年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位 マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位 看護のお仕事 ランキング3位 ナース人材バンク ナース人材バンク

育児が理由で看護の仕事から離れていたけれどもそろそろ職場復帰をしたいという人の中には、いきなりフルタイムで働くことに不安を感じる人も多いのではないでしょうか?それは技術的問題もありますが、時間的な事も問題になってくるからです。特に、小さいお子さんがいる場合、子育てと仕事をどのように両立させるか、優先度は何かは、ワークスタイルを決める上で重要な問題です。最近は、病院内に託児所を有するところも多く、小さい子供を持つ看護師でも安心して働ける職場環境が、他の一般的な職種より整ってきています。しかし、全ての医療機関がそうではありませんし、何よりも「子供が小さいうちは、できるだけ側にいたい」と考えると、おのずと労働条件が制約されてきます。子育てに少しだけ手がかからなくなり復職を考える人の多くは「子供が幼稚園(または小学校)に行っている時間だけ」と考え、短時間、特に午前中だけ勤務のパート勤務を探す傾向にあります。これは何も看護師に限った事ではなく、小さいお子さんを持つ女性に共通して言える事です。子供が幼稚園や小学校に行った後、午前中のみ働ける職場は、子育てと仕事を両立できる理想の職場と言えるかもしれません。

★午前のみの看護師の仕事

午前中のみの看護師の仕事で最も多いのは、クリニックまたは病院の外来勤務です。外来の多くは、午前診、午後診に分かれており、午前の診察介助に付くことができます。大きな病院では、診察は午前中のみで、午後からは検査や手術に充てるため、午前中に外来患者さんが来院し、多くのスタッフが必要となります。反面、午後からはのんびりし、スタッフの手が余る事もあるので、忙しい時間だけ雇用できる午前のみのパート看護師は、病院経営にとってもありがたい存在です。また、シフト制でローテーションを繰り返す看護師よりも、毎日、同じ時間、同じ部署で勤務するパート看護師は、ともすると患者さんの名前や顔、疾患の種類、性格などを、正職員よりもよく知っている事があり、患者さんからも信頼されるなんて場合もあるようです。また外来だけでなく、病棟での午前中のみの勤務も可能です。その場合は、受け持ち患者を持たず、機能別看護を任されるようです。それ以外には、健診センター、献血ルーム、訪問看護など、探すと結構「午前のみ」の仕事はあります。たとえ求人票に「午前のみ勤務」と書かれてなくても、打診してみるとOKの所もあり、潜在的な求人はもっと多くなります。肝心なのは、そういった潜在求人をどうやって見つけるかという事です。「やる気と根気で見つけるっ!」という熱い気持ちも大事ですが、確率はよくありません。それよりもマイナビ看護師のような看護師転職支援サイトに一言「午前中のみの仕事を探しています。」と伝える方が何倍も簡単で、何十倍も求人情報が得られます。

★午前のみの看護師の仕事の注意点

午前のみの仕事と言う約束で勤めたけれど…全然時間通りに終わらない。これは、午前のみ勤務を希望し、実際に働いている看護師が抱える一番多い問題です。一応午前中の診察は12時までとなっているけれども、とてもじゃやないけれども12時には終わらないというのは、看護師として働いた事のある人なら誰もがわかるでしょう。外来診察に限らず、健診センターでも、訪問看護でも同じように時間内に仕事が終わらない事はよくある事です。このような時、正職員がその場を請け負い、パート看護師は時間通り切り上げるよう配慮してくれる職場もありますし、そのまま残業になる場合もあります。午前中のみの勤務という条件をあげたけれども、多少の融通が利く人は残業にも対応できますが、そうでない人は、「契約と違う」という不満が生じ、仕事が続けられない場合もあります。ですから、午前中のみの仕事を探す時は、残業はあるのか、定時に追われるのかをきちんと確認する必要があります。また、子育ての空いた時間を利用して「とりあえず午前中だけ働くことができる職場」を選んだとしても、子供の成長に伴い、働く事のできる時間が増えてくる事も考えられます。その時、もっと長い時間働く事ができる医療機関に転職する事も可能ですが、職場はそのままで、労働時間だけ延長できる方が、もう一度最初から業務を覚える必要がなく、慣れた職場で経験年数を積む事ができます。整った労働環境のもとでは、子供が小さい時は午前中のみのパート看護師として働き始めて、子供が成人する頃まで、少しずつ労働時間や条件を変えながら勤務し続ける人もおり、無理なく子育て仕事を両立しています。午前中のみの仕事を探す場合は、今の労働条件がもちろん最優先ではありますが、少し先を見越した就職先選びをする事も大切かもしれません。

午前中のみの看護師の求人は、ネット上でもいろいろ検索できます。しかし、「午前中だけ働きたい」と考えている人はたくさんいるので、好条件の求人にはたくさんの応募が寄せられる事もあります。また、午前ばかり人が集まって、それ以外の時間帯は看護師が不足するのを懸念して、パートではなく午前午後ともに働くことができる正職員を優先的に募集する事もあります。午前のみの仕事で、残業も少ない、継続的に働く事ができるなどの個々の条件を満たす求人はマイナビ看護師などの看護師転職支援サイトなど、求人の多く集まる就職支援機関を利用すると探しやすいでしょう。