那覇市(沖縄県)の看護師採用情報

年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位医療ワーカー ランキング3位レバウェル看護 レバウェル看護  

1.沖縄県那覇市の看護師採用事情は?

沖縄県那覇市は沖縄本島南部にある県庁所在地で、市の統計によると令和元年6月末時点の人口は約32.1万人。観光業が盛んで第三次産業の割合が90%と非常に高く(参照:那覇市地域経済構造分析調査報告書)、近年本土からの移住者や転勤での転居者も増えてきています。生活のしやすさ、仕事の見つけやすさから県内の沖縄在住者も移り住む傾向にあります。

このような背景もあって沖縄市の人口は2005年以降増加傾向にありましたが、2020年の32万人をピークにゆるやかに減少し、2045年には30万人程度にまで減るという予測が立てられています。同時に高齢化も進む見込みです(参照:那覇市地域経済構造分析調査報告書)。人口減少=医療施設の減少につながりますが、現状は沖縄県の看護師は不足しており、那覇市の看護師も「応援ナース」という形で人材を募るなどしています。また、人口減少はゆるやかですし、高齢化が進めば介護領域で看護師が必要とされるシーンも多く出てきます。つまり、那覇市の看護師の需要は当面高いものと考えてよさそうです。

 

那覇市の⼈⼝推移と将来推計⼈⼝

 

那覇市の医療機関は県内で最も集中しており、病床数470床の大規模な「那覇市立病院」をはじめ、周産期母子医療センターの指定を受けている「沖縄赤十字病院」や老人介護施設を併せ持つ「小禄病院」、医療・福祉・保険の総合化を目指し、沖縄看護専門学校など医療系専門学校を設立し医療従事者の人材育成にも力を入れているおもと会グループの「大浜第一病院」、急性期病院として地域住民の健康を守っている「沖縄セントラル病院」などの病院があります。

JMAPによると人口10万人あたりの病床数は全国平均73.5に対し、那覇市は大幅に上回る113.3となっており、大変医療に力を入れている地域と言えますが、その反面看護師の人手不足が問題化しており、どの病院も求人を積極的に行っています。那覇市の病院は先に挙げた5つを含めて17施設あり、その他約250のクリニック、400以上の介護施設が連携して那覇市の医療介護を担っています。募集状況は各施設によりますが、随時看護師の募集が見られます。

沖縄県那覇市で看護師の求人を探す際は、病床数の多い総合病院はもちろん、クリニックや介護施設も含めた豊富な採用先の中から自分に合ったところを選ぶとよいでしょう。ここでは特に規模が大きな病院5つの看護師の採用情報について紹介します。

 

 

2.沖縄県那覇市の看護師の採用先オススメ(1)那覇市立病院

那覇市立病院HP

住所〒902-8511 沖縄県那覇市古島2丁目31番地1
電話番号098-884-5111
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
那覇市立病院は内科・呼吸器内科・循環器内科など33の診療科を標ぼうし、470床の病床数をもつ、地域に根付いた市立病院です。築40年を迎える病院は敷地内での建て替えが決定しており、建設工事を経て2024年度に完成、2025年度に開院を目指し協議を進めています。建て替えに関して当初予定より1年先にスケジュールを先送りされています。

那覇市立病院の看護師採用情報は、公式HPの採用情報ページに掲載されています。2019年7月現在は非常勤フルタイムの看護師のみ募集しており、随時入職可で年度更新制です。夜勤可能な方歓迎とありますが、日勤のみでも相談できるようです。給与は日額で、経験に応じて9,930円~10,890円と変動します。月給に換算すると経験5年で30万程度+賞与2ヵ月分が給与モデルです。

那覇市立病院は平成20年4月から地方独立行政法人となり、職員は公務員型から非公務員型となりました。公務員の定数条例から解放され、97 人の看護師を正職員に採用していることから、これからも積極的に採用を進めると見られています。パートナーシップナーシング(PNS)を導入し、人材育成に注力しており、キャリアの形成からブランクのある看護師にしっかりとしたサポート体制と研修体制を構築しています。新卒者は60歳未満の年齢制限がありますが、中途採用には年齢の記載はありません。念のため応募時に確認することをお勧めします

那覇市立病院は非常に交通の便の良い場所にあり、ゆいレール「市立病院前駅」を使えばかなり通勤は楽で、これは渋滞の多い那覇市内で他には無いメリットと言えるでしょう。

現在は病院の建物自体は老朽化しているのですが、数年後には改築され那覇で最も新しい建物となりますので注目です。フォーカスチャーティング・パートナーシップナーシングシステムを取り入れているので勤務負担は減りますし、看護師としてさらなるキャリア向上が期待できます。

 

3.沖縄県那覇市の看護師の採用先オススメ(2)沖縄赤十字病院

沖縄赤十字病院HP

住所〒902‐8588 沖縄県那覇市与儀1-3-1
電話番号098-853-3134
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
沖縄赤十字病院は、内科・循環器科・小児科(NICU有り)・外科・整形外科・脳神経外科などを標ぼうし、一般病床302床を数えている病院で、沖縄県立看護大学から近いことから沖縄出身看護師にとって馴染みの深い病院です。1952年、那覇市美栄橋に厚生協会診療所として設立され、1959年に沖縄赤十字病院と改称されました。2010年には施設の老朽化により、与儀へ移転しており比較的新しい建物の病院です。

沖縄赤十字病院の看護師採用情報は、公式HPの看護職員採用ページに掲載されています。現在は2020年度入職の看護師・助産師合計25名程度の採用のみ行われています。既卒者も応募可能ですが、中途採用については現時点では積極的には行っていないようです。

沖縄赤十字病院は、災害時に迅速な医療救護活動が行われることが特徴で、災害時や有事の時には一番の受け皿としてなくてはならない病院です。特に救急救命には力を入れて取り組んでおり、地域社会に貢献し地域の人々の病院と言えるでしょう。

 

4.沖縄県那覇市の看護師の採用先オススメ(3)小禄病院

小禄病院HP

住所〒901‐0152 沖縄県那覇市字小禄547番地の1
電話番号098-857‐1789
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
小禄病院は那覇市小禄に位置し、内科、眼科、整形外科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科など9の診療科を標ぼうし、70の病床数をもつ総合病院です。日常の健康づくり、病気になりにくい予防、早期発見早期治療を目指し、特に糖尿病治療に関して高い評価を受けています。

小禄病院の看護師採用情報は、病院を運営する医療法人禄寿会のスタッフ募集ページに掲載されており、正社員看護師を若干名、ドック健診の外来看護師をパートで1名募集中です。子育てが一段落し現場復帰を考えている人や、本土から移住してくる看護師を積極的に採用しているようで、積極的に中途採用をしている様子がうかがえます。

小禄病院は禄寿会グループで、同じグループには老人介護施設の緑寿園があることで患者の年齢層も高めで、高齢者に寄り添った対応をしているのが特徴的であり、ホスピタリティーに溢れる仕事が要求されるようです。勤務内容や時間に関しては他の病院とほぼ同じですが、賃貸アパートが提供され一部補償もあることから、地元以外からでも働きやすい環境と言えるでしょう。

 

5.沖縄県那覇市の看護師の採用先オススメ(4)大浜第一病院

大浜第一病院HP

住所〒900-0005 沖縄県那覇市天久1000番地
電話番号098-866-5171
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉

大浜第一病院は那覇市天久にあり、救急・総合診療科・循環器科・リウマチ科・皮膚科・心臓血管外科を含む23の診療科を有しています。婦人科腹腔鏡下手術に特化したセンターは有名で、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣腫瘍とこれまで開腹手術が中心だったこれらの治療をより負担の少ない腹腔鏡下手術で行う専門病院で非常に技術力の高さが際立つ病院のひとつで、県内のみならず、県外、海外から手術を受けられる患者さんがいます。

大浜第一病院の看護師採用情報はおもと会のリクルートサイトに掲載されており、正看護師に関しては急募とされていますので人員不足な状態であると考えられます。即戦力となる中途採用を積極的に募集しているようで、採用者には就職祝い金として15万円が支給されています。給与例は21.8万~34.3万程度で、賞与は年2回(4ヵ月分支給)です。他の病院と比べて手当や福利厚生が手厚く、互助会制度、食堂利用割引などもあります。

大浜第一病院は国道58号線沿いにあり病院内は非常にきれいで、ロビーはリゾートホテルのような作りになっており人気があります。病院の窓からは泊港や安謝港を展望することが可能で那覇市内の病院では一番の景色を望むことができます。得意分野である女性腹腔鏡手術に関して言えば国内でもトップクラスの技術力で、それにより女性の入院患者が他よりも多いと言えます。

 

6.沖縄県那覇市の看護師の採用先オススメ(5)沖縄セントラル病院

沖縄セントラル病院HP

 

住所〒902-0076 沖縄県那覇市与儀1-26-6
電話番号098-854-5511
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
沖縄セントラル病院は那覇市与儀にあり、脳神経外科・一般内科・心療内科・外科・循環器科をはじめとする一般診療科目9、専門診療科目7を構え、病床数は70の総合病院です。ガンマナイフセンターや高気圧酸素療法センターなどを有し、最新医療設備導入に力を入れています。他にも地域医療連携というシステムを作り、他の医療機関と連携し、各々の得意分野を保管しあい、地域全体の医療品質の向上を図っています。

沖縄セントラル病院の看護師採用情報はHP内の採用案内ページに掲載されています。このページは募集があればすぐに更新されるようです。今現在では医療療養病棟・回復期リハビリテーション病棟の看護師の募集があります。給与は基本給と技能手当で20万程度、ここに経験手当や夜勤手当などが加算されます。職員寮が用意されているため、遠方から就職しても全く問題のない環境が作られています。

沖縄セントラル病院は第11管区海上保安部洋上救急指定病院となっており、それをクリアする医療設備が整っている非常に特徴的な病院で、設備・医療体制が整っていることから、外国から来る患者も多くいます。そのことから、英語、スペイン語、ポルトガル語を話せるスタッフが常駐しサポート体制をとっています。病院内部はホテルの内部のような造りで非常に過ごしやすい環境と言えるでしょう。