大津市(滋賀県)の看護師採用情報

1.滋賀県大津市の看護師採用事情は?

滋賀県大津市は2019年9月現在、約34万人以上の人々が暮らす滋賀県の県庁所在地です。大阪や京都へのアクセスがとても便利なことから、京阪神のベッドタウンとして移住する人が多く見られます。大津市には、500床前後の病床数を持つ大規模病院が多く集まっていて、市民が安心して高度な医療を受けることができる診療環境が整っています。

滋賀県大津市の人口は年々増加していますが、10年ほど前から増加ペースは緩やかになっています令和元年9月1日現在の人口は343,322人です(参照:「大津市の人口・世帯(令和元年9月1日現在)」「国勢調査人口(推移・増加率)」)。JMAP将来推計人口によれば、2020年を境に減少し、2045年には31.3万人ほどに減少するとの見込みです。また高齢化も進み、老年人口は2045年に36.4%にまで増加するとの予測もあります。じわじわと進む人口減少と高齢化によって医療の需要は高まり、看護師のニーズも高いエリアと考えられます。

大津市の人口と人口増加率の推移

 

滋賀県大津市の医療を担っているのは、796もの病床数を備え滋賀県で唯一の高度救命救急センターの指定を受けた「大津赤十字病院」をはじめ、滋賀県で唯一の特定機能病院として高度な先進医療を提供している「滋賀医科大学医学部附属病院」、断らない病院として大津市民の急性期医療を支える「市立大津市民病院」、急性期から在宅まで幅広い医療サービスを提供して地域医療を担っている「滋賀病院」、精神科医療を専門として50年以上にわたって地域の精神科医療を支え続けている「琵琶湖病院」の5つの病院を含めた15の病院と、約250のクリニック、560以上の介護施設です。ここで紹介した5つの病院については2019年9月現在、全ての病院で看護師の採用情報が掲載されています。(中途採用は行っておらず年に1度のみ正規職員としての看護師を行っている病院も一部あります。)

滋賀県大津市で看護師の求人を探す場合は、規模の大きい病院のほか、クリニックなども含めた豊富な採用先の中から、自分の希望に合ったところを見つけることができそうです。ここでは先に挙げた、大津市で知名度が高く、看護師から人気のある採用先の情報を紹介していきます。

 

 

2.滋賀県大津市の看護師の採用先オススメ(1)大津赤十字病院

大津赤十字病院HP

住所〒520-8511 滋賀県大津市長等一丁目1-35
電話番号077-522-4131
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
大津赤十字病院は、37の診療科と796の病床数を持ち、1日の外来患者数が1,565人に上る滋賀県最大規模の急性期病院です。特に救急医療においては、京都府と滋賀県で唯一の「高度救命救急センター」の指定を受けており、特殊な設備や技術を備えて、24時間365日体制で高度な救命救急医療を担っています。また、地域医療の中核を担う地域医療支援病院として、地域の医療機関と連携しながら安全で質の高い医療の提供に日々取り組み続けています。

大津赤十字病院の看護師採用情報は、公式HPの看護部採用ページに掲載されています。看護師資格取得者を対象に常勤看護師の募集を随時行っています。日本看護協会のガイドラインに沿った三交代制勤務を行っているため、勤務と勤務の間を11時間以上空けたり、カレンダー通りの連休回数をきちんと確保して、職員が無理なく働き続けられる労働環境が整っています。モデル給与は経験5年目で32.1万、10年目で35.7万、賞与は4.2ヵ月です。

大津赤十字病院は、三交代制勤務に合わせて夜間や休日の保育にも対応した院内保育所や育児支援制度などがあり、女性職員が長く働き続けていくことができる環境が整備されています。また、住宅資金融資制度や職員互助会制度など赤十字社全社的福利厚生事業を利用することができるので、民間病院に比べると福利厚生面で大変恵まれています

 

3.滋賀県大津市の看護師の採用先オススメ(2)滋賀医科大学医学部附属病院

滋賀医科大学医学部附属病院HP

住所〒520-2192 滋賀県大津市瀬田月輪町
電話番号077-548-2111
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
滋賀医科大学医学部附属病院は、31の診療科と612の病床数を備える大学病院です。滋賀県で唯一の特定機能病院として、40年以上にわたって高度な先進医療を提供し続けている病院です。特に心臓血管外科においては、断らない医療を推進しており24時間365日体制で救命救急手術に対応しています。心臓血管外科における年間の手術症例数は、全国の国立大学医学部付属病院の中でもトップクラスの実績を誇っています。

滋賀医科大学医学部附属病院の看護師採用情報は、看護部の採用情報ページに掲載されています。中途採用に関する記載はなく、2020年度4月採用予定日にあわせて採用試験が数回実施されています。新人看護師には実地指導者やサポーターがついて、知識や技術を習得してステップアップしていくことができる充実した教育体制が整っています。

滋賀医科大学医学部附属病院は国立大学法人が運営する病院で文部科学省共済組合に加入しているため、手当や特別休暇制度といった福利厚生がとても充実しています。単身職員向けの寮が整備されていたり、病院敷地内に保育所が設置されているほか、子供が小学校に入学するまでは部分育休や時短勤務を取得することができるなど、長く働いていくことができる環境の構築が病院全体で推進されています

 

4.滋賀県大津市の看護師の採用先オススメ(3)市立大津市民病院

市立大津市民病院HP

住所〒520-0804 滋賀県大津市本宮二丁目9番9号
電話番号077-522-4607
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
市立大津市民病院は30の診療科と439の病床数を持つ大津市の公的医療機関です。地域に密着した地域医療支援病院としての指定を受けており、大津市全域の急性期医療を担っています。断らない病院として、救急外来「ERおおつ」を開設し24時間365日体制で患者を受け入れて、重症度や専門性に応じた治療を提供し続けています。厳しい経営状況により、2017年に大津市が運営する公立病院から地方独立行政法人 市立大津市民病院へと移行し、患者と職員の双方に優しい病院を目指して、病院全体の改革に日々取り組んでいます。

市立大津市民病院の公式HPを見ると、採用情報のページに看護師の求人情報が掲載されています。現在は契約職員としての看護師の募集が行われています。勤務形態は配属先にもよるようですが日勤、3交代、2交代、夜勤専従と幅広く、シフト勤務の週休2日制です。時給1,181円~1,585円ですが経験年数による加算があり、正規職員の看護師と同様に賞与や各種保険制度も整っており福利厚生の面で安定しています

市立大津市民病院は、地方独立行政法人への移行後も滋賀県市町村職員共済組合の社会保険を適用しているため、夏季休暇や病気休暇、育児時短勤務制度などがあり福利厚生面ではとても恵まれています。職員にとっても働きやすい病院を目指して、残業時間の調査を行ったり働き方に対するアンケートを実施して、職員の働き方改革やモチベーションの向上に取り組んでいます。

 

5.滋賀県大津市の看護師の採用先オススメ(4)滋賀病院

滋賀病院HP

住所〒520-0846 滋賀県大津市富士見台16-1
電話番号077-537-3101
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
滋賀病院は、26の診療科と325の病床数を備えて地域医療を担っている中枢病院です。2014年に社会保険滋賀病院から独立行政法人地域医療推進機構滋賀病院へと移行してからは、時代や地域の医療ニーズに応じた変革に取り組み続けています。地域包括ケア病床の整備や病院附属の介護老人保健施設の開設などを行い、急性期から在宅まで幅広い医療サービスを提供し、地域医療の向上に貢献しています。

滋賀病院の看護師採用情報は、公式HPの採用情報ページに掲載されています。現在は看護師免許の保有者を対象に、常勤看護師の募集と非常勤看護師の募集が随時行われています。常勤看護師においては、年間休日120日に加えて夏季休暇やリリフレッシュ休暇などの特別休暇があり、他の急性期病院と比べて休暇制度がとても充実しています。基本給は20.7万~36.5万円で、経験年数による加算があります。非常勤の時給は1,440円~1,470円です。

滋賀病院は充実した休暇制度や院内保育所が整っており、職員がワークライフバランスも大切にしながら、生き生きと働き続けていけるような職場作りを病院全体で推進しています。地域に必要とされる中枢病院であり続けるために、地域住民と職員の双方から意見を取り入れて、チーム医療の向上を目指して取り組んでいます。

 

6.滋賀県大津市の看護師の採用先オススメ(5)琵琶湖病院

琵琶湖病院HP

住所〒520-0113 滋賀県大津市坂本1丁目8番5号
電話番号077-578-2023
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
琵琶湖病院は、内科と精神科の2つの診療科と297の病床数を備える民間病院です。精神科医療を専門とし、50年以上にわたって地域の精神科医療を支え続けています。子供から高齢者まで幅広い年代の患者さんに急性期、長期慢性期、社会復帰の全ての段階の精神医療を提供しながら、滋賀県全体の精神科医療を担っています。

琵琶湖病院の看護師採用情報は、公式HPの採用情報ページに掲載されています。常勤・非常勤ともに看護師を募集しており、病棟、訪問看護ステーション、デイケアでそれぞれ求人があります(デイケアは非常勤のみ)。看護師の年齢層が比較的幅広いため、新人看護師と精神科看護の経験豊富なベテラン看護師がお互いに助け合い、困ったことがあれば皆で相談したり共有しながらチームワークに基づいた看護に日々取り組んでいます。

精神科医療は教科書通りにはいかず、患者と職員の関わり方がその人の状態や治療に大きく影響することも多いため、大規模病院にあるような研修教育センターなどはありません。患者さんが良くなるのも悪くなるのも職員の関わり方次第であることが多いため、まだまだ未開発の難しい医療分野ですが、その分大きなやりがいを得ることができます。琵琶湖病院でも、職員同士がお互いにフォローしたり助け合いながら、ストレスを抱えずに楽しく働いていくことができる職場作りを病院全体で推進しています