加えて各種手当があり12000円〜17000円ほどでした。賞与が夏冬合わせて100万円程度でした。年収でいえば450万円くらいだったと思います。第2子出産後の育休明けより時短勤務を使用していたので、上記の金額より時短勤務分が差し引きされ、手取りでいうと19〜20万円ほどでした。

辞める直前の仕事内容でいうと、子育て中ということで夜勤は免除してもらっていました。病棟は残業が多いのと、休日もかまわず出勤となってしまうので、残業が少なく、保育園の開いていない日曜、祝日は休みとなる外来希望で復職しました。外来では、出勤後すぐに診察室の準備や問診を取り、診察が開始すれば、医師の診察の介助や検査の介助、処置の介助、検査・入院・手術の説明を行っていました。しかし、日によっては病棟の看護師が不足しているとフリーとして病棟で勤務する日も月に数回ありました。フリーというのは言わば、「何でも屋」の仕事内容です。患者さんの受け持ちはせずにバイタルサインの測定や点滴を準備したり、薬を準備したり、食事の提供、清潔ケアを行っていました。ほんと何でも屋という仕事内容がフリーの業務ですがまあ月に数回の仕事内容です。

キャリ姉
フリーの仕事内容もあるけど基本的には外来だったんですね。お子さんを出産後に復職されたのが基本的に日勤専従という働き方だったのはよかったですね。転職されたのはやはり病院勤務と子育てを両立できなかったからでしょうか?
保育園に転職した看護師Aさん
そうですね。私の転職理由は一言でいうと、子供との時間、家庭の時間をもっと持ちたいと思ったからです。時短勤務を使用していましたが、人手不足もあり、どうしても残業となる日も少なくありませんでした。それに加えて「正式に病棟(のみの)勤務にならないか」「下の子が3歳になったら最低基準の月に2回でいいので夜勤をやらないか」と打診があったからです。勤務していた病院の職務規定では就学前の子供がいる場合、夜勤は免除できると定められていましたが、病棟で働く周りのママナースは夜勤をしている方が多かったです。一緒に働くスタッフとの関係は良好でしたので、打診を断ることに罪悪感も感じました。また下の子が土曜日に保育園に行くことをとても嫌がるようになったのも理由の一つです。周囲の環境の変化に敏感な下の子は、担任の先生のいない集合保育となる土曜日保育が苦痛のようで、朝預けるのも苦労しました。子供が休みの土・日・祝日はできれば一緒にいたいと思うようになって転職に進んでいきました。
キャリ姉
結果的に保育園に転職されていますが、転職活動の進め方を教えて下さい。またどのような条件で求人を探していたら保育園に転職する流れになったのでしょうか?
保育園に転職した看護師Aさん
ナース専科求人ナビやナース人材バンクといった転職サイトにいくつか登録をしました。登録することで見れる求人をひたすらチェックしていましたが、なかなか希望の条件に当てはまる求人はなくしばらく過ごしていました。そんな折に、転職をした友人に転職エージェントさんを紹介してもらい、友人と同じ方に担当になってもらい、転職活動を進めてみました(※これはマイナビ看護師です)。実際に電話でのやり取りで希望の条件を伝えると迅速に対応していただくことができ、今の職場の求人を紹介してもらいました。
転職にあたり狙っていた求人の条件としては子供と家庭の時間を取れる土・日・祝日休みの求人を必須条件に探してもらいました。仕事内容的に残業も少ないところ、可能であれば自宅や子供の通う保育園からも通いやすい場所にあることも伝えました。特に職種のジャンルにこだわりはなく、正社員求人かパート求人かにもこだわりはありませんでした。たまたまマイナビ看護師さんが提示してくれた中に今の保育園があって条件がよかったので転職したという感じです。
キャリ姉
今の保育園の看護師としての仕事内容や年収についても教えて下さい。また保育園に転職してよかった点も教えて欲しいです。
保育園に転職した看護師Aさん
保育園の看護師は、行事がある場合は出勤の時もありますが、基本的には土曜・日曜・祝日はお休みです。残業もほぼありません。主な仕事内容は園児の健康・安全管理です。内容としては毎月の身体測定、感染症対策や衛生指導、保健だよりの発行、必要に応じて保護者の方と体調やアレルギーに関する面談や相談を受けています。そのほかにも急病・怪我などの救急対応を行っています。加えて、職員の健康管理も行います。毎年の健康診断や予防接種の案内なども仕事内容です。
基本給は23万円ほどに下がりました。しかし、前職退職前は時短勤務を使用していましたので手取りでいうと大きな差はありません。賞与も下がり、80万円ほどになりました。しかし、年度末に処遇改善手当とキャリアアップ手当(自治体によってないところもあるそうです)があるので年収としては400〜420万円ほどになりました。収入は減ってしまいましたが、子供との時間を優先したいという望みが叶っているので、このくらいの収入減は仕方ないと思っています。
保育園に転職してよかった点はやはり子供との時間を取れるようになったことです。残業もなく1日のスケジュールがほとんど決まっているので気持ちに余裕も持てます。以前は時間がないとイライラしてしまっていましたが、今しか見れない子供の成長を穏やかに見守れることが嬉しいです。あとは保育の現場ということで保育士さんの園児との関わり方を見て、自分の子育てにも生かすことができることです。手遊び歌や子供との時間の使い方など非常に参考になる点が多いです。あとこれは小さな話なんですが希望制で給食が食べられることです。もちろん食事代として給与より天引きされます。メニューは園児と同じものになります。普段は自分が作ったものばかり食べているので他の方が作ってくださった食事はとても美味しいです。自分では作らないメニューが出るのも新鮮ですし、何より栄養バランスも良くて健康的な食事を取れるのはありがたいです。
キャリ姉
看護師から保育園に転職するとそんないい点があるんですね。逆に転職して悪かった保育園の一面もあるんでしょうか?
保育園に転職した看護師Aさん
転職にはつきものですが、転職後すぐは有給が少なく、あっという間に子供の体調不良で使い切ってしまいました。また、体調不良の園児の看護も行うので、入職直後は、私自身が感染症をもらってしまい、体調不良で欠勤することもありました。そのほかに大きな後悔はありませんが、言うならば仕事内容的に医療の現場から離れてしまったと言う不安は少なからずあります。今は元気な子供を対象とした保育園の看護師なので看護技術を行う機会は一切ありません。注射や点滴といった看護技術から離れてしまったので、残りの看護師人生で「他の職場ではもう使いものにならないのでは・・・」と不安は頭の隅にあります。看護技術を上達させたい方や患者さんとの関わりの経験を積みたい方には保育園の仕事内容は不向きかもしれません。
キャリ姉
これから転職したい看護師さんへメッセージを!
保育園に転職した看護師Aさん
私は、保育園に転職することで、前職で不満だったところが、解消されました。自分の望む働き方をすることで、心に余裕も生まれ、家庭生活も落ち着いたように思います。前職では毎日職場に行くことが苦痛だった日がありましたが、今は前向きに今日も頑張ろうと思って出勤できています。転職に不安はつきものだと思いますが、新しい世界に挑戦するのも決して悪いことではないと思います。ライフステージにあった条件の仕事にチェンジすることで生活の質が上がる場合もあるので思い切ることもいいと思います。