Category

出産・子育て

出産・子育て

託児所あり・勤務時間優遇ありなど「子育て支援あり」の看護師求人を見つける方法

看護師の仕事を続けていく上で問題になってくるのは、「ライフステージとどう折り合いをつけて働くか?」と言うことです。中でも女性看護師は、結婚、出産、子育てを機に、これまでの働き方の見直しを迫られます。特に、3交代の夜勤と子育ての両立は難しく、家族の協力も必要となってきます。しかし、実際には全ての看護師が家族の協力が得られるわけではなく、やむを得ず離職するケースも多く見られます。これは、女性の有資格者が95%以上を占める看護師の世界では大きな損失です。看護師としての経験を積み、これから臨床の場で、そして後輩指導の場で活躍が期待される人の離職、仕事を続けたいけれど育児のために離職する人、そのような人材を確保することは、看護師業界の課題であると同時に、看護師不足を解消する手立てでもあります。そこで、現在数多くの病院で、様々な「子育て支援」が行われています。子育てと仕事の両立の実現は、経験豊かで有能な看護師を確保しておける病院と、慣れ親しんだ病院でキャリアを積み続けながら子育てもできる看護師、両者にとってメリットがあります。では、実際に「子育て支援」の内容にはどのようなものがあるのでしょう。

Read more

出産・子育て

シングルマザー看護師の働き方は?公的手当から病院個別の手当てなどまで解説!

1.看護師でシングルマザーで経済的に生活できるか?子供との時間を作れるか?

看護師は90%以上が女性である職種ゆえに、中には結婚生活がうまくいかずにシングルマザーの道を選ぶ人もいます。シングルマザー看護師が働きながら子育てをしていくことは予想以上に大変で、難しさを感じている人もいるはずです。しかしシングルマザー看護師でも、支援制度や各種手当などを上手に使ったり働き方を再考することで子育てと仕事の両立ができます。ここではシングルマザー看護師がひとり親の経済的な不安を解消して、忙しさの中でも子育てと仕事を楽しめるようになるためのポイントなどをご紹介します。

Read more

出産・子育て

ママナースが出産後に新しい職場に再就職するポイントは?出産時の失業保険の受給方法なども解説!

1.妊娠・出産で離職する看護師はどれくらいいるの?

女性が多い看護師ならではの離職理由に「妊娠・出産」があります(※看護師の退職理由ランキングも参照)。採用する病院側としてはなるべく長く働いてもらいたいので、妊娠・出産・子育て中でも看護師として働けるように様々なサービスや手当を用いしていますが、残念ながら「妊娠・出産」がきっかけで離職する人が多いのも事実です。産休があれば休職した後に落ち着いた段階で復職する方法もありますが、職場によっては産休すらないという事もありますし、産休すらないような職場だと子育て中の看護師が同じ職場に復職できるわけでもないので、再就職する場合は新しく再就職する職場を探さなければいけません。一昔前のように、「子供を育てたいなら仕事は辞めろ」というような職場は、今はほとんどありませんが、場合によっては看護師キャリアを分断して再スタートしなければいけない場合もあります。ここではママナースが出産後に新く求人を探す場合を想定して、再就職するためのポイントや、出産時の失業給付の受給方法などの情報も解説していきますのでご参考下さい。
Read more

Close