健診センターの看護師は日勤のみで残業も少な目、日曜祝日は休みの所も多く、仕事とプライベートの両立を希望する看護師の方から人気があります。また、病院と違って健康な方の対応をするため、接遇が求められるという特徴があります。今回は健診センターで働くU子さん(30歳女性看護師)の転職体験談をご紹介します。

キャリ姉
まずは健診センターへの転職のきっかけや経緯について教えてください。
U子さん
結婚を機に前職の総合病院を退職し、夜勤が無くてほぼ定刻に退社できる健診センターへ転職しました。通勤時間は少し延びましたが、体はとても楽です。帰宅後、時間をいろいろな事に利用でき、おかげ様で余裕をもって新婚生活をスタートさせることができました。 
キャリ姉
健診センターへの転職は、以前からの希望だったのですか?
U子さん
いいえ。前職を退職する前に、友人に勧められました。結婚が決まって以降、早くから結婚後の仕事についてよく相談していましたから。健診センターは業務が単純ですぐ慣れるし体に負担がかからないと聞きましたので、自分でいろいろと調べてみました。すると、職場の立地条件が良く、駅近くやショッピングモールの近くにあり、結婚後はこういう職場に転職した方が通勤や買い物に何かと便利かもしれないと思うようになりました。そして看護師専門の転職サイトに登録して希望を伝えたところ、健診センターはお給料面ではかなり少なくなりますが、夜勤も時間外勤務も無いので、仕事と家庭のバランスをうまくとることができ、結婚後に働く職場としては最適ではないかと思いました。また、私はバタバタ走り回って忙しくするのが苦手ですし、認定看護師等の資格を取得したり管理職になりたい等の向上心はほとんどありません。ですから、単純な業務でも十分満足するだろうと思っていましたので、健診センターを転職先に選びました。向上心も野心もなく、なんて頼りない看護師だと思われるかも知れませんが、自分の希望に沿った職場に転職するには、まず自分を知って高望みしないことも必要だと思います。 
キャリ姉
労働条件や人間関係など、完璧に希望通りの転職はありえませんから、優先順位を定めて取り組んだ結果だと思います。ところで、転職されていかがですか?
U子さん
駅近くの職場なので、とても便利です。立地条件も考慮して良かったと思っています。通勤時のストレスが、以前と比べるとかなり違います。以前は車通勤でしたから、ラッシュや事故などのトラブルに遭うと到着時間を予測することができずイライラしていました。電車も事故や天候などで運休や遅延などあるかもしれませんが、今のところはトラブルなく楽に通勤できています。ラッシュ時を避けた電車に乗っているためかもしれませんが、駅近くの職場を選択することでこんなにも通勤にかかるストレス度合いが違うとは思ってもみませんでした。業務は、採血や身長・体重測定、肺機能や心電図検査など、それぞれ役割分担していますので、その役目をしっかり果たすことが重要です。そして、順序に沿って時間のロスがないようにスムーズに検査を受けることができるように誘導することも大事な役割です。企業などの団体が健診を受けに来た日は1日中忙しいですが、全ての検査が終わった順に皆さん職場に帰って行かれますので、徐々に静けさを取り戻します。予測通り、業務の体への負担は軽くて働きやすいです。そして、もともと受診者が検査をスムーズに受けることができ、定刻にはすべて終了するように検査の順番も設定されていますので、定刻に退社出来るかどうかを気にせずに業務に集中することができます。受診者が少ない時は物品の補充や点検、書類作成や整理整頓などをしてます。忙しい日とそうでない日の落差が大きいですが、のんびり屋の私にとってはちょうどいいペースだと思いますね。
キャリ姉
人間関係はいかがですか?健診センターは、よほどの理由が無い限り、定年まで勤める方が多いという噂があります。
U子さん
そうですね。看護師以外にレントゲン技師や栄養士、事務職員などがいますが、長年勤めている方がほとんどです。待遇にそれなりに満足できて、プライベートと両立しやすいからでしょうね。人間関係は悪くないと思います。私が鈍感なだけかもしれませんが、よく雑誌で取り上げられる〈陰湿ないじめ〉や〈ナースによる大奥の世界〉などは感じたことがありません。医師は非常勤で2~3年ごとに異動があるようですが、詳しくは分かりません。とにかく、看護師の私にとって、健診センターは結婚後に転職して良かったと思える職場です。健診センターは人気の高い職場ですので、看護師の転職サイトに登録しておくと、求人が出るとすぐに情報を教えてもらえるので便利だと思います。