Author

キャリ姉

病院別・診療科別

透析看護師に転職するメリット・デメリットは?仕事内容や関連資格なども紹介

1.透析で働く看護師の仕事内容とは?

腎臓の機能が10%を切った時、人は体内の余分な水分や老廃物を尿として排出することができなくなります。それを機械によって、人工的に正常な状態になるよう排出させるのが人工透析の役割です。命がかかった状況で、定期的に決まった時間、しかも半永久的に続けなければならない透析は患者さんの体はもちろん、精神的にも負担がかかります。その苦痛を支えるのが、透析看護師の役割で、知識はもちろん技術面においても高い専門性が求められます。ここでは専門的な分野である透析看護師について徹底解説します。透析関連の専門資格についてもご説明しますのでご参考下さい。
Read more

転職お役立ち

看護師を辞めたいと思う時は?看護師の「転職理由ランキング」上位を紹介!

看護師という仕事は、他の職種と比べて、離職率・転職率が高い職種です。一昔前までは、看護師の仕事 = 3K(きつい、汚い、危険)というイメージが定着し、やりがいはあるけれども過酷な仕事だと思われていました。実際に、患者さんの命と向き合い、24時間体制で働く看護師の仕事はきつく、排泄物など汚れたものを扱う場面も多くありますし、病気に感染するリスクなど危険なこともあります。しかし、だから看護師さんは仕事を辞めてしまうのか?というと実はそうではないようです。「看護師さんが転職を決めた理由」に関するアンケートの結果から、実際に看護師さんが仕事をやめてしまったり、職場を変わってしまう理由を探ってみました。

Read more

病院・クリニック以外

リウマチ科の看護師の仕事内容や働く場所、転職のポイントなど

地域にあるクリニックや診療所、個人病院などでは、あまり見かけない「リウマチ科」のため、なかなかリウマチ科に関わったことある看護師というのも少ないのではないでしょうか。 看護学校の実習などでも携わる機会などが少ないため、リウマチ科についてよくわからないという看護師も多いかとは思いますが、リウマチ科看護はキャリアアップも目指しながら働くことのできる看護分野でもあります。

Read more

病院別・診療科別

眼科の看護師の仕事内容や必要スキル・転職するメリット・デメリットなど

★眼科で働く看護師の仕事内容

病院で働く看護師にはそれぞれの診療科に合わせた仕事があります。 同じ病院でも、診療科によって看護師の仕事も変わり、求められるものも大きく変わります。 眼科で働く看護師の仕事は、入院施設のある病院とないクリニックによっても変わってきます。

眼科クリニックでの看護師の仕事は、診療の介助と処置、そして患者がスムーズに診療を受けられるように外来の流れに気を配ることにあります。 眼科の場合、診察室が暗いことがほとんどで、医師によって看護師の介助を要する場合とそうでない場合とに分かれます。 眼科の処置は点眼がほとんどになり、疾患によってはその場で外科的な処置を行うこともあるので、その場合には医師の介助が必須となります。 また、生活指導なども看護師の重要な仕事です。

入院施設を持つ眼科の病院になると、病棟や手術室の仕事が加わります。 病棟勤務の場合、術後の管理がメインの業務となり、個人病院の場合には食事の配膳や後片付けも看護師の仕事になることが多くなります。

目は外科で行う手術と違って、非常に細かな道具を使う事が多くなるので、注意深く観察をして怪我や事故が起こらないように気を配る必要があります。 ただ、その反面、容態の悪化など命に関わる事案が少ないため、他の病棟に比べて比較的精神的な負担は少ない診療科でもあります。

Read more

病院別・診療科別

リハビリテーション科の看護師の仕事内容や収入・転職時に有利になる資格など

看護師は病院で働くことが多いので、怪我や病気のために入院している患者の看護がメインの業務と考えていてもおかしくはありません。しかし、それだけが病院での看護師の仕事、というわけではありません。怪我や病気が治った後にきちんと社会復帰をする事が出来るようにリハビリを行う事も病院の使命であり、そこで働く看護師の業務でもあります。

リハビリテーション科は病状の回復に伴って、社会復帰するためにリハビリを行なう患者が集まる診療科になります。治療が目的ではなく、衰えた肉体機能の回復を行なう事が目的となり、専門のスタッフが独自の知識と技術を活かして働く現場になります。看護師もそうしたスタッフの一員で、リハビリテーション科の看護師の業務としては、リハビリを行なう患者への具体的な指導、そして、退院後の生活に必要な指導や家族への指導などがあります。

昨今では一人暮らしをしている患者も多く、リハビリをしているとは言え、日常生活を問題なく送ることが出来るにはまだまだ不安が残るという方も多くいます。そうした方のために退院後に受けることが出来る支援などを含めて、生活指導を行う事も看護師の重要な仕事になります。医療の最先端と言う場所ではないかもしれませんが、病院にとっても患者にとってもなくてはならない診療科です。

Read more

病院別・診療科別

内視鏡室看護師の仕事内容・必要なスキルは?転職するメリット・デメリットは?

一般病棟で働く看護師にとって、内視鏡室をはじめとする検査室での看護業務は未知の世界というイメージだと思います。検査や内視鏡治療が決定した患者さんには術中のこと等をいろいろとオリエンテーションしている割に、実は内視鏡をしているところをきちんと見たことすらないという看護師さんは多いでしょう。「内視鏡室の看護師って、どんなことをするの?」「特殊な技能が必要?」「未経験でも大丈夫?」…などの不安を抱える看護師さんの為に、今回は内視鏡室の看護師についての情報をお届けします!

Read more

病院別・診療科別

耳鼻咽喉科は楽な科?耳鼻咽喉科の看護師の仕事内容や待遇・転職のコツなど

耳鼻咽喉科は耳、鼻、そして喉と口腔内の疾患に対する治療を行う科です。内科、外科と比較すると少し控えめなイメージですが、高齢化に伴う聴力障害・嚥下障害患者の増加、花粉症や喘息などのアレルギーの拡大に伴い、需要はますます高まる一方です。では、耳鼻咽喉科で働く看護師の仕事とはどのようなものなのかを見てみましょう。

Read more

病院別・診療科別

小児科看護師の仕事内容や必要なスキル、転職するメリット・デメリットなど

小児科の看護師求人は少なく感じるかも知れません。子供の数自体が少ないということ以外にも、小児科を開業する医師の数が不足しているということも関係しています。自宅から通勤圏内で小児科の看護師求人が見つからないという場合は、まずは看護師転職支援サイトに登録してみることをお勧めします。小さなクリニック等では看護師の募集を全て人材紹介会社に任せているということも珍しくはないからです。求人広告が載っていないからと言って、現在募集していないとは限りません。小児科クリニックではなく、病院の小児科病棟や小児科外来で仕事をしたいという方の場合も、転職支援会社に登録・相談する方が安全です。なぜなら、総合病院には小児科以外の科も存在しているため、「小児科を希望している」と言って面接を受けたのにも関わらず、欠員がある他の科に回されてしまう可能性があるからです。看護師転職支援サイトを通じて就職先を選べば、小児科以外の診療科に回されるということは絶対にありません。

Read more

病院別・診療科別

心療内科クリニックの看護師の仕事内容や適性、転職するメリット・デメリットなど

療内科クリニックでの看護師の仕事を探している方はとても多いようですが、いくら探しても求人情報が上手く見つからないという声をよく耳にします。それもそのはず、心療内科を標榜しているクリニックや診療所は内科・外科・婦人科・小児科等の一般的な診療科に比べると数自体がまだまだ少ないと言えるからです。また、心療内科クリニックではその他の診療科と違って処置に手を取られることが少ないため、看護師をそれほどたくさん必要としているワケではありません。そのためなかなか空きが出ず、希少求人となってしまっているのです。

Read more

Close