「看護師の仕事場」と言えばやはり「病院」というのが一般的ですが、看護師が必要とされるのは病院だけに限りません。時代の移り変わりと、健康に対する意識の向上に伴い、看護師の活躍の場は広がっています。その中でも注目を集めているのが「産業看護師」です。臨床看護師とはやや違う業務内容と、待遇、ライフスタイルとの両立などの面から、産業看護師を目指す人が増えています。人気の産業看護師に転職するためのヒントをまとめてみました。

★産業看護師とは?

産業看護師とは、企業や地方自治体の中にある医務室や保健室で働く看護師のことを言います。学校には保健室があり、そこで働く学校保健師(養護教諭)がいますが、企業の場合は産業保健師と言われます。

★産業看護師の仕事

産業看護師は、勤務する企業の従業員の健康管理と維持増進がその役目になります。就労中の体調不良や怪我に対する処置を行い、必要時は医療機関との橋渡しを行ったり、健康診断の結果の把握や生活習慣病の予防、そして仕事や対人関係によるストレスの緩和やカウンセリング、無理のない勤務体制など、産業看護師はあらゆる角度から従業員の健康管理を行います。

企業にとって、従業員の健康は企業収益に関わってきます。従業員が安全に健康に働ける職場作りは、仕事の効率を上げ結果的に会社に利益をもたらします。またそのように従業員に配慮した環境を作ることで優秀な人材が呼び込めます。このように企業の医務室は、従業員の健康を管理する傍ら、そのような企業利益を促す側面があることを看護師は理解する必要があります。

★産業看護師って特別な資格がいるの?

産業看護師には、看護師以外の特別な資格はいりません。看護師の資格があれば働くことができます。しかし、臨床とはやや種類の違う仕事ですので、必ずしも誰もができる仕事ではありませんし、一定の質と地位を向上させることを目的に、日本産業衛生学会看護部会では、一定の規定を満たした産業看護師の登録制度を取っています。登録条件は、産業看護師として2年以上の実務経験と、第1種衛生管理者の資格を有し、規定の産業看護師講座を受けた者とされており、登録後も5年毎の更新とそれに伴う単位取得が必要です。これにより教育、支援システムが構築され、産業看護師の地位が向上するだけでなく、責任ある仕事を遂行するために必要なスキルが身につきます。

★産業看護師の待遇

産業看護師の雇用主は、勤務先である企業です。つまり、看護師自身がその企業の従業員なのです。ですから待遇はその企業の規定によりますし、福利厚生などもその企業の他の従業員と同じように受けることができます。一般的に保健室を有し、産業看護師を雇用することができるのは企業成績が安定している比較的大きなところが多く、そのため給与や福利厚生がしっかりしている傾向があります。また企業の休みに合わせて土日・祭日、お盆、年末年始に休みを取ることができます。一方、地方自治体に努める産業看護師は公務員になりますので、給料は高額とは言えないかもしれませんが、抜群の安定性と、着実な昇給、定年まで勤めた場合は退職金と年金が支給され、長い目で見て安泰です。

★産業看護師の求人

安定した収入と、待遇の良さで注目されている産業看護師は今とても人気がある就職先です。しかし、結婚・出産後、育児をしながらでも仕事を続けることが可能な産業看護師は、病院で働く看護師の様に離職者が多くありません。ゆえに新規採用の求人が出ることも少なく狭き門になっており、そこからの情報もあまり外に聞こえてきません。ではそんな狭き門をどのように叩きくぐるのか?それは産業看護師の転職に詳しく、企業内部の話が直接聞けるナースフルのような看護師転職サイトを利用することです。

看護師転職サイトは、病院だけに限らず、その地域のあらゆる看護師求人情報に精通しています。地域を限定せず仕事を探す場合でも、抜群のネットワークで日本中からの求人検索が可能です。また応募者が殺到することを避け限定されている非公開求人も豊富。産業看護師のような人気の求人はこのような非公開求人である場合が多いので、会員登録をして探してみるのがいいでしょう。