Author

キャリ姉

鹿児島市(鹿児島県)の看護師採用情報
地域別採用情報

鹿児島県鹿児島市の看護師求人情報(鹿児島大学病院・鹿児島市立病院・今給黎総合病院・クリニック・介護施設など)

1.鹿児島県鹿児島市の看護師採用事情は?

鹿児島県鹿児島市は九州南端にある鹿児島県の県庁所在地です。姶良市、日置市、指宿市と隣接しています。平成27年の国勢調査による人口は599,814人で、平成8年には中核市に指定されました。年間平均気温は18.6度で温暖な気候です。市内には活火山である桜島があり観光名所ともなっています。平成23年に全線開通となった九州新幹線の最南端の終着駅である鹿児島中央駅があり、南九州の観光拠点としての機能も果たしています。

鹿児島市の統計によると、近年の人口は急激に減少しています。60万人以上を保ちながら増加傾向にあった人口は、平成26年に減少に転じ、平成28年には60万人を切りました。令和元年5月1日時点の推計人口は595,787人で、今後も人口減少が進む見込みです。また高齢化も進行し、2045年には65歳以上の割合が4割弱を占めるとの推測データもあります(参照:鹿児島市 推計人口JMAP将来推計人口)。

Read more

病院・クリニック以外

夜間休日診療所の看護師の役割は?メリットやデメリット、求人事情は?

夜間休日診療所とは、簡単に言うと、夜間や休日などに診察をしてくれる緊急用の医療施設の事です。基本的に診療所ですから入院はできませんが、夜間や休日ともに診察をすることが可能です。人の体は、いついかなる時に調子が悪くなるのか、あるいはけがをするのかは把握しにくいものです。一般的に日頃から風邪をひいたり、けがをしないように務めているとは思いますが、突然の出来事は仕方がないことです。そのために、夜間休日診療所があるということです。夜間休日診療所は各自治体のホームページに掲載されていることが多いです。

Read more

病院別・診療科別

ドクターヘリの看護師・フライトナースの求人探しは?

★ドクターヘリの正確な定義

ドクターヘリとは救急医療用ヘリコプターとも言い、救急医療を専門的に行うために医療機器を備え、ドクターが乗り込めるヘリコプターのことです。ドクターヘリ法とも呼ばれる救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法という法令で、細かな指針が示されています。交通渋滞などの際に患者の搬送が困難、あるいは救急車両が入り込むことが困難な地域での求名活動で使われる航空搬送用の救急機として各地で活躍しています。各主要病院などにはドクターヘリの発着用のヘリポートを設置しているところもあり、多くの病院でドクターヘリが活用されることになります。

ドクターヘリには操縦士の他、医師と看護師(フライトナース)の同乗が必要になります。現場に着き、的確な診断と応急処置を行い、搬送先の病院で即座に的確な治療を行う事が出来るようにするために必要な人材です。陸路での救急搬送が困難な場合や一刻一秒を争う自体などに際して大きな効果を発揮することが期待されており、ドクターヘリの利用は救助と言う面で見ても非常に期待感の大きいものでもあります。

Read more

転職体験談

訪問看護師に転職した女性看護師(29歳)へインタビューしました!

訪問看護師の求人は、主に主婦や中途採用者の中で人気が高い求人となっています。「興味はあるけれど、実際どんなことをするのかは知らない」「やってみたいけれど、自分に務まるのか不安」という方の為に、今回は訪問看護師に転職成功されたMさん(29歳女性看護師)の事例をご紹介します。

Read more

資格・キャリアアップ 転職お役立ち

看護師長など管理職の求人の探し方は?必要なスキル、待遇や労働条件は?

看護師は離職率・転職率の高い職業です。特に夜勤やオンコール、残業と言った厳しい労働条件は、結婚・出産・子育てをする女性看護師にとっては高い障害となっており、ブランクナースが増える原因になっています。そんな中、本人の努力はもちろん、周囲の協力を得ながらキャリアを積んだ看護師の一部は「看護師長」といった管理職の役職を任されます。

看護師長と言えば、看護師はもちろん医師や患者さんからも信頼される存在です。看護師長になるには、その病院で長い経験を積む必要があると考えるのが一般的です。確かに、前任者の定年退職やその他の理由で看護師長のポストに空きができた時、院内の主任クラスの看護師が師長に昇格したり、または系列病院から新しい師長を選ぶことがよくあります。しかし、適任者がいない場合や、外部からより優秀な人材を得たいと考える病院も多く、実は「看護師長の求人」は意外にあるものです。ただし、なかなか公には出てこないのが実情です。ここでは看護師長としての転職について少し詳しく見てみましょう。

Read more

病院別・診療科別

救急外来の看護師の求人探しは?業務内容や勤務先の種類・給与などを解説!

救急外来という名前を聞いただけで緊張感がはしるこの部署は、一刻を争う病気や怪我の患者さんがたくさん訪れます。救急外来で働く看護師には、予測不可能な状態の患者さんの来院に即座に対応できるよう、幅広い知識と看護技術が要求されます。非常に緊迫した場面も多く、肉体的、精神的に過酷な勤務の時もありますが、その分やりがいも大きく、向上心のある看護師なら誰もが一度は働いてみたいと思うことでしょう。しかし同時に「私なんかに救急外来の仕事が務まるのだろう?」と思う人もいることでしょう。救急外来は誰でも働ける部署ではないかもしれませんが、魅力のある仕事で求人も比較的多くあります。ここでは、救急外来の業務や種類、看護師に求められるものなどを紹介していきます。

Read more

福岡市中央区(福岡県)の看護師採用情報_2
地域別採用情報

福岡県福岡市中央区の看護師求人情報(済生会福岡総合病院・国立病院機構九州医療センター・クリニック・介護施設など)

1.福岡県福岡市中央区の看護師採用事情は?

福岡県福岡市中央区は、博多湾と那珂川に囲まれている区です。安価に利用できる市営地下鉄や西鉄バスが整備されており、交通アクセスが抜群。商業施設が立ち並ぶ繁華街・天神やプロ野球球団・ソフトバンクホークスの本拠地である福岡ヤフオク!ドームは、連日多くの観光客で賑わっています。大濠公園や福岡市動物園など自然を満喫できる文化施設も人気を博しており、同区に住むことは福岡市民のステータスとなっています。

福岡市の統計によると、中央区の人口は年々増加傾向にあり、平成12年には15万人に到達、その後も増加を続け、令和元年5月1日の推計人口は201,005人です(参照:「福岡市 過去の推計人口」、「福岡市推計・登録人口(最新)」)。JMAPの将来推計人口によると2035年頃までは人口増加が続き、以降はわずかに減少する見込みです。人口増加に伴い医療の需要は全国平均よりもはるかに高い水準で、更に老年人口の増加で介護の需要も極めて高いため、看護師も医療・介護の両面で重宝されるものと考えられます。

Read more

転職体験談

健診センターに転職した女性看護師(30歳)にインタビューしました!

健診センターの看護師は日勤のみで残業も少な目、日曜祝日は休みの所も多く、仕事とプライベートの両立を希望する看護師の方から人気があります。また、病院と違って健康な方の対応をするため、接遇が求められるという特徴があります。今回は健診センターで働くU子さん(30歳女性看護師)の転職体験談をご紹介します。

Read more

Close