Category

潜在看護師・復職

潜在看護師・復職

現場復帰したいブランクありの看護師の方へ!ブランクok求人の割合と再就職成功のポイント

1.ブランク中の看護師は約71万人

看護協会が公表しているデータによると現在就業している看護師の数は約155万人であり、資格を有していながら就業していない(ブランク)看護師はおよそ71万人いるとしています(厚生労働省データも参照)。就業している看護師がいる一方でその人口の1/2程度の看護師が「ブランク期間」ということになります。

ここではブランクありの看護師の方がまた看護師業務に復帰するためのポイントや求人の探し方などを紹介します。ブランクありの看護師の方は、医療現場を離れた期間の長さに比例して復帰に抵抗があることと思いますが、昨今の看護師転職市場は採用ニーズがかなり豊富でありブランクがある看護師の再就職は比較的容易といえるのでポジティブにいきましょう。

Read more

潜在看護師の復職成功のポイント2
潜在看護師・復職

潜在看護師の復職のポイントは?看護師の離職理由ランキングも紹介!

1.新人看護師は理想と現実ギャップに悩む?!若手看護師の離職理由は?

子育てや自身の病気、家族の介護、夫の転勤など様々な理由で、志半ばにして看護師の仕事を辞めてしまう人たちもいます。そんな看護師さん達が気持ちを新たに復職しようとする場合の求人探しでは、いくつかのポイントを抑える必要があります。「求人探しなんて、どんな場合でも同じじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、潜在看護師の復職の場合は通常の転職とは異なり看護師の仕事から離れてブランクがある場合が多いため、通常の転職とは違った苦労が伴う事が多く、ポイントを抑えていないと復職に成功する確率が下がります。ここでは潜在看護師の復職について紹介します。ちなみに看護師資格を保有していて仕事に就いていない看護師を「潜在看護師」と表現しています。

Read more

Close