Category

転職お役立ち

新人看護師 転職お役立ち

臨床未経験の看護師の転職事情は?求人探しで注意することは?

看護学校を卒業し、看護師資格を得たものの、「結婚」「家庭事情」「進路変更」など、様々な理由から臨床未経験のまま過ごす人もいると思います。しかし、「やっぱり看護師の仕事がしたい!」と一念発起し、新たに看護師としての仕事を探し始める人もいるでしょう。看護師の求人は日々膨大な数が存在し、どんなに不景気でも就職活動は楽勝だと思っている方も多いかもしれませんが、「臨床未経験」となると少々勝手が違います。場合によっては楽勝なはずの就職活動も難航を余儀なくされるケースも多く見受けられるのが、未経験での就職活動の怖さです。今回はそんな「臨床未経験」の看護師の方に向けた転職のコツをご紹介いたします。Read more

転職お役立ち

看護師の転職時の病院見学で注意することは?申込の方法は?

看護師が就職や転職先を考える時、求人票に書かれた労働条件や病院に関する情報だけで決めることはできません。それらはあくまでも転職希望先を絞り込むためのものだと思った方が良いでしょう。本当にそこで働きたいか、働けるのかを決めるためには、病院を見学する事をお勧めします。病院見学は、求人票からは図り知ることができない病院内の様子をその目で確かめる絶好の機会なのは言うまでもありません。現在転職を考えている人の中には、前回の就職活動の時に病院見学をしたという方もいるでしょう。また、卒業した看護学校付属の病院に就職した人の場合は、あらたまった病院見学は未経験という方も多いかもしれません。いずれにしても新卒の場合と転職の場合では病院見学で気をつける点が少し違います。ここでは、転職時の病院見学で考慮しなくてはいけないことを考えてみます。

Read more

資格・キャリアアップ 転職お役立ち

看護師長など管理職の求人の探し方は?必要なスキル、待遇や労働条件は?

看護師は離職率・転職率の高い職業です。特に夜勤やオンコール、残業と言った厳しい労働条件は、結婚・出産・子育てをする女性看護師にとっては高い障害となっており、ブランクナースが増える原因になっています。そんな中、本人の努力はもちろん、周囲の協力を得ながらキャリアを積んだ看護師の一部は「看護師長」といった管理職の役職を任されます。

看護師長と言えば、看護師はもちろん医師や患者さんからも信頼される存在です。看護師長になるには、その病院で長い経験を積む必要があると考えるのが一般的です。確かに、前任者の定年退職やその他の理由で看護師長のポストに空きができた時、院内の主任クラスの看護師が師長に昇格したり、または系列病院から新しい師長を選ぶことがよくあります。しかし、適任者がいない場合や、外部からより優秀な人材を得たいと考える病院も多く、実は「看護師長の求人」は意外にあるものです。ただし、なかなか公には出てこないのが実情です。ここでは看護師長としての転職について少し詳しく見てみましょう。

Read more

転職お役立ち

看護師が「在職中」に転職活動を進める場合のよくある悩みや注意点を紹介!

もっと給料の良い所に転職したい、人間関係が良い所に転職したい、休みが取りやすいところに転職したい…さまざまな思いを抱いているものの、実際には転職する事ができず、我慢しながら働いているという看護師も多い事でしょう。この背景には「在職中に転職活動をする難しさ」が1つあると思います。ここではなぜ看護師は在職中に転職活動をする事が難しいのかについて紹介した上で在職中に転職活動を進めるポイントも紹介します。

Read more

転職お役立ち

兼業・掛け持ちナースが増加中!?2つ以上の職場でダブルワークする事例や注意点など

多くの人は、複数の収入減があった方が良いと考えます。そのため、看護業界だけでなく、どの職業でもダブルワーク、つまり兼業OKの職場が増えてきています。看護師が働く職場も多様化し、選び方によってはいくつかの職場を掛け持ちすることで高収入を得ることができます。また、好奇心旺盛の方で一つの職場にこだわらず様々な職場で働いて看護師として幅広い知識を持ちたいという考えの方もいるでしょう。この場合、看護師としての勤務を掛け持ちすることで、効率よく経験を積むことができ知識も増えます。

①収入をアップしたい方②幅広く看護師経験を積みたい方が、兼業・掛け持ちで活躍する事例は昨今増えてきているといえるでしょう。看護師の仕事だけでなく他の職業との兼業もいますし様々な兼業・掛け持ちパターンがあります。時間管理と仕事の選び方を工夫することで、総収入額をアップさせ、満足できるワークライフとなるでしょう。

Read more

転職お役立ち

看護師転職時の重要事項!二交代制と三交代制はどっちがいい?メリット・デメリットなどを比較(変則二交代制の解説もあり)

1.看護師の勤務体系は二交代制と三交代制どちらが主流?

看護師が転職時に考えるのが「勤務体系」です。無床の外来のクリニックなどでは日勤専従が主流ですが、病院勤務になると交代制勤務になることがほとんどです。交代制勤務でも二交代制と三交代制がありどちらにもメリット・デメリットがあります。ここでは二交代制と三交代制について比較しながら解説していきます。最近増加傾向にある「変則変則二交代制」についても解説しています。

Read more

オープニングスタッフ看護師
転職お役立ち

看護師がオープニングスタッフとして転職するメリット・デメリットは?オープン前の仕事内容や給料事情も紹介

1.看護師がオープニングスタッフとして転職するメリットは?

クリニックや介護施設の看護師求人で見かける「オープニングスタッフ募集」の文字。「既存の施設へ転職するより働きやすいのでは?」と考える看護師も多く、確かにオープニングスタッフは、既存の施設にはない魅力があります。とはいえ、新規オープンの施設だからこそのデメリットも見逃せません。「新しい施設で新しいことにチャレンジできる!」といった良いイメージだけにとらわれず、デメリットにも目を向けて、自身に適性があるか否かを見極めましょう。

Read more

転職お役立ち

看護師を辞めたいと思う時は?看護師の「転職理由ランキング」上位を紹介!

看護師という仕事は、他の職種と比べて、離職率・転職率が高い職種です。一昔前までは、看護師の仕事 = 3K(きつい、汚い、危険)というイメージが定着し、やりがいはあるけれども過酷な仕事だと思われていました。実際に、患者さんの命と向き合い、24時間体制で働く看護師の仕事はきつく、排泄物など汚れたものを扱う場面も多くありますし、病気に感染するリスクなど危険なこともあります。しかし、だから看護師さんは仕事を辞めてしまうのか?というと実はそうではないようです。「看護師さんが転職を決めた理由」に関するアンケートの結果から、実際に看護師さんが仕事をやめてしまったり、職場を変わってしまう理由を探ってみました。

Read more

転職お役立ち

看護師の定年後の生き方は?定年後再雇用制度などを解説

看護師長Kさん、60歳。二人の息子を育てながら公立病院に約30年勤務し、先日定年退職の日を迎えました。退職金は推定2000万円。お子さんも独立しており、退職後はご主人とのんびり過ごされるのかと思われましたが、現在、元の職場の地域医療連携室で働いています。Kさんの他にも、この病院には定年退職後も勤務している看護師や医療事務員が何人かいます。これは医療職に限ったことではなく、一般企業においても定年退職後にまた同じ職場で働く人がたくさんいます。これは定年後再雇用制度が適用されているからです。

医療の進歩と公衆衛生の普及、健康意識の向上、生活の変化などにより、日本人の平均寿命は世界トップレベルとなり、長い余生の経済的安定、そして高齢者の高い労働意欲に対応するため、国は高齢者雇用安定法を改定し、定年を段階的に65歳まで引き上げるよう雇用主に求めました。そのため

定年を65歳にする

定年をなくす

定年年齢は60歳のままで、退職後再雇用という形で65歳までの勤務機会を与える

という3つの選択肢が与えられました。そして、もっとも多くの企業や事業所が取り入れたのが、③の定年後65歳まで再雇用という方法でした。理由は、現職の給与や待遇のまま定年年齢を引き上げたり定年制度そのものをなくす方法と比べて、企業が負担する人件費が安く抑えられるからです。とは言え、人件費の負担が増すことは避けられません。そこで企業は、様々な規定や条件を設け、それに該当する人のみ再雇用を行ってきましたが、平成25年度より希望者全員の65歳まで継続雇用が義務付けられるようになり、定年後の再雇用は一気に拡大しました。もちろん、これは希望者ですので、定年後のんびり暮らすという選択肢も残っています。

Read more

Close