Category

転職お役立ち

転職お役立ち

看護師転職時の重要事項!二交代制と三交代制はどっちがいい?メリット・デメリットなどを比較(変則二交代制の解説もあり)

1.看護師の勤務体系は二交代制と三交代制どちらが主流?

看護師が転職時に考えるのが「勤務体系」です。無床の外来のクリニックなどでは日勤専従が主流ですが、病院勤務になると交代制勤務になることがほとんどです。交代制勤務でも二交代制と三交代制がありどちらにもメリット・デメリットがあります。ここでは二交代制と三交代制について比較しながら解説していきます。最近増加傾向にある「変則変則二交代制」についても解説しています。

Read more

オープニングスタッフ看護師
転職お役立ち

看護師がオープニングスタッフとして転職するメリット・デメリットは?オープン前の仕事内容や給料事情も紹介

1.看護師がオープニングスタッフとして転職するメリットは?

クリニックや介護施設の看護師求人で見かける「オープニングスタッフ募集」の文字。「既存の施設へ転職するより働きやすいのでは?」と考える看護師も多く、確かにオープニングスタッフは、既存の施設にはない魅力があります。とはいえ、新規オープンの施設だからこそのデメリットも見逃せません。「新しい施設で新しいことにチャレンジできる!」といった良いイメージだけにとらわれず、デメリットにも目を向けて、自身に適性があるか否かを見極めましょう。

Read more

転職お役立ち

看護師を辞めたいと思う時は?看護師の「転職理由ランキング」上位を紹介!

看護師という仕事は、他の職種と比べて、離職率・転職率が高い職種です。一昔前までは、看護師の仕事 = 3K(きつい、汚い、危険)というイメージが定着し、やりがいはあるけれども過酷な仕事だと思われていました。実際に、患者さんの命と向き合い、24時間体制で働く看護師の仕事はきつく、排泄物など汚れたものを扱う場面も多くありますし、病気に感染するリスクなど危険なこともあります。しかし、だから看護師さんは仕事を辞めてしまうのか?というと実はそうではないようです。「看護師さんが転職を決めた理由」に関するアンケートの結果から、実際に看護師さんが仕事をやめてしまったり、職場を変わってしまう理由を探ってみました。

Read more

転職お役立ち

看護師の定年後の生き方は?定年後再雇用制度などを解説

看護師長Kさん、60歳。二人の息子を育てながら公立病院に約30年勤務し、先日定年退職の日を迎えました。退職金は推定2000万円。お子さんも独立しており、退職後はご主人とのんびり過ごされるのかと思われましたが、現在、元の職場の地域医療連携室で働いています。Kさんの他にも、この病院には定年退職後も勤務している看護師や医療事務員が何人かいます。これは医療職に限ったことではなく、一般企業においても定年退職後にまた同じ職場で働く人がたくさんいます。これは定年後再雇用制度が適用されているからです。

医療の進歩と公衆衛生の普及、健康意識の向上、生活の変化などにより、日本人の平均寿命は世界トップレベルとなり、長い余生の経済的安定、そして高齢者の高い労働意欲に対応するため、国は高齢者雇用安定法を改定し、定年を段階的に65歳まで引き上げるよう雇用主に求めました。そのため

定年を65歳にする

定年をなくす

定年年齢は60歳のままで、退職後再雇用という形で65歳までの勤務機会を与える

という3つの選択肢が与えられました。そして、もっとも多くの企業や事業所が取り入れたのが、③の定年後65歳まで再雇用という方法でした。理由は、現職の給与や待遇のまま定年年齢を引き上げたり定年制度そのものをなくす方法と比べて、企業が負担する人件費が安く抑えられるからです。とは言え、人件費の負担が増すことは避けられません。そこで企業は、様々な規定や条件を設け、それに該当する人のみ再雇用を行ってきましたが、平成25年度より希望者全員の65歳まで継続雇用が義務付けられるようになり、定年後の再雇用は一気に拡大しました。もちろん、これは希望者ですので、定年後のんびり暮らすという選択肢も残っています。

Read more

転職お役立ち

中高年(40代・50代・60代)看護師の求人の探し方・年齢ごとの悩みなど

1.年齢制限は大丈夫?40代看護師の悩みや仕事の探し方・年収目安など

超売り手市場の看護師の転職も、40代からはやや困難になり、希望にあった求人に巡り合うのにも時間がかかるようになります。慢性的な看護師不足と言えども、医療機関は柔軟性があり安い基本給で雇用できる若い看護師を採用したがる傾向があります。特に、正職員としての採用は、年齢制限を設けているところも多く非常に難しくなります。とは言え、夜勤ができる看護師は歓迎される場合もありますし、看護経験、そして人生経験の豊かなミドルエイジの看護師を採用したいという医療機関もあります。つまり、「40代看護師の求人探しは、簡単ではないけれどあるところにはある。」という事です。では、どのように求人を探し転職活動を行えばいいのでしょう。

Read more

転職お役立ち

離島看護師になる方法!短期派遣から常勤勤務まで離島で働く方法をご紹介

「独身で自由が利く間に、いろいろなことに挑戦してみたい」「これまでとは違った環境で働いてみたい」「これからの生き方について、地元を離れて働きながら考えてみたい」「都会の生活や職場環境に疲れきってしまった」…このような気持ちを抱きながらも、一歩踏み出すことが出来ないままもやもやしている看護師さんいませんか?生き方を変える方法は、海外留学だけではありません。日本国内でも、離島や沖縄に出てみることで、驚くほどリフレッシュできるものですよ!一度体験すると病みつきになる、離島看護師。是非トライしてみてください。

Read more

転職お役立ち

憧れのリゾートナース!看護師が「リゾート施設」で働く方法など

看護師の職場と言えば、一番多いのが「病院」です。その他、保健所や企業の保健室、介護施設、保育園などいろいろありますが、「リゾート」という選択肢を考えたことはあるでしょうか?リゾートナースは、リゾートと言う非現実的空間にいるお客様や滞在者の健康をサポートし、より楽しく快適な時間を提供するのが仕事。そして、ひとたび仕事を離れたら、自らもリゾートライフを楽しむことができます。一度は行きたいと思っていた憧れのリゾートで…、こんな所に住んでみたいと思ったお気に入りの地で…、オフの時には思いっきり趣味が楽しめる環境で仕事をする!これは、日本全国で需要がある看護師という職種の強みかもしれません。では実際にリゾートでの看護師の仕事にはどのようなものがあるかを見てみることにします。

Read more

転職お役立ち

借り上げタイプが多い?「看護師寮あり」の医療機関へ転職する方法

看護師は、日本全国どこに行っても使うことができる国家資格。「でも、住む所を考えると、実家から近い病院じゃないと…」「東京の病院で働いてみたいけど、東京は家賃が高いって言うし…無理っぽい。」…なんて思っている方、心配は要りません! そんな人のために、看護師寮を完備した病院が数多くあります。寮…と聞くと、炊事・洗濯・お風呂・トイレが共同で、厳しい寮母さんがいる「寄宿舎」のような場所をイメージしますが、今どきの看護師寮は、従来の「寮」のイメージを打ち破る、限りなく「1人暮らし」に近いスタイルのモノがほとんど。しかも、料金や管理など色々な面で優遇されていますから、安心して利用することができます。寮のある病院なら、大都会から海辺のリゾート地まで、あなたが看護師として働くことができる場所がグンと広がります。

Read more

転職お役立ち

男性看護師を徹底特集!活躍の場・待遇・悩み・求人の探し方など

「女性の仕事」というイメージの根強い看護師ですが、最近は男性もその領域にしっかりとした地位を築き始めているようで、男性看護師の求人も見かけるようになりました。とは言え、全体の95%が女性、残りの5%が男性というこの比率を見てもわかるように、まだまだ男性看護師の全体への浸透率は低いというのが現状です。

しかし、昨今の不況に伴い、サラリーマンを辞めて看護師を目指すと言う男性や、卒業後の進路に看護学校を選択するという男子学生も急速に増え始めており、今後の男性看護師の割合増加には大いに期待できそうです。

そこで、これから看護師を目指そうという男性や、すでに臨床現場で活躍しているけれど転職を考えているという男性看護師のために、男性看護師として活躍するために役立つ情報をお届けしていきましょう。

Read more

Close