小樽市(北海道)の看護師採用情報

年収600万以上・残業なし等の「人気求人」をランキングで見る

ランキング1位 マイナビ看護師 マイナビ看護師 ランキング2位 看護のお仕事 ランキング3位 ナース人材バンク ナース人材バンク

1.北海道小樽市の看護師採用事情は?

北海道小樽市は、明治時代に商業都市として栄えた北海道経済の基盤を作った港街で、現在もレンガや石造りの建物が並びとてもきれいな街です。港の整備やバリアフリー化が進み、レトロな街並みと現代が併せ持つノスタルジックな毎日を過ごせます。小樽駅・南小樽駅・小樽築港駅と各駅事に商業施設があり、買い物には不自由がありません。隣は北海道の中央都市・札幌がありJR、高速道路で気軽にいける公共交通機関もあります。

小樽市は人口減少と少子高齢化が深刻です。平成21年に13.5万人だった人口は、令和元年6月末現在では115,398人にまで減少しています(参照「統計で見るわが街おたる」「小樽市の人口(2019年)」。JMAP将来推計人口によれば今後も人口減少が進み、2045年には6万人ほどに減少、65歳以上の高齢者が半数以上を占めると予測されています。小樽市は人口対策を最重要課題としており、子育てや教育環境の充実、交通アクセス整備、雇用創出などさまざまな対策を検討しています。医療の需要に関しては、小樽市には病床数の多い大規模な病院が多く、当面は高齢化に伴い需要があると思われますが、今後の人口減少に伴って医療機関の数が減ることも予測されます。看護師の需要もそれに準じると言ってよいでしょう。

 

 

小樽市の人口・世帯数の推移

 

北海道小樽市の医療機関は、小樽病院の愛称で親しまれる古い歴史を持ちながら2014年12月に新しくなった「小樽市立病院」、無料送迎バスが2方面に渡って運行している2013年に新築移転した「北海道済生会小樽病院」、通称「協会病院」と呼ばれる市内で唯一の地域周産期医療を行う「小樽協会病院」、回復期リハビリテーションや児童発達障害の診察に力を入れており、札幌市民もわざわざ受診に訪れるという「札樽病院」、2015年12月に新築移転した消化器系に力を入れている「小樽掖済会病院」などがあります。これらを含めた16の病院、その他多くの各クリニックや介護等の各施設があります。クリニックや施設の看護師の求人は各施設によりますが、上記の5つの病院では2019年8月現在、すべての病院で看護師の求人情報が掲載されています(一部新卒者の募集に限るところや、時期によっては募集を終了しているところもあります)。

北海道小樽市で看護師の求人を探す場合は、病院をはじめ、クリニックや介護施設なども含めた中から、自分の働き方に合う採用先をチェックするとよいでしょう。ここでは規模が大きく、雇用が比較的安定していて人気が高い看護師の採用先を幾つか紹介します。

2.北海道小樽市の看護師の採用先オススメ(1)小樽市立病院

小樽市立病院HP

住所〒047-8550 北海道小樽市若松1丁目1番1号
電話番号0134-25-1211
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
小樽市立病院は、内科・小児科・外科・精神科・リウマチ科・泌尿器科・皮膚科・婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・麻酔科など25の診療科を掲げ、388の病床数を持つ小樽市立の急性期病院です。地域に根付いた市立病院で、ドクターヘリの設備もあり、小樽市民のみならず後志管内全ての病院・けが人を受け入れています。市内各地方に分院されていたこの病院は、2014年に統合し移転新築されたばかりなので、施設内はとてもきれいです。

小樽市立病院の看護師採用情報は、公式HPの採用情報ページに掲載されています。試験は毎月のようにありますが、8月以降の試験は採用予定人数に達したため行われないとのことです。募集について知りたい方は問い合わせてみることをおすすめします。小樽市立病院の看護師は、地方公務員と同等の待遇となり、民間病院と比較すると福利厚生や待遇面で恵まれており、安定感があります。大卒者の初任給は約20.8万円+諸手当で、経験加算があります。常勤看護師の応募資格には年齢制限があるので注意が必要です。

小樽市立病院の職員は公務員待遇であり、小樽市立病院には系列に小樽市立高等看護学院もあります。小樽市内の看護師希望の学生が勤めたい病院ナンバーワンの病院です。施設が綺麗で研修面も充実しているため、人気が高い病院の一つとして挙げられるでしょう。

 

3.北海道小樽市の看護師の採用先オススメ(2)済生会小樽病院

済生会小樽病院HP

住所〒047-0008 北海道小樽市築港10番1
電話番号0134-25-4321
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
北海道済生会小樽病院は内科・消化器科、循環器内科、神経内科、外科・消化器外科、整形外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科など10の診療科を掲げ、258の病床数をもつ、小樽市内の病院です。特に回復期リハビリテーション病棟はうち50床をもち、社会に復帰しようとする患者様で活気あるフロアが特徴です。市内2か所に分院されていたこの病院は、本院は2013年に移転新築されたばかりで、施設内は広く清潔なのが特徴です。現在分院にある児童福祉施設も本院敷地へ新築移転のための増幅工事中です。

済生会小樽病院の看護師採用情報は、HP内の「当院で働きたい方」、および看護部採用情報ページに掲載されています。通常の看護師採用情報は新卒者と同記されています。大卒新卒の基本給は約19.1万円で、経験に応じて加算されます。他には夜勤専従看護師(常勤、非常勤ともに嘱託職員)の募集があり、詳細は各欄に記載されています。希望者のライフスタイルに応じて選択の幅が広がるシステムになっています

運営元の済生会は全国に99病院、280施設を展開する日本最大の社会福祉法人です。明治44年に明治天皇が医療によって生活困窮者の救済のために創設され、現在は秋篠宮皇嗣殿下が名誉総裁を務めています。患者様の医療費の支払いも積極的に相談に乗っているため、職員はとても親切です。福利厚生では看護師寮や託児所のほか、野球部・写真部、フットサル部、駅伝・リレーマラソンなどクラブ活動も充実しています。

 

4.北海道小樽市の看護師の採用先オススメ(3)小樽協会病院

小樽協会病院HP

住所〒047-8510 北海道小樽市住ノ江1丁目6番15号
電話番号0134-23-6234
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
小樽協会病院は消化器内科、外科・呼吸器外科、産婦人科、呼吸器内科、小児科、整形外科、循環器科、糖尿病内科、麻酔科、放射線科など12の診療科を掲げ、240の病床数をもつ、小樽市立の急性期病院です。特に産婦人科は市内唯一の地域周産期センターに指定されています。不妊検査にも力を入れています。

小樽協会病院の看護師採用情報は、公式HPの看護職員募集ページに掲載されています。小樽協会病院は募集時に年齢制限を設けておらず面接は随時対応しています。就業時間や勤務体制、勤務日は応相談と柔軟な対応をしてくれる可能性があります。参考までに大卒の初任給は20.6万円ですので、ここに経験が加算される形です。365日対応可能な院内保育所があるため、お子さんがいる方でも安心です。(日祝は申請による開所のようですので詳細はお問い合わせください)

小樽協会病院は、市内唯一の地域周産期センターに指定され、分娩の扱いも再開されて注目されています。妊婦さんや新生児を相手に仕事がしたい方、助産師を目指す方にはぴったりの病院です。建物はやや古めですが、施設は充実しています。

 

5.北海道小樽市の看護師の採用先オススメ(4)札樽病院

札樽病院HP

住所〒047-0261 北海道小樽市銭函3丁目298番地
電話番号0134-62-5851
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
札樽病院は、小樽市内から少し離れた銭函にある急性期~慢性期を担う病院です。札樽病院は一般内科・消化器内科、循環器内科、神経内科、外科、整形外科、泌尿器科、リハビリテーション科など8の診療科を掲げ、170の病床数をもつ病院です。専門外来にはスポーツ外来、糖尿病外来、認知症外来、頭痛外来、てんかん外来、小児発達外来があり、特に小児発達外来は小樽市内のみならず、隣接する札幌市手稲区まで訪問リハビリを行い院内にもリハビリを常設する、自閉症やADHD、LDなどのお子さんを持つ親御さんに安心と評判をもつ病院です。

札樽病院の看護師採用については、公式HPの求人ページに掲載されています。経験は問わずブランクのある方も大歓迎と記載されています。看護師の職を離れていて復帰を考えている方にはおすすめの病院です。初任給は約18.2万~25万(基本給)ですので、経験者は経歴が考慮されると思われます。24時間の院内保育、小学校3年生までの学童保育があり、お子さんを持つ方も働きやすい環境です。

札樽病院ではリハビリテーション、神経内科、理学・作業療法士・ソーシャルワーカーを要する小樽・後志苦唯一のリハビリテーション病院です。市内中心部から離れているため、交通の便は良くはありませんが、車通勤が可能で部署を問わずチームで患者さんのADL向上の場に立ち会う喜びを得ることができる病院です。

 

6.北海道小樽市の看護師の採用先オススメ(5)小樽掖済会病院

小樽掖済会病院HP

住所〒047-0032 北海道小樽市稲穂1丁目4番1号
電話番号0134-24-0325
ホームページ公式ページはコチラ
キャリ姉
小樽掖済会病院は消化器内科、外科・肛門科、整形外科、麻酔科の4つの診療科を掲げ、138の病床数をもつ、消化器系に特化した病院です。消化器病センターでは小腸・大腸の検査時に小樽・尻別管内では初のカプセル内視鏡を導入し、検査する患者様の負担が軽減されました。日本会員掖済会は、郵便制度創設者の前島密氏が中心となって設立された病院で、全国のうち小樽のほか宮城(利府)・横浜・名古屋・大阪・神戸・門司・長崎と8つある病院の1つです。当初は船員が対象でしたが、現在は一般を対象に医療・介護事業を展開しています。

小樽掖済会病院の看護師採用情報は、公式HPの採用情報ページに掲載されています。正規職員・契約職員(准看護師を含む)・パート職を選択することが可能のため、ライフスタイルに応じた働き方ができます。年齢制限の記載はありません。市外から転居を伴う入職の場合は、上限5万円の引越し手当が支給されます。

全国に数点拠点を持つ掖済会病院はレベルや経験に応じた看護技術や看護にまつわる研修が充実しています。市内中心部にあり、交通の便もよいのが特徴です。2015年12月に新築移転されており、綺麗な施設で働くことができます。ワークライフバランスという特色があり、週休二日制・高い有給消化率が特徴です。幼稚園も含む保育料を全額病院が補助(上限5万円まで)をしています。男性も含む育児休暇の取得や、育児短時間正職員制度もあるので、働くナースママには働きやすい環境の病院として挙げられます。