健診での看護師バイトの求人は非常に人気が高いため、募集が掛ってすぐに定員に達してしまうことがほとんどです。不定期の単発バイトや健診センターなどでの長期のバイトなどがありますがどちらも人気が高いです。新規で健診看護師のバイトを探したい場合は、単発でも長期でも、看護師転職サイトや派遣会社等にあらかじめ登録しておくことで、タイムリーな求人情報をゲットすることが出来るようになります。

★健診看護師のバイト求人の見つけ方

健診での看護師バイトの求人を見つける方法をいくつか紹介します。1つ目は上記でも書きましたが、MCナースネットなどの健診求人を保有する看護師転職支援サイトや看護師派遣会社に登録しておいて、自分の都合がよい日程を選んで仕事をする方法です。実際に検索してみると健診センターのバイトなど121件がヒットしました(単発も長期もあります)。採血,注射,点滴,内視鏡介助などが業務のメインになっています。MCナースネットは健診特集のページが特設されているので見やすいです。

他には各市町村に登録手続きし春や秋の集団検診等の時のヘルプとして召集されて働く方法、過去に勤務した健診センターの不定期の求人に再度直接応募する方法などがあります。運よく友人の紹介にありつけるケースなども挙げられるかもしれません。どの方法でも仕事内容に大きな差はありませんが、条件がいい健診看護師は応募者が殺到する可能性がとても高くなります。

★健診看護師のバイトの仕事内容(1日の流れ)は?

健診で看護師が行っている検査の内容は、採血・血圧測定・視力検査・聴力検査・身体計測・心電図・骨密度測定など、基本的なものばかりです。複雑な操作をすることもありませんし、直接命にかかわる処置を行うというものではないので、未経験の人から見ればすごく簡単に見えるかもしれません。でも実際に健診を経験してみると、思いのほか疲れることに気がつくと思います。それもそのはず、健診で取り扱う人数は病棟とは比べ物にならないくらい多くなっているからです。次々に来る受健者を手際よくこなせるようになるには、少なくとも数回は経験してからになるでしょう。企業や学校の健診となるとお昼休みに集中して行列が出来て、それ以外の時間帯は全然人が来ないこともあります。

1日の流れについても紹介します。単発的に仕事を受けると現地集合になることがほとんどですが、一旦会社等に集合してから一緒に健診車に乗って現場まで行くこともあります。大体健診は朝の9時くらいから始まりますが、会場設営やミーティング(それぞれのスタッフの役割や仕事の流れ、注意点などの説明・確認等)の時間を考慮して、8時には現場についておかなくてはなりません。そうなると会社に集合する時間が7時台になるので、時間に余裕を持って行動する必要があります。健診は朝が早いので、応募する時に会社や現場の所在地や交通機関等をしっかりと確認しておきましょう。机や椅子、内科診察用のパーテーション、各種物品やゴミ箱等が用意出来たらいよいよ健診スタートです。受健者がスムーズに検査を受けられるように誘導したりしながら、血圧や身体計測の結果を受健者の持っている用紙に適宜記入していきます。時折採血の後に気分不良を訴える人もいるため、顔色や歩き方などにも注意しながら業務を進めます。体調不良者が出た場合には、用意しておいたベッドで休んでもらい、バイタルチェック等をします。受健者が少ない場合は午前中で仕事が終わることもありますが、昼休憩をはさんで午後まで健診が続くこともあります。最後の検査が終わった後、全員で片付けや検体の処理をして車に荷物を積みます。帰りは公共交通機関を利用するのが一般的ですが、最寄駅まで健診車で送ってもらえることもあるでしょう。

★健診看護師のバイトに必要なスキルは?

健診看護師のバイトの場合は採血・心電図・視力検査・聴力検査・身体計測等、基本的なことが出来ればOKです。採血は真空採血管を使用するのがほとんどですが、真空採血管での手技に不安がある人は事前に申し出て採血以外の検査を担当させて貰いましょう。骨密度測定は病棟勤務しかしたことがない人にはあまりなじみがない検査ですが、そういう検査は常勤スタッフが行うようになっていることが多いです。特に採血や心電図などは入院中の患者とは違って後からの取り直しがききません。一番多い失敗は採血の量不足や凝固ですので、スピッツにしっかりと必要量の血液が入っているのかを確認してから抜針するようにしましょう。

★健診看護師のバイトで働くメリット・デメリットは?

健診看護師バイトの最大のメリットは、体力的に楽で自分の都合に合わせて仕事を入れられるということです。残業もほとんどないので、主婦やお小遣い稼ぎでちょっとだけ仕事したいと考えている人から人気があります。日頃、急変や術後の患者の対応、おむつ交換など体力が必要な仕事に追われている看護師ほど、健診看護師を体験して感動するようです。他の世界をちょっと覗いてみたいという病棟正社員の人が単発的に申し込むことも多いです。

健診看護師のデメリットは、夜勤などはもちろんないので1日あたりのお給料が減ってしまうことです。また、ずっと続けていると単調に感じられる仕事内容と言う人もたくさんいます。あとデメリットとしては保証面の話があります。長期的に勤務をする常勤看護師やパート看護師などは勤務先によって様々守られていることがありますが、単発のアルバイトの場合はその日一日のみの勤務となりますので、勤務先からの保障などは無いものとして考えておくと良いでしょう。そのため、看護師責任賠償保険は自分できちんとかけておいたほうがいいでしょう。賠償保険の内容については、最低保障として1億程度保障してもらえるものを選択しておくと安心して勤務をすることができると思います。中には保障金額げ無制限というものもありますので、掛けることができる場合には無制限のものを選択しておきますとより安心です。単発アルバイトで手技に問題が無くても、神経損傷を起こしてしまう事例があったり、受診者様から不満をぶつけられる事例も多々ありますので、自分の身は自分で守ることができるようにしておくと良いと思います。